異世界転生(仮題)

ノアール

迷宮4

ステータスのスキル構成をまとめると…

エクストラスキル
[言語完全翻訳][完全記憶][創造][神の瞳][無限収納][叡智神] new [獲得経験値上昇 極][必要経験値 1/2]

ユニークスキル
[剣神LV.2]
[焔魔法LV.1]
[槍聖LV.1]
[魔力支配LV.1]
[時空間魔法LV.1]
[結界魔法LV.1]
[付与魔法LV.1] new
[死霊魔法LV.1] new
[重力魔法LV.1] new
[次元魔法LV.1] new
[召喚魔法LV.1] new
[支援魔法LV.1] new
[MAP] new

スキル
[体術LV.1] new
[短剣術LV.1] new
[大剣術LV.1] new
[刀術LV.1] new
[斧術LV.1] new
[棍棒術LV.1] new
[鎚術LV.1] new
[弓術LV.1] new
[全属性魔法LV.1]
[MP消費量軽減] new
[身体強化LV.2]
[超再生LV.1] new
[超回復LV.1] new
[無詠唱] new
[並列思考] new
[直感LV.1] new
[探索者LV.1] new
[隠密者LV.2] new
[全状態異常無効] new
[全物理攻撃耐性LV.2] new
[全魔法耐性LV.1] new
[料理LV.20]
[緑の手LV.1]
[商才lv.1]

『スキルの獲得  統合終了しました、マスター』

『了解、ありがとうナビ』

『ところで、なんで統合されたスキルがLV.2に上がってるんだ?』

『はい、それは先の戦闘でのマスターに蓄積された経験値を私がスキルに反映させたからです』

「え?そんなこともできるの?」

あまりの能力に思わず声が出てしまった。

『はい、[叡智神]に進化したことにより、能力が向上しました』

「…すごいな…まぁ、にとかくスキルの獲得は終わったし、回復魔法で回復して無限収納の中にあった食料を食べたら出発するか」


「よし、今度こそ行くか」

部屋でてさっきの場所を過ぎた。そして、少し歩くと下に向かう階段を見つけた。

「反対側は行き止まりだし、この階段を下りるしかないか」

階段を下りると、緊張感が増した。剣を構えて用心しながら歩いていくと、何かが現れた。背は子供くらいで、色は灰がかかった黒色の醜悪な顔をした魔物だった。

『ナビ、鑑定』

『鑑定結果です』

ダークゴブリン LV.391

HP   12086/12086
MP           0/0

筋力:15694
魔攻:0
耐久:5763
器用:8451
知力:3209
幸運:32

スキル
[棍棒術LV.42]
[敵感知LV.24]
[狂化LV.12]

なんでゴブリンがこんなに強いんだよ!さっきのウルフでここがどんだけやばいのかわかったけどさぁ!……もういいや、ここまできたら諦めるしかないか。

「やりますか」

『マスター、戦闘の補助はお任せください』

『そんなこともできるのか…頼む!』

『了解です』

そうしてると、相手もこちらに気付き向かってきていた。
先に仕掛けたのはこちらだった。

フラッシュ!

相手の目の前で閃光を炸裂させ、動きを一瞬止めたところをナビが発動した転移魔法で背後に回り、上段から剣を一線させた。

「…グ……ギャ…」  ドサッ

「ふぅ〜、だいぶ楽に倒せたな」

『マスターが強くなったのと魔法との組み合わせによる不意打ちが綺麗に決まったからです』

「そうか、ならこの調子で行こうか」

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く