クレイジークラスルーム

けん玉マスター

12話 意外な結末

たいっ…へん!
長らくお待たせしましたぁ!!!
ほんとにもうすいません。
どうぞ読んでください。



「ほらほら!さっきまでの威勢はどうした?建宮。」
「っ…!」
「た、建宮…もういい。今回は僕達の負けにしよう。」
青井と星乃海を庇いながら戦う建宮に青井が言う。
「バカ言うな…。俺は絶対に…諦めない…!」
「ひゅぅ…熱血漢だな。だが俺の破壊の前で何が出来る?残るはお前らだけだ。こっちのリーダーなんてお前らには分かっちゃいないんだろ?」
「舐めるな!」
建宮が早田に重力をかけようとする。
「馬鹿が。」
その途端建宮の前で爆発が起こる。
「っ…ぐあっ!」
「建宮くん!」
「さがれ…星乃海!」
「でも!」
「お前が重力を俺にかけたとしても俺は異能が使える。爆発でお前の集中力を削ればいいだけだ。それだけでお前の重力は脆くなる。お前の重力には俺の破壊のような瞬間で決着をつけるような決定力はないからな。」
「ぐ…」
「分かったろ?詰んでんだよ。」
(くそ…鼎もやられたのか?勝つんじゃなかったのかよ…鼎…!)
「さて…俺は徹底的にいたぶるような趣味は無いからな。そろそろ終わらせるとしようか。」
「っ…」
建宮の前で巨大な爆風が巻き起こった。
「建宮くん!」
その爆風により、建宮は地に伏せる。
「残りは2匹。それも虎の威を借る狐たち…。さあ…悲鳴を聞かせろよ…。」
「ひっ…」
「星乃海さん、下がって!」
「あ、青井くん。」
「君の狙いは僕だろ。彼女は関係ない。終わらせるならとっととしろ。」
「ふん…異性だけはいいな…てめえは。結局リーダーの割にはなにもできてねえじゃねえか。」
「っ…」
「そら、望み通り終わらせてやる。…死ね。」
青井と星乃海は目を瞑る。






…ビー!!




そこで終了を合図するブザーが鳴った。

「「「!」」」
青井と星乃海は恐る恐る目を開ける。
「!…どうなってやがる…。」
早田はありえないと言ったように目を見開く。
「え?あ、青井くん…生きてる…。」
「どうなっているんだ?」
すると中央にあるスピーカーから声が響く。


『 1年2組、1年4組による特別試験は…





…2組側のリーダーの降伏により…4組の勝利とする。それぞれ最初の位置に戻ること。繰り返す…』

「!」
「2組の…降参?」
「っ…クソが…!どうなってる…!」
早田はそう毒づいて林の中に消えていった。

「は…た、建宮くん!」
急いで建宮の元に駆け寄る。
「っ…うぅ…」
建宮は頭を抑えながらもなんとか起き上がる。
「勝った…のか?」
「よ、よく分からないけど…。」
「…そうか…。」





「道枝!…どうなってる…?返答次第じゃタダじゃ置かねえぞ?」
2組のテントに戻ってきた早田は、2組のリーダーである道枝に詰め寄る。
「…お、俺…は…」
「…何があった?」
顔面蒼白で、尋常じゃない様子の道枝に今度は落ち着いて問う。
「わ、分かりません…ただ…あのままじゃ俺は…確実に死んでました…。」
「死ぬ?RNYリングがあるだろーが。」
「これを見てください。」
「っ!…これは…」
そこには壊されたRNYリングがあった。
「…誰の仕業だ?」
「それが…こいつです。」
道枝は横たわる男を指さす。
「…林…てめぇ…どういうつもりだ?」
そう。
倒れていたのは2組の…それも早田の前に建宮と戦っていた男だった。
「こいつ…建宮の異能を使ってました。」
「!…あ?そいつはどういうことだ?」
「分かりません…でも…でも!あれは確かに建宮の重力です。」
「おい…起きろ。」
早田は林を乱暴に蹴りあげる。
「っ…!ぐっ!が…あ…」
そして髪の毛を掴み立たせる。
「は…早田…さん…?」
「おい、てめぇ…どういうつもりだ?」
「何…を…」
「とぼけるな…。気絶してたは通らねえぞ?」
「何の…話を…」
「ちっ!やっぱりかよ…。」
「どういうことですか?早田さん。」
「こいつ…洗脳されてやがる。」
「!…洗脳って…!」
「ああ…。都市伝説にもなってる異能だ。」
「そ、そんな…じゃあ4組には洗脳の異能者がいるんですか?!」
「…ああ。そうなる。」
「は、早田さん…俺は…」
恐る恐る早田に近づく林。
「っ…黙ってろ。」
「がっ!」
林に蹴りを入れる早田。
「胸くそ悪ぃな…思い通りにならないってのは…。だが…クク…洗脳…ね。そんな異能者がいるなら


…今年の試験は荒れるぜ。」






短め&駄文です!
めっちゃ久々の投稿のためなまってますねはい。
フォローorコメントよろしくお願いします!

「クレイジークラスルーム」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • かつあん

    おお!待ってました!やっぱ洗脳系はどのやつでも強いっすね〜w

    0
  • イルネス

    威勢が異性になってますよ

    0
コメントを書く