チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない

植木鉢たかはし

 それからまた三日経った。僕はアリアさんの部屋のカーテンを開く。綺麗に晴れ渡った空を見ながら、僕は大きく息をした。


「ふぅ……いい天気ですね」


 アリアさんは椅子に座り机に向かったままペンを手に取ると、文字を書く。


『そうだな』


 あの日以降、僕はほとんどの時間をここで過ごした。さすがに寝るときは部屋に帰っているが……寝つくまではいて欲しいとか言われて、ドキドキしながらアリアさんの顔を見ている……なんてことも。

 もう……。こんな状況の時に言うことじゃないかもしれないけど、僕は男だし、アリアさんは女性なんですよ? ちょっとはこう……警戒心というか、そういうのを持っていただけるとありがたいのですが?


 ……まぁ、もういいとしよう。
 そんなことを考えている僕の肩を、アリアさんがツンツンとつつく。


「どうしました?」

『あのな、お願いがあるんだが、頼まれてくれるか?』


 アリアさんは女性らしい文字でそう綴ると、僕のことを見上げてきた。


「もちろんいいですけど……。なんですか? お願いって」


 アリアさんは小さく微笑んで、こんなことを書いた。


『あのな、ゼリーが食べたいんだ』

「ゼリー……ですか? 買ってくればいいんですか? にしても、またどうしてそんな……」


 アリアさんは誤魔化すようにちょっと笑って、それから少し顎に手をやり、うーんと考えたのちにペンを握り直す。


『バカにするなよ?』

「しませんよ」

『ゼリーが好きなんだ。っていうのは、私の記憶のなかで母上が作ってくれたからだ』


 ……そう、なんだ。


『ずっと部屋にいるからな。甘いものが食べたくなったんだ。買ってきて欲しい。頼まれてくれるか?』


 もちろん、僕は首を縦に振ってうなずいた。


「ゼリー、買ってくればいいんですね? じゃあわかりました」

『ありがとう。そろそろ、外に出られるようになったらいいんだが』

「声くらいでなくても大丈夫ですよ」

『でも、ここにいるよ。待ってるから』

「はい。……一人で、大丈夫ですか?」

『いやいや、少しくらい大丈夫だよ』

「よかった。……じゃあ、行ってきますね」

「……――――」


 アリアさんに見送られて僕は何日かぶりに街に出た。今日はエマさんがいない。ギルドの方へどうしても行かなくてはならなかったのだ。だから、一応エドさんに声はかけてきた。
 あの日から時間が経ったということもあって、だんだんみんな外に出始めている。
 活気が失われていた街にも、少しずつ色が戻る。

 僕は以前アリアさんにケーキを買った洋菓子店へと足を運んだ。ここにこだわりがあるわけじゃないが、ここ以外に知らない。


 ……ふとその時、激しい悪寒に襲われる。
 何事かと思ったが、その思考が追い付く前に、悲鳴が上がる。ハッとしてそちらを見ると、地面から真っ黒い針のようなトゲのようなものが生え、街の人の体を貫いていた。
 僕はそこに駆け寄ろうとしたが、至るところでトゲが現れては悲鳴が上がる。

 ……魔法? だとしたら誰が。

 僕が上を見上げると、もう二度と見たくなかった顔がそこで嘲笑っていた。


「……この街は美しい。さすがはアリアの国の王都だ。でも、そこに赤が足されることでもっと美しくなる。

 そうは、思わないか?」

「ミーレス……!」


 なんのためにこんなこと……! 激しい憤りを感じながら、僕は念のためにと持ってきていた剣を抜く。そのとき、後ろから見知った声が聞こえてきた。


「ウタくんっ! ……どうしてここに、アリアは!?」

「エドさんに任せてあります。大丈夫です」


 僕はアイテムボックスから回復薬を取り出す……と、中身がもう少ないことに気がついた。色んなところでちょくちょく使ってたからだろうか? ぼくは残りの回復薬と万能薬をエマさんに差し出した。


「そっち酸っぱいですけど、これで街の人を助けてあげてください。僕は……」


 ミーレスに目をやると、僕は剣を片手に走り出した。


「……敵うなんて、思わないで欲しいな」


 地面から何本ものトゲが伸びて、僕を襲う。それを避けながらだと、進むだけでも一苦労だ。
 それでもなんとか進んでいき、ミーレスにたどり着く。そして剣を振る。が、簡単に避けられた。


「どうして街をこんなに……!」

「嫌だなぁ。街なんて二の次に決まってるじゃないか。一番はアリア……彼女だよ。
 私のアリアに対する『執着』甘く見てもらっちゃ困るんだな」


 ミーレスはぐっと右手に力を入れると、大きく横に振る。


「ファイヤタイフーン!」

「っ……」


 熱い……。炎の熱さから逃げるように、僕は氷魔法を発動させる。


「アイスウォール!」


 氷の壁を作ると、炎の勢いはいくらかましになった。……あなどったら、本当に殺される。どうしたらいいんだろう。……そう、僕が思案し始めたとき、


「――――っ!!!」


 背後から叫び声が聞こえた。ハッとして振り向くと、小さな女の子に黒いトゲが迫っていた。……まだ気づいていない!


「シャインっ!」



 光魔法でそのトゲを弾き返す。と同時に、僕は声をあげた人物を見つけることができた。


「……っ、なんで!」


 それとほぼ同時に、ミーレスも声をあげる。


「見つけたぞ……。アリアぁっ!」

「…………!」


 僕らの視線の先、そこには、武器も防具も、なにも持たないアリアさんが、震えながら、隠れるようにして民家の後ろに立っていた。

「チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く