チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない

植木鉢たかはし

いいんじゃないですか?

 僕らはドラくんに乗り、王都を目指した。まだ本調子でないのか、ドラくんのスピードは遅い。
 アリアさんと僕の『勇気』はちょっと前に解けてしまった。
 アリアさんはどこか遠くを見つめながら、そっと呟く。


「……もし、私が旅を止めると言ったら、どうする?」

「……どうする、ですか?」

「あぁ。……お前なら、どうする? 私を助けたこと…………後悔するか?」

「それは絶対ないです」


 僕は、その部分だけは強く否定した。もし、アリアさんが旅をやめたいと言ったら、僕にそれを止める資格はない。だって、アリアさんの人生だし、そもそも僕は、アリアさんの好きにしたらいいと言ったことだってある。
 でも、アリアさんを助けたことを後悔するなんて、そんなことありえない。


「……そうか。後悔しないのか。
 私がお前だったら、ちょっと後悔するかもしれないけどな」

「あれ? 後悔しちゃいます?」

「ま、しないけどな。『後悔をしない』ことが、父上との最後の約束だ。……破りかけたけど、お前が引き留めてくれた」

「…………アリアさん、旅、止めたいんですか?」


 アリアさんはゆっくりと首を振る。そして、少し目を伏せた。


「やめたくは、ない。ウタと、ポロンと、フローラと、ドラくんと、スラちゃんと……まだ、行ってない場所が山ほどある。見てないものが山ほどある。……行ってみたい。見てみたい。せっかく貰ったチャンスを、無駄にしたくない。
 それに、ディランだって、見つかっていないんだ。一人で国に戻ったって……」


 でも、と、ひどく迷った様子で言う。


「私は、やっぱり、マルティネスの姫なんだ。それだけは、消せない事実なんだ。
 父上がいなくなった今、王位継承者は私しかいない。本来なら、迷うという選択肢すらない。国に戻らないといけない。

 ……っ、でも! 私は、みんなとまだ一緒に旅を続けたい!」

「…………」

「……それが、」


 本来認められないことだとしても。
 と、そうアリアさんは付け足す。確かに、本来なら決して認められることがないわがままだろう。


「……アリアさん、」


 でも、この人ならば、案外簡単に認められてしまうこともあるのだ。


「え?」

「ほら……見てみてくださいよ」


 視線の先。そこからは、森の木々が割れて、隙間から街がほんの少しだけ見えていた。アリアさんはその先の景色を見て、必死に何かをこらえるように、僕の袖をぎゅっと握りしめた。


「ウタ……なん、だ、あれ……」

「多分ですけど……あれが、答えなんじゃないですか? アリアさんの迷いを断ちきるための、答え」


 アリアさんの瞳から、涙が溢れ出す。隠しもせず、拭いもせず、気づいてすらいないようだった。無意識に涙を溢れさせつつも、アリアさんは笑っていた。

 僕らの視線の先、そこは、アリアさんの帰りを待ち望んでいた人で溢れかえっていた。彼ら一人一人の顔が見えてくると、アリアさんはハッとして横を向き、ごしごしと涙をぬぐう。それでも止まらないのか、困ったように目を泳がせる。
 僕はその手を、なるべく優しく制した。驚いたようにこちらを見るアリアさんに、ちょっと笑って見せた。


「……あんまり擦っちゃダメですよ。目、腫れちゃいますから。ほどほどにしてください」

「だ、だって、あんな状況でハンカチなんて持ってこなかったし、こんな顔……見せられない。強くあらなきゃいけないのに……」

「強くなくていいんですよ」

「……え?」


 その言葉が意外だったのか、アリアさんはキョトンとしたような顔で僕を見上げる。その目はすでに赤く腫れていて、ちょっと痛そうだった。
 泣き止んだら回復魔法をかけよう。そう思いながら、僕は言う。


「強くなくて、いいです。泣いてください、アリアさん。
 あそこにいる人たちは、みんな、アリアさんのことが大好きな人です。ちょっとアリアさんが泣いたからって、アリアさんのこと嫌いになったりしないです。だから……この人たちの前でくらい、泣いてもいいんじゃないですか?」

「…………」


 アリアさんは涙を拭うのを止め、真っ直ぐに自分を愛する人を見て、微笑んだ。


「……変わったな、お前も」

「僕も……ですか?」


 アリアさんはうなずくと、ちょっとした思い出話をする。


「ほら、私たちがこの街を出る前、私が催涙スプレーでやらかしたことがあっただろう?」

「あー、ありましたね」

「あのとき、お前なんて言ったか覚えてるか?」

「えー? えっ……と…………」

「泣いたら! 塩分不足になります! 熱中症予防! ミネラル補給! だから、ダメです! ってな」


 あー、そういえばそんなこと言ってたような……って、


「や、止めてください! なんかすごく恥ずかしい!」

「目が腫れますから! 赤くなりますから! 痛いですから! よけい泣いちゃいますから! ダメです!」

「あぅ……」

「あはは! そしてあげくには、私が泣いたらお前も泣くって言って、本当に泣いてたもんな」

「穴があったら入りたい……」

「ほら、分からないか?」

「…………?」

「前は『泣いちゃダメです』って言ってたのに、今は『泣いてください』って言ってるんだよ」


 ……そういえば、そうだなぁ。前は、アリアさんに泣かれて、どうしたらいいのか分からなくて、混乱して、それであんなことになった訳だけど……。今は、冷静だ。


「……そっか」


 僕も、成長してるのか。
 そう思った僕は、アリアさんの手を握った。


「ウタ?」

「早く行きましょ! みんな待ってます!」

「……あぁ! ドラくん! 飛ばしてくれ!」

「安全にいくぞ」


 これでようやく、いつも通りに戻る。やっと……。

「チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く