話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~

リーズン

ろくでもないな天使と悪魔!

 それは少し前の事。


 全てのモンスターが私達の前を通り過ぎるまでの間、私達は魔法を使い影の中に隠れていた。


「ご・・主人・・・様・・んぅっ!」


 自分の意思に反して動き続ける手を無視して、私は何とか理性を保つ。


 大丈夫!私はまだ大丈夫!手?こいつは知らんよ!別の生き物だきっと!!


 潤む瞳、上気する頬、漏れでる吐息、途切れ途切れに私を呼ぶ声。


 正直、私の強固な意思が無ければどうなる事やら、だから手は知らんよ!!とはいえもうこのまま押し倒してもいい気がして来た。


「ご主・・・・人・・・しゃま?」


 あっ、ヤバイ。何か私の中の天使と悪魔が「ここは雰囲気を醸し出して」とか「獣のように押し倒せ」とか言ってる?!って、結局どっちも押し倒すのかよ!?ろくでもないな天使と悪魔!あっ、コイツら私だ!オマケに凄くいい笑顔でサムズアップしてやがる!?


 私が熱気と雰囲気に当てられ混乱し、そんな思考に傾き初めて来た時、不意に新たな気配を感じ急激に正気に戻る。


「アリシア出るよ!」


「へぅ?」


 アリシアの返事にならない返事を聞き、私達は影の中から飛び出す。


 スタッ!「きゃん」


 影から飛び上がるように外に出てアリシアが尻もちを付く。


 よし。まだ遠いいみたいだな。


「あう、ご主人しゃま?もう終わりれすか?」


 アカン!ろれつ回って無いし、自分が何言ってるか理解してない!再起動!再起動の仕方!説明書プリーズ!!


「ご主人しゃま~」


 余程頭が回っていないのか、舌ったらずな状態で抱き付いてくるアリシア。


 やっぱこれ押し倒した方が・・・・ガスッ!・・・痛い。でも、正気には戻った気がする。こういう場合は外的ショック!ええいままよ!


 私は抱き付いていたアリシアを離し、今度は思いきりアリシアの胸を鷲掴みにする。


「きゃん!」


(あれ?私何して?ご主人様?えっ?えっ?胸揉まれ・・・・・)


「ひっ!キャアアアァ!」


 思いきり掴まれた事で意識がハッキリとしたのか、アリシアは事態を把握するとみるみる顔を赤くする。そして完璧に正気に戻った時、拳に魔法を纏い私の顔面を狙ってくる。


 わ~痛そう。今度近寄られた時ようにクーに【魔法拳】教えておいて貰おう―――と、私は迫りくる拳を見ながら思うのだっ・・。


 ドパン!「ギャース!」ゴス!ズルズルッ!ポトッ。


 アッパー気味に殴られた私は、吹き飛び顔面から壁に当たりそのまま虫のように落ちていく。


「は~、は~、は~、はっ!ご、ご主人様!すいません!大丈夫ですか?!」


「だ・・・大丈夫!世界を狙おう」


「しっかりしてくださいご主人様」


 自分で治療魔法を掛けつつ、アリシアに戦闘準備を始めてもらう。


 アリシアは弓と矢を用意しないとだからね。それにしてもあの咄嗟の状況下で、威力の無いブラスト系の魔法を選ぶとは、流石アリシア。


 そんな事を思っていると、前の方からアリクイのようなモンスターのジーアが四匹。岩でできた鳥型モンスター、ロックバードが四匹こちらに向かってきている。


「アリシアは弓で鳥を、極力魔法は使わないでやろう。使うとしてもなるべく危険になるまでは、使わないように私はジーアをやる」


「わかりました。あっ、ご主人様?」


「ん?」


「帰ったらお話がありますからね?」


「・・・・・・・・・・・・」


「あ・り・ま・す・か・ら・ね?」


「・・・・・はい」


 さて、この状況どうするかな?勿論二つの意味でな!!


「来ます」


 アリシアが注意を促すとともに敵に向かって弓技【村雨】を放つ。


 【村雨】は魔力で矢を分裂させ面を攻撃出来る技だ。


 いきなりの攻撃にジーアは避けるがロックバードの一体は攻撃をまともに受け息絶える。ジーアが避けた事によりモンスターは見事に分断され、私はジーアに素早く近よりまずは一体、水転流抜刀術奥伝【落水】で両断する。


 このレベルでコロの武器なら、私でも業があれば一発でいけるな。


 【落水】を放った硬直時間を狙い、二匹のジーアが襲ってくるが【結界】をジーア二匹の目の位置に出し、見えない障害物に衝突させる。私は刀をしまいもう一匹のジーアからの舌による攻撃を避けながら【結界】を拳に集中し、そこに火魔法をプラスする。そして、武技による連続攻撃、拳技【ラッシュブロー】をジーアに向けて放つ。


 ドドドドバン!ガンッ!


 私の拳がジーアに一度当たる度に、ジーアの体に爆発が起り最後の一発が当たると体が吹き飛び壁に激突する。


 うんうん。痛いよね~。私も今さっき食らったから分かるよ。手加減はしないけど。見たか私のオリシナル爆裂拳!


 すると今度は立ち直った一匹が口から涎のような粘液を吐き出してくる。それを避けると、ジュッ!という音と共に地面が溶ける。


 ウゲ!こんな攻撃が!


 効果的と見たのか今度は二匹揃って涎を飛ばしてくる。私はそれを避けながら【結界】も使い、何とか回避し続ける。しかし、流石に数が多く避けづらい為ダメージは増えていく。これではジリ貧だと感じた私は、思いきりジーアの真上にまで飛び上がる。すると案の定ジーアは、自分の真上にいる私に向かって涎を飛ばす。しかし、私はそれを【結界】で阻むと、二匹分の涎が当たり、重力に従いそのまま真下にいたジーアに降りかかる。


「ギギャァアユ!」


 私は【結界】を足場にもう一度跳躍して、今度は天井を蹴りつけ真下に加速、鎌鼬でジーアを両断する。


 元々自分の攻撃でダメージを食らっていたジーアは、簡単に倒れる。


 そしてそのまま私は最後の一匹に鎌鼬を突き刺しジーアの体の中で魔法を解放すると、ドパン!という音と共にジーアの体が弾け飛んだ。


「ご主人様終わりましたか?」


「うん。さっ、エレオノ達の所に戻ろうか?」


「そうですね」


 アリシアが顔を赤くしながら私に近寄らずに言う。私が一歩近付くと一歩遠ざかる。


「早く戻りましょう」


「う、うん」


 何かさみしい・・・・。


「あっ、そうだご主人様。後でちゃんとお話はしましょうね?」


「・・・・・はい」


 私の戦いはまだまだ続く。



「ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く