RIP!
ファンタジー

連載中:5話

更新日:

RIP!

  • あらすじ

      新世代の魔法である〝祷術〟は、未だに謎が多い。 その祷術の才能を持っていない、赤髪の輝く京不知夜(みやこよるしらず)女学生--鶴院ランカ。 ある日彼女は、教師マルケサシュ・バッガムに呼び出される。 曰く「〝ヴァンキッシャー〟討伐部隊の隊長になってくれないか」と。
      〝ヴァンキッシャー〟--それは、人類史上最大にして最新の女神を討った詳細不明のモンスターだ。 人間・亜人・動物といった生命体は、あまりに長い時間、ヴァンキッシャーに生存を脅かされていた。 しかし現在では、一度だけ再臨した女神により、ヴァンキッシャーは一切の光無き『樹下大陸』に追いやられ、こうして平穏な時代が始まったのだ。
      ランカはその話を受け、指示・指揮に関する訓練を、友人である皇帝パトリシアと、その友人エイブラムス、小春、武麟につけてもらう--予定だった。 突如其処に現れたのは人造ヴァンキッシャー。これを倒す皇帝の背中に憧れたランカは、その後に起こる戦争において、何度も重要な役割を果たすことになる。
     
      これは、正気と狂気が入り混じる人界の物語。
     
      
     【注意】 この小説は以下の要素を含めます。
     
      ◆主人公のメンタルは決して強くありません。戦闘面においても、あくまで“割と”強いキャラクターです。
      ◇ただし、主人公が所属する国家〝京不知夜(みやこよるしらず)〟は国力において最高クラスを誇ります。
     
      ◆蹂躙・無双する回があります。される回もあります。
     
      ◆たまに【PostScriptum】が追加されます。これはミニストーリーです。
      ◇タイトルに【!】があるものは最新話です。
      ◇タイトルに【?】があるものは、PostScriptumが追加された話の内で最新であることを表しています。

「RIP!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品