話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ツンデレ妹は今日も兄に甘える。

雅蛇

2:無口はつらいよ。

火曜日の朝、僕と妹はいつも通りに起きていつも通りに学校に通った。
そして、今日学校で妹が面白かったので、今回はその話をしよう。

登校する時
「じゃあ!お兄ちゃん!先に行ってるね!」

「あぁ、気をつけてな。」

妹が、先に学校に行った。

「さて、僕も行こうか…」

僕はマイペースだ、だから学校に行くのは自分で決める。
それは先生にも言ってある。

そして、学校。

相変わらず妹はツンデレだ。
愛想ないのに、妹を見てしまうってのは兄としての本能なんだろうか、ボケーッとしながらツンツンデレデレした、妹を見ている。
すると、僕と同じクラスの男子から、こんなことを言われた。

「お前ってさいつもあのこ見ているよなぁ。」

それは当たり前だろう。ぼくの妹なんだから、いつ何が起こるかわからないこの学校では、見守るしかできない。
愛想ないのに。

「まさか、あの子のこと好きなの?」

は?なんで僕が妹のことを好きにならなくちゃいけないのか理由を教えてくれ。
というか。お前あの子が僕の妹ってことを知らないのか。
それはそれは可哀想だな。フッ。

仕方ない。ここは、無口の得意な。無言の圧力をお見舞いしよう。

「……………………………………………………………………………………………………………………」

「い、いやなんでもない。悪い。」

しかし、無口も無口で大変だなぁ。(汗)

というか。無口の得意な無言の圧力ってなんだ。
なぜ、僕は今そんなことを言ったのか。
よくわからない。
まぁ、とにかく。妹も今日も問題なく良かった。(無関心)


《放課後》

「お兄ちゃん!」

「あぁ、愛結美か…どうした。」

「あのね、今日先に帰っててくれない?あのね、ちょっと、友達の課題が終わってないらしく手伝わなくちゃ行けないの。だから、あのね、先に帰ってて。」

「あぁ、わかった。あんまり遅くなるなよ。」

「うん、ごめんね!」

《家》
はぁ…ただいま…。って言っても誰もいないか。
母さんは夜勤で、父さんは不慮の事故で亡くなった。
だから、シングルマザーとして育っている。
父さんは、工事現場の監督をしていてそこの工事現場で鉄パイプが落ちてきて病院に搬送されたけど帰らぬ人となった。
でも、正直僕が無口になったのはその事故のショックでなったのかもしれない。
今でも、夢にトラウマとして出てくる。
そう、父さんの脈が無くなったあの時の記憶が………。



「と、父さん……うぅ……。」

…うん?何だ?この温もりは…

目を開くと、僕の上に妹が寝ていた。

「うわぁ…びっくりした。おい、愛結美…?」

「う…ん…?あ、あぁ、お兄ちゃん…ただいま…」

よく見ると妹の目に涙がついていた。

妹は、あまりあくびをしない。

「愛結美…泣いているのか?」

「え、え?な、泣いてないよ?」

「いや、だって…涙が…」

「あ、あくびだよ!」

「見たのか?愛結美もあの夢を…」

妹は、一息付き

「うん、見たの…お父さんが亡くなるあの夢を……。」

やはり、あのトラウマが兄妹どうしあるのか…。いやでも、妹はまだ2歳だったはず…それなのになぜ覚えてるのか?
僕は3歳だったが父さんのことが誰よりも大好きだったから…覚えている。

「だいじょぶか?」

「うん、心配しなくていいよ…ありがとう!お兄ちゃん…!」

「お、おう、愛結美がそう言うなら…な……。」

正直、心配だ。(無関心)
まぁ、どうせ、妹だ、自分で何とかするだろうな。

妹は今日も甘える。

「ツンデレ妹は今日も兄に甘える。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 雅蛇

    いやぁ、別の小説もあるので、ちょっと、わからないですねー。
    申し訳ございません。(。_。*)

    1
  • べレンガー88

    何日に一回の投稿になるんですか?

    1
コメントを書く