チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない

植木鉢たかはし

先帝

「さて、いつ行くか?」

「……そうおっしゃっているところ悪いんですが、行くのは夜ですよ?」

「なんと!?」


 僕らに同行することが決まってから――ほとんど先帝が勝手に決めたようなものだけど――先帝はずっとどこかウキウキしていた。まるで遠足に行く前の日の子供みたいだ。


「うーん、待ちきれんわい! 早く夜にならないかのぉ……」

「それはさすがに待っていただかないと」

「分かっとる分かっとる! 単騎出陣なんかせんから、安心しとれ!」


 そう言って一度椅子に座った先帝。
 僕らは先帝のお部屋で夜になるまで待たせてもらっている。淹れてもらったお茶を飲んで、お茶菓子まで出してもらった。……ポロンくんが頑張ってるのに、なんか申し訳ない。


(全部が無事に終わったら、なにか好きなものたくさん食べさせてあげよう)


 アリアさんはじっとしてるのも落ち着かないのか、ライアンさんと手合わせをしてくるといって、少し前に部屋を出ていった。フローラもそれについて行ったのだ。……僕は、なんとなくそんな気にもなれなくて、ここに残った。


「……ぷるる(大丈夫だよ)」

「スラちゃん……。そうだよね、ポロンくんなら、大丈夫だよね」


 心配しすぎるのもよくない。それは分かっているのだ。
 しかしそれでも、一度不安になってしまったら、その不安を取り除くのは簡単ではない。たくさんの『もしも』を考え出したらきりがないのだ。

 それは分かってるし、分かった上で送り出したのだけど……。
 ヘタレで弱虫で自分勝手な僕は、また、大切な人を自分のせいで失うのが、酷く恐ろしかった。


「……のう、ウタ」


 不意に先帝が声をかけてくる。


「転生者だったな、お前は」

「え……あ、はい」

「向こうで生きているときに、何かあったのかの?」

「……いや、別にそういうことは」

「しらばっくれても無駄じゃ。なにかに追い詰められて、一人で苦しんでいるように見える。そういうのは年の功でな、分かるんじゃよ」

「…………」

「この年寄りでよければ、話を聞くが?」


 僕は、なにも言えずにうつむいた。……話したい。話して、楽になりたい。僕は今、何ができるのか教えてもらいたい。

 でも…………。

 ……言えない。だって、言ったらきっと……。
 僕は、自分勝手だ。自己チューだ。アリアさんとは違う。自分のためだけに、自分のことだけを考えた。その結果がこれだった。
 今だって、そのあとの言葉が怖くて、なにも言えてないんだから。


「……なにも言う気はない、か」


 そんな僕を見て、どこか悲しそうに先帝が笑う。


「まぁ、それならそれでよい。わしは深追いするつもりはないぞ。お前が言いたくないのならそこまでじゃ」


 だが、と、先帝は目を細め、頬をほころばせる。しかし、発された言葉と、まぶたの奥に見える瞳は、全く笑っていなかった。


「お前がなにかを隠していることに、姫たちはいずれ気づく。わしが気づくくらいじゃ。もしかすると、もうすでに」

「…………」

「いつかそのことを聞かれるだろう。そしてそのとき、何をどういうのかはお前次第。そのときは、逃げることは出来んよ」

「…………」

「ぷるっ……」


 僕はゆっくりと立ち上がると、先帝の前に行った。そして、その瞳を真っ直ぐに見ながら、ゆっくりと言う。


「…………分かってます」

「…………」

「アリアさんたちに、隠し事をしたくないのも、本心です。仲間として信頼してくれているのに、僕だけ、一人で秘密を抱え込むのは、一種の裏切りだと思っています。悪いことだって、分かっています」


 アリアさんが僕と同じ部屋に泊まって平然としているのは、アリアさんがそういうのに疎いのもあるけれど、僕らを信頼しているからだ。
 その同じ部屋でフローラやポロンくんが、寝坊するくらい、安心して良く寝ているのは、僕とアリアさんのことを、信頼しているからだ。
 ポロンくんが囮になって人身売買の隠れ家に忍び込んだのだって、僕らが助けに来るって信じてるからだ。

 僕だってみんなを信じてるし、こっちに来てからのことで、嘘をついたり、隠したりしていることはない。
 でも、その前のことは、意図的に隠している。


「……分かっているのに、なぜ隠す? いつかは分かる日が来ると言うのに、なぜ?」

「……だって、」


 僕を信じてくれていたのに。


「仲間だって思って、信じていた人間が……」


 アリアさんも、ポロンくんも、フローラも……あいつも。
 僕を信じてくれていたのに。


「――本当は悪人だって分かったら」

「……ウタ」

「先帝は、どうしますか?」


◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈


 ……忘れ物をしただけだった。
 手合わせをするのに、剣を置いてきてしまった。確か、先帝の部屋の壁に立て掛けて、そのままだった。

 取りに帰っただけで、聞くつもりじゃなかった。


「お前がなにかを隠していることに、姫たちはいずれ気づく」

(……やっぱり、ウタはなにか隠していたのか)


 国での一件があって、あれだけ一緒にいれば分かる。ウタは、何のことに関してでも、分かることは答えてくれた。エマやエドの様子とか、街の様子とか。
 でもあのとき……いや、あのときだけじゃない。自分のことだけは、どことなくはぐらかすのだ。

 私があいつのことで知っているのは、両親と姉の四人家族で学生で、トラックに轢かれて死んだということだけ。他にはなにも知らない。


「仲間だって思って、信じていた人間が……。
 ――本当は悪人だって分かったら」

「……ウタ」

「先帝は、どうしますか?」


 このとき、扉を開けるべきだったのかどうかは分からない。
 でも、私にはその勇気はなかった。

『あなたがみんなを裏切った悪であるのなら、僕はその仲間です!
 アリアさんが正義だろうが悪だろうが、僕はアリアさんの仲間です!』

 ウタがあのとき私に言ってくれた言葉。それと全く同じ言葉を、私は、どうしてこのとき言えなかったのだろう。
 ずっと、後悔している。


 時間を空けてから、今来たように見せかけて、私は部屋に入った。

「チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く