ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~

リーズン

美少女に左右から挟まれてドキドキする

 ユルグ村に着いた私達を待っていたのは沢山のドワーフと冒険者風の人間、それに骨!?詰り私達の目の前で繰り広げられていたのはスケルトンのモンスターと村人の戦いだった。


「えぇ~、何これ?」


「わ~、スケルトン祭りだ!」


「アレがそうなんですか?もうそんな時期何ですね?」


 いやいやちょっと待とうよ御二人さん!


「何それ?」
 

「そっか、ハクアは知らないんだよね?」


「これはスケルトン祭りと言って、昔不死の王ノーライフキングと呼ばれる魔王の一人が居たんですが、その魔王はアンデット系のモンスターを従え、人間や自分に歯向かう者を殺しては自分の配下に加えて居たんです。そしてこの地に居を構え、世界中の者を自分の配下に加えようとした所を、異世界から召喚された勇者に倒されこの鉱山の地下深くに封印されたんです」


ほうほう。流石異世界魔王が結構身近だね。


「以来一年の今頃、封印の力が弱まり配下のスケルトンやアンデットが町を襲いに来る様になり、封印を解く為に恐怖をばら蒔こうと現れ暴れ回るのを逆にお祭りとして宣伝して、村は封印を破られずここに来る冒険者に装備を売り、自分の作った武器の有能さを売り込みながら次いでに村の資金にする為、冒険者は経験値稼ぎと魔石を集めてお金稼ぎをするようになって、いつしかスケルトン祭りと呼ばれるギルドの大会になったんですよ!」


 異世界の人間が想像以上に逞しい!


 と言うか不死の王ノーライフキング何て呼ばれてるのに金稼ぎの道具にされてる魔王が憐れすぎる!


「じゃあ特に危険は無いの?」


「うん。でも私達はお祭りに参加しない方が良いかも?スケルトンって割りと強いらしいから危ないし。参加するなら無理の無い範囲でやらないと。それに、ギルドで受付してからじゃ無いと捕まっちゃうよ」
 

「捕まるの!?」


「うん、このお祭りはギルドが管轄してるからね」 


 まさかティリスが煽ってお祭りに・・・。


『ティリス:違いますからねハクアさん!』


 あっ、本人から否定来た!


 でもこれだけ色んな人間いたら誰が倒したのか分からないから、魔石の分配とかで揉めるんじゃない?


『ティリス:このお祭りはギルド主軸でやっていますから、ソウルテイカーを使えば自分のパーティーが倒した魔石を回収出来るんですよ』


 へ~、凄いね。


「とりあえず、何の問題も無いなら宿屋を探そう」


「そうですね」「はーい」「ゴブ」


 私達はスケルトン祭りを眺めながら宿屋を探すが・・・。


「見付からない!」


「時期が悪かったかもね?ちょうどお祭りの時だし」


 私達はスケルトン祭りの出店に売られている串焼きを食べながら話していた。エレオノの言う通りどの宿屋を訪れても、外から来た冒険者で宿は一杯でどこにも空き部屋が無かった。


「どうしよっか?」


「私はご主人様と一緒ならどんな所でも大丈夫です!」


 いや、そうでなくてね?


「う~ん、一回ギルドに行って受付しながら心当たり無いか聞いてみる?」


 それが妥当かな?


「じゃあ、ギルド行ってみようか?」


 私達はその足でギルドに向かう。その道すがらも屋台で食べ歩きをしまくっていたら流石にアリシアに怒られた。閑話休題。


「ここがユルグ村のギルド?」


「みたいですね」  


 何か無駄にでかく感じるんですけど?!


「ここは、色々な産業で実入りが良いからね。ウチと違って大きいんだよ」


 微妙に自虐ネタ入ってません?


「おねちゃん入らないの?」


 アクアにそう言われ突っ立っているのも何なので中に入ると「ねぇ、お願い誰か受けてくれないかな!」と、声が聞こえた。


 ギルドの中にいる冒険者達に必死に話し掛ける女の子がいるが誰も取り合わない。


「どうしたんでしょう?」


 すると横からニヤニヤとしながら近付いて来た冒険者が・・・。


「あぁ、あの嬢ちゃんな?このスケルトン祭りの時期にわざわざ依頼何て出しても誰もやらねえよ」


「何で?」


「何でってそりゃあな?この時期ここに居るのはほとんどが祭りの参加者何だから無理に決まってるっての」


 なるほどね。


「なぁ、そんな事よりもネェちゃん達良かったら」


「良くない忙しい。じゃっ!」


 冒険者が言い終わる前に言葉を被せ私達は立ち去ろうとすると・・・。


「おい、待てよ!人が親切にこれだけ教えてやったてのにその態度はねぇだろ」


「教えてくれとは言ってないけど?」
   

  【鑑定士】スキル成功
名前:クウゲル
レベル:10/50
位階:2
年齢:28
種族:人間
クラス:騎士
HP:650
MP:150
物攻:250
物防:200
魔攻:50
魔防:30
敏捷:200
知恵:120
器用:115
 運  :55
魔法:なし
武技:三段突き、パワースイング、連撃
称号:
スキル【直感LV.1】【見切りLV.4】【剣のコツLV.3】【剣技攻撃力up】【魔闘技】【堅牢LV.5】


 やってやれない事は無いかな?


