クレイジークラスルーム

けん玉マスター

8話 幕開け

どうも…けん玉マスターです。
1ヶ月以上空いてしまいましたが投稿します。
読む前にこれまでの話を読み返すことをオススメ致します。
ではどうぞ。




テスト前日。
1年2組。
「明日のサバイバルゲーム。お前らは俺の言う通りに動いてもらう。」
「!」
「早田さん…?正気ですか?」
「あ?なんか文句あんのか?」
「い、いえ!」
「なら文句はねえはずだ…」
「ま、待てよ!」
「…」
1人の生徒が早田と呼ばれた男に突っかかる。
ドゴッ!
「!…かっ…は…」
「返事ははいしかねえんだよ…。他のみんなも分かったか?しばらくは大人しく俺に従え…。」
「…お前が1番強いと思ってんのか?」
恐る恐る他の男子生徒が突っかかる。
「クハハッ!…俺の異能…破壊クラッシュ。」
ボンッ!
「!」
机の上の筆箱が弾け飛ぶ。
「その気になれば脳みそだって吹き飛ばせる…。」
「ひっ!ひいぃっ!」
男子生徒は尻もちをつく。
「このクラス…1年2組は俺…早田  継嗣はやだ  けいしが上に上がらせてやる…。もちろん俺のやり方が気に食わないなら俺を引きずり下ろせばいい。基本は個人戦だからな…。受けて立つ。まあ…出来るならだがな…。」
「…」
「…道枝みちえだ。行くぞ。」
「は、はい!」
早田は道枝と呼ばれた男を従えるように教室を後にした。



1年1組
「抜かりはないか?喜島きじま。」
「問題は無い。相手は3組。問題はないと思うが油断はしない。」
「ふ…変わらないな…昔から…。」
「お前もな…凛崎りんざき。」
序列1位  喜島  雅信きじま  まさのぶ
序列2位  凛崎  勇人りんざき  はやと
2人の揃う1年1組は負け無しと言われ、既に他のクラスメイト達は2人に任せっきりであった。
「たく…いくらサバイバルゲームがチーム戦だとはいえ…普段の俺達は敵同士なのにな…。」
「それは俺達が言えたことじゃないだろ?」
「そうだな…。」
2人は幼稚園からの幼馴染である。
「俺はお前だけは敵に回したくないよ。」
「凛崎…。それを言ったらおしまいだろ?」
「そうだな…。とにかくサバイバルゲーム…絶対に勝とう。」
「ああ…!」


そして迎えたテスト当日。

「蓮也〜…お前勉強したか〜?」
「さすがにした。テストで100点取ればポイントも加算されるらしいしな。」
「それだよな〜。なんであの先生は前日になって急に言うかね〜…。」
「そうだな。」
テスト前日に伝えられた衝撃の事実。
1科目で100点を取ればポイントが50加算される。
つまり全科目100点を取れば加算されるポイントは250。一気に序列をあげることが出来る。
「そう言えば蓮也…お前って今序列何?」
「…153だ。」
「げ…蓮也に負けてる…。どうして…」
大河の見せてきた生徒手帳には序列168位と表示されていた。
「知るか。お前はよく寝てるからじゃないのか?」
「そうだよな〜…。だが見てろ!このテストで直ぐにお前を抜かしてやる!」
「はいはい。せいぜい頑張ってくれ…。」


この日は筆記テスト。
「始め…!」
奥寺先生の合図で皆は一斉に解答を始める。
(流石は先進高…テストの内容は物凄いな…。)
出されている問題は皆レベルの高い問題だった。
蓮也は1点問題を飛ばし、応用問題のみを解く。
(これだけ解けば大丈夫だろ…。)
蓮也はシャーペンを置いた。
そして時間は進んでいき、筆記テストは終わった。


「今日は筆記テストのみとなる。午後は授業はない。だが明日は実技試験…話し合いでもしたらどうだ?今日は解散にする。」
そう言って奥寺先生はテストの束を脇に抱え、教室を後にした。
「あ〜!終わった〜!」
大河は項垂れた。
「みんな!ちょっといいかい?」
青井が前に立ち皆に呼び掛けた。
「明日のことなんだけど…詳しいルールは当日にならないと分からないらしい。だからこれは僕の意見なんだけど…ペアを作って行動しないか?」
「ペア?」
「ああ、どうかな?」
「いいんじゃないの?」
「確かに。2人だと安心できるしね。」
皆賛成ということで意見が固まった。
「ならペアを各自組んで欲しい。」

「蓮也…俺とペア組まない…」
「れ、蓮也くん!」
大河の言葉を挟んで星乃海が蓮也に話しかけた。
「星乃海?どうした?」
「わ、私と…ペア…組まない?」
「ちょ…俺が先に…」
「いや…お前は建宮とペアを組め。」
「ふぇ!?た、建宮くん!?」
「ああ。話は通してある。いいだろ?建宮。」
「…ああ。」
そこに建宮が現れた。
「な、なんで私なんかが建宮くんと?!」
「なんかじゃない。お前なら建宮の役に立てる。そう思ったからだ。」
「で、でも…!」
「俺じゃ不満か?星乃海。」
建宮が星乃海に聞く。
「いっ、いえっ!そういう事じゃなくて…」
「ならいいだろ。大河。お前は俺とな。」
「ああ!任せとけ。」
「そ、そんな〜!」


そんなこんなで…

中間テスト実技試験、サバイバルゲームが幕を開けた。




めっちゃ久しぶりの投稿です。
お待たせしました。
フォローorコメントよろしくお願いします!

「クレイジークラスルーム」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 自称クズ

    無理ない程度に更新頑張ってください〜!

    1
  • けん玉マスター

    かつあんさん
    いつもコメントありがとうございます。
    出てこなかった3組の実力は如何に…?

    0
  • かつあん

    待ってましたー!なんか他のクラスもすごい強そうだなー

    1
コメントを書く