予備自衛官が戦争に駆り出される惨状

Re:Ru

第2話 〝電話の呼び出し〟

 スマートフォンは鳴っていた。体感時間はとても長かったが、相手は懲りずに受話器を手に取っている。
 今、僕は窮地に立たされている。防衛省から、召集しょうしゅうの電話が掛かってきたのである。
 人より愛国心があるのは、僕の数少ない長所なのだが…
 やはり、準備というものは大事なのだな。その事を僕は、実感させられた。まあ、遅かれ早かれ電話は取らなくてはいけないだろう。勇気を振り絞り、応答した。

「はい、もしもし。」
「あ、もしもし。わたくし防衛省ぼうえいしょう情報本部じょうほうほんぶ佐久間さくま二等空佐にとうくうさと申します。」

スマートフォンからは、若い女性の声がした。

「今回、お電話をしたのはですね。予備自衛官召集の件でして。既に、陸上りくじょう自衛隊じえいたい練馬駐屯地ねりまちゅうとんち普通科連隊ふつうかれんたい三宿駐屯地みしゅくちゅうとんち警務隊けいむたい即応そくおう予備自衛官が交通整備こうつうせいびや地元住民の鎮圧ちんあつおこなっていますが、やはり人員不足でして。宇都宮うつのみや駐屯地ちゅうとんち中央即応ちゅうおうそくおう連隊れんたいが到着するまでの約二時間で良いので、活動してくれませんか?」

散々さんざん、断られてきたのか佐久間二佐にさの声からは疲労がみえた。僕は意外と、困ってる人を見捨てると心が痛む人間だ。そんな僕の答えはもちろん…

「分かりました。何処に向かえばいいですか?」

YESだ。

「え?!ありがとうございます!」

僕の返答を聞いた途端とたんに、佐久間二佐は礼を言った。その声からは、喜びと達成感が感じられた。

「あ、集合場所ですが、装備を整えるために三宿駐屯地に向かってください。そのあとは、現地の指示にしたがい行動をお願いします。」

「分かりました。では、失礼します。」

僕は電話を切った。

「予備自衛官が戦争に駆り出される惨状」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く