 ステータスを確認して私は魔法を主軸に戦えば何とかなると予想を立てる。


最悪全員でボコれば良いよね?


「おい、聞いてんのか!」


 私は周りを見てギルドの職員が我関せずを貫くのを確認する。


 そしてそれに無視をされたと感じ激怒した男が【魔闘技】を発動するのを見て、私も同時に【魔闘技】を発動する。


 アレ?なんだろうこの靄みたいなの?私と冒険者の男の体を覆ってる?


〈マスターの【魔眼】スキルで見えている魔力です〉


 そっか、こんななんだ?


【魔闘技】を発動し手を振り上げ様とする男の右腕を、左手で上から押さえそのまま引き込み男の体勢を崩し、【疫攻撃】を抜きにした【崩拳】を右手で放ちながら頭の中でウインドブラストを唱えそのまま打ち抜く。


 ドバァン!


 その音と共に冒険者はぶっ飛び失神する。それを確認して【魔闘技】を解除する。


「いいぞー」「嬢ちゃんやるな」「いい攻撃だったぜー」


 次々に称賛の声が響く何これ?


「元々こんなお祭りに参加しようと来てる人達だからね。この位の事ならお祭りの延長戦上なのかも?」


 さもありなん。


 でも今ので分かったけど、私は物理も魔法もそれなりに行けるから、相手に合わせてやればザコならなんとかなるかも?


〈今のは奇襲が上手く行ったので良かったですが油断は禁物ですよ〉


 うん、分かってるありがとねヘルさん!


〈いえ、マスターのフォローが私の役目なので〉


「それよりご主人様今のは?」


「後で話すよ」


 上手くいったしね。


 そのまま私達は受付カウンターに向う。


「いらっしゃいませ。ユルグ村冒険者ギルドにようこそ」


「今みたいなのはよくあるの?」


「はい、でもこの時期にここに居るのはほとんどが祭りの参加者なので、あの程度のいざこざは自分で対処して頂かないとスケルトンを相手にするのは難しいかと」


 なるほどね。ある意味ふるい落としか?何処に行っても舐められてるな最近。


〈若い女性だけの見るからに駆け出しパーティーですからね〉


 ですよね~!


「それでご用件は?」


「祭りの登録と、後何か泊まれそうな宿屋知らない?」


「スケルトン祭りの登録は出来ますが、この時期はギルドも宿屋の紹介迄は出来ませんね。もうどこも一杯なのでは?」


「やっぱり無い?」


「はい、申し訳ありません」


「それならボクの家に泊まらないかな?!」


 私達が受付で話しているとそこに突然女の子が割り込んで来た。


 この子さっきの女の子?


「この時期に今から宿なんて見付からないしどうかな?ねっねっ」


 グイグイ来るな~。


 でもこの子可愛い!背はアクアより少し高くて140位?セミロング位の茶パツを後ろで結んでノースリーブのTシャツに膝丈のオーバーオールと、膝下迄あるブーツを履いてる。目が大きくてまさに元気っ子て感じのアクアとは違うタイプの美少女だ!しかもまさかのボクっ子!


 アクアは眠たげなミステリアス系だからね!


〈彼女はドワーフですね〉


 そうなの?ドワーフってもっとゴツくて、ずんぐりむっくりってイメージ何だけど?


「それは男のドワーフだよ」


「ドワーフの女性はどちらかと言うと少女のままの外見の方が多いです」


 と、エレオノとアリシアが左右から耳打ちでこっそり教えてくれる。


 正直美少女に左右から挟まれてドキドキする!ごちそうさまです!しかし成る程、合法ロリか!


〈マスター〉


 すいません!


「それでどうかな?家に決めちゃいなよ!」


 チャラいな!実は宿の営業じゃ無いよね?


「条件の依頼内容は?」


「あう、何でその事を知ってるのかな!?」


「入り口であれだけ騒げばね」


「うぅ、はぁ、分かった依頼内容はボクの護衛をして欲しいかな!」


「護衛?」


「うん、ボクがここの鉱山に入るのを助けて欲しいかな」


 こうして私達はドワーフ少女の依頼内容を聞き始めた。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品