話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~

リーズン

「ハーちゃんそれ漫画」

「二人共ステータス上がってるから注意して」


「分かったよハーちゃん」「了解じゃ!」


 ハクアの忠告に答えながらオーク将軍に向かってファイアアローとダークアローを撃ち込む二人、だがステータスが上がった事により二人の魔法では足を止めるには至らず、瑠璃に向かって突進して行くオーク将軍に対し瑠璃は又同じ様に【流扇】の構えを取り受け流そうとする。


「キャァァァ!」


 しかし、衝突の瞬間今度吹き飛ばされたのは瑠璃の方だった。


「何でるりちゃんが吹き飛ばされたの!」


「スキルのせいだよ。ステータスが上がった事で【突進】の攻撃力がはね上がったんだ」


 瑠璃は勿論その事を考慮していたが、それでもこの世界における戦闘経験の少なさが、スキルにおける攻撃力の上昇を瑠璃に見誤らせる結果になっていた。


「るり!くっ!」


 クーは吹き飛ばされた瑠璃に視線を向けたが、次の瞬間には瑠璃を吹き飛ばしハルバートを拾ったオーク将軍がクーに襲い掛かる。


 片腕を切り裂かれ使えない状態で有りながら、オーク将軍はハルバートを巧みに操りクーに攻撃を繰り返す。


 顔に向かって突き込まれたハルバートを仰け反りながら避け。そのまま後ろに飛びオーバーヘッドキックの要領で下から蹴り上げる。が、クーのステータスでは余り効果が無く軌道を逸らすだけに留まる。だが、オーク将軍はそれを無理矢理力で押し留め、軌道を逸らす為空中に身を投げた状態のクーに向い降り下ろす。


 ドガァァ「ガッフッ!」


 クーは何とか【結界】を使い、その攻撃を受け止め様としたが、ステータスの上がったオーク将軍の力任せの攻撃は受け止め切れず、クーの張った【結界】をいとも容易く砕いてそのまま地面へと叩き付ける。


「ご主人様!」


「まだ」


「そんなハクア!」


「諦めてないゴブ」


「えっ」


 ハクアとアクアの視線の先、先ほどオーク将軍の【突進】で吹き飛ばされた瑠璃が立上がりながら土魔法アースブレッドを放ち、オーク将軍の視線を一瞬そちらに釘付けにすると同時に一気に距離を詰める。


(あれは【不知火】相手の視線を外して蜃気楼の様に視界から消え、相手の目の前にいきなり現れるとかって言う。あれ、あの位の距離で瑠璃が相手だと、一瞬で距離詰めて来るから本当に瞬間移動みたいに感じるんだよね)


 ハクアが瑠璃の動きを見ながら考えている間にも時間は進み。自分へと向かうアースブレッドを何とか全て叩き落としたオーク将軍へと瑠璃が鉄扇を振りかぶりる。しかし、それにも素早く反応し迎撃してくるオーク将軍は瑠璃へと向けて今迄のどの攻撃よりも早い速度重視の槍技【疾風突き】を放つ。


 自分に気が付いていないオーク将軍に全力の力で攻撃しようとしていた瑠璃にこの攻撃は避けられない――――そう思ったアリシアが【結界】を張り助けに入ろうとした瞬間、ハクアにその行動を止められる。


 何故?そう問おうとしたアリシアの視界には、全力で攻撃しようとすれば避けられない筈の攻撃を避ける瑠璃が映る。そして、決まる筈だった攻撃を避けられ逆に大きな隙を作る事になったオーク将軍に、足元から闇魔法ダークボールが顔面を打ち合わせたかの如く襲い掛かかる。そして同時に攻撃を避けた瑠璃は【扇刃】で今度こそオーク将軍の片腕を切り落とす。


「ブゴギァァガァ!」


 攻撃を食らったオーク将軍はよろめきながら距離を取ろうとするが、クーの【魔法拳】がオーク将軍の顎先を打ち抜き立っている事すら出来なくなる。瑠璃はそんなへたり込む形になったオーク将軍の胸の中央に手を添え水転流奥義【水破】を放つ。


 【水破】は【柔拳】の一種で体内に存在する水分を刺激し乱す事で、相手の防御に関係無く内部から相手を破壊する水転流の奥義である。


 【水破】を食らったオーク将軍は体内の水分を乱された事で内臓に大きなダメージを食らい、口から血を吐き出しその巨体は倒れ込む。


「終わりじゃ!」


 そう叫んだクーが倒れこんだオーク将軍の頭に全力で【魔法拳】を打ち込み最後に残っていたHPを全て削り取り戦闘が終る。


「ふうっ」「体が少し痛いのじゃ」


「二人共お疲れ」


「ハーちゃん♪勝ったよ!」


「うむ。我が役立つ所ちゃんと見ていたか主様」


「お疲れ様です二人共」「キュルー」「お疲れ!二人共やっぱり強かったよ」「うん。無事で良かったかな」「凄かったです。瑠璃先輩!」「乙ゴブ」


 戦いを終えた二人に労いの言葉を掛け瑠璃の傷を治していくアリシア。他の皆も次々に声を掛けていく。


「どうでしたハーちゃん?」


「瑠璃はまだこの世界のスキルとステータスに慣れて無い感じだね。そのせいで先も吹き飛ばされたし」


「うん。最初の武器の攻撃は予想の範疇だったけど二回目はあんなに威力がはね上がると思わなくて」


「今の私がそうだけど、この世界スキルの組み合わせと練度次第ではステータスだけを基準にすると危ないから、その辺は慣れていった方が良い」


「そうだね。頑張るよハーちゃん」


「クーは多分だけど、昔の自分のイメージが強すぎるのかな?」


「何それハクアどういう意味?」


「うむ。よく分かったな主様。どうにも昔のステータスやスキルがちらついて戦い難かったのじゃ」


「つまりは、前ならこのスキルが在ったのにとかこんな相手一撃で倒せたのにって感じだよ」


「へ~、不思議な感覚かな」


「確かにそうですね?弱くなる前、何て滅多にある事じゃ無いですからね」


「無い物ねだりゴブ」


「うぐっ、分かっておるのじゃ。これからちゃんと修正して行くのじゃ」


「そうだね。でも、二人だけでボスを倒したのも確か何だから、落ち込まなくても良いよ」


(低レベル用のダンジョンって言っても、四人以上のパーティーでの攻略が普通だしそれを二人でやれれば大丈夫でしょ)


「ひと休みしたら帰ろう」


 二人の戦いの疲れを取る為に暫しの小休止をしていると瑠璃がふと質問してくる。


「あのさハーちゃん?」


「どうしたの?」


「えっと、ハーちゃんは今モンスターさん何ですよね?」


「そうだけど?」


「もしも人間に攻撃されたら皆はどうするの?」


 ハクアとの会話に耳を傾けていた皆に瑠璃は質問する。


「私は敵なら誰だろうが容赦する気無いよ?多分向こうがその気なら人でも殺る」


「ハーちゃん迷いが無いね。でも、多分私も同じかな?」


「私にとってご主人様の敵なら誰で在ろうと変わりません」


「私もかな」「アクアもゴブ」「我も気にしないのじゃ」


「ボクは分からないかな?人を傷つけ様と思った事無いし」


「私は多分無理です。その・・・最悪の場合人を・・・うん。無理です」


「良いと思うよ。異世界だろうが何だろうがそれが普通だよ」


「ありがとうございます白亜先輩」


「でも、いきなり何で?」


「ううん。ギルドで受付してると野党や山賊みたいな人達の捕獲や鎮圧、討伐も依頼で出るから、皆はどうなのかなって」


「大丈夫。悪党に人権は無いらしいよ?」


「ハーちゃんそれ漫画」


(違うよ!原作は小説だよ)


〈どちらでも良いのでは?〉


「まあでも、人と戦うのはこんな事やってれば在るだろうし、覚悟はしておく方が良い」


「はい!」「そうだね」「分かったかな」「ゴブ」「うむ」「・・・はい」


「大丈夫結衣ちゃん?」


「すいません。皆凄いと思って」


「私と瑠璃は少し特殊だし他は皆この世界の人間だから」


「そうですね。でも、相手がモンスターとは限らないって言うのはちゃんと覚悟しておきます」


「そうだね」


(真面目な良い子だな~。可愛いし)


「ご主人様?」「ハーちゃん?」


「何でしょうか?」


「何か変な事考えていませんでしたか?」


「そんな事無いよ?」


(だから、何故に分かるし?)


 こうして休息を取った後、私達は家へと帰ったのだった。



「ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く