チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない

植木鉢たかはし

ウルフと飼い主

「つ、づがれだぁ……」

「だ、大丈夫か? ウタ」

「もう無理です……もう動けないです……」

「なよなよだなぁ、ウタは」

「いや、サラ姉のせいだろ」

「これは……サラさんのせいですね」


 残りの54体、全部倒した僕はもうへとへとだった。地べたに座り込み、一歩も歩けない……。


「しょうがないなぁ……。っし、アリア。お前ここでこいつらと待ってろ。ちょっと行ってくる」

「えっ? 行ってくるって、どこに」

「んじゃあなー!」


 そういうとサラさんは木や大きな岩の上をぴょんぴょん跳ね、あっという間に見えないところまでいってしまった。……本当、自由だなぁ、あの人。


「……変わらないなぁ。本当、変わらない」


 アリアさんが、サラさんが走り去った方を見ながらそう呟く。その横顔は、微笑みながらも、どこか寂しそうだった。


「……アリアさん、ここに来てから、ずっと笑ってますね」


 ふと、フローラがそんなことを言う。確かにそうだ。いつだって明るく振る舞うアリアさんだが、今は純粋に、楽しんでるように見える。


「そりゃあ、サラ姉さんと会えて嬉しいからな。
 ……ずっと会いたかったんだ。ディランがいなくなってから、ずっと」


 ……森の中を、暖かい風が通りすぎた。その風にのって、アリアさんの声は優しく響く。『ディラン』という言葉だけが、いやに切なく感じられたのだった。


「サラ姉は、ディランのこと知ってるのか?」

「もちろんさ。婚約が決まったときも、一番に連絡したんだ。……すごく、喜んでくれた。ディランが相手なら安心だなって」


 ……この旅に、すべての人が賛成してくれているわけではない。アリアさんの人徳と、想い。それらを聞いて、考えて、縦に首を振ってくれた人だっていたんだ。

 サラさんは……どう思ったのだろう? 会ったときは何も言ってなかったけど…………。
 と、その時だった。


「グルルルルルル……」

「えっ?!」


 聞こえてきた唸り声に驚いて辺りを見渡すと、7匹以上のウルフが僕らを取り囲んでいた。


「うっそだろ!? こいつらのレベルってどれくらいだ?」

「……軽く90ありますよ」

「ヤバイな……。なんでこんな高レベルのウルフがここに……!」


 唸り声をあげ、じわじわと僕らを追い詰めてくるウルフたち。レベルの差がここまであると、何も出来ない。


「くそっ……。ウタ、動け……ないよな」

「幸か不幸かヘトヘトです」

「…………テラー戦法でいくか」

「え?」


 テラー戦法? って、あの無慈悲なやつですか!? 僕が驚いていると、アリアさんはウルフたちの前へと歩いていき、そして――


「なぁ! 私たちは何も、お前らに危害を加えようって訳じゃあないんだな。だからさ、無駄な戦いは避けたいんだよ。私たちと和睦しよう!」


 …………。
 そっちかぁぁぁぁぁぁ!!!!!
 そう、覚えているだろうか? テラーさんが一度、謎のタイミングで和睦を申し出たあの瞬間を。これは無理だろ……。
 しかし、


「グルル…………」

「な? いいだろ? 私たちはここで人を待ってるだけなんだよ。依頼の対象にお前たちは入っていないし。な?」


 あれ? これはもしかしていける? いけるのか!?
 ……でもなぁ、僕、この流れしってる気がするんだよなぁ。


「グルルルルルッ!!!」


 ほらぁやっぱり! 和睦の道なんて無かったんだよ!


「む、無理か……」

「どどど、どうしましょうアリアさん! 私、こんなにレベル高いウルフなんて……」

「だ、大丈夫だ。なんとかなる……」

「多分?」

「きっと?」

「もしかして?」

「不確かにするな! 確かにさせてくれ!」


 そして、僕らの健闘むなしく、一匹のウルフが僕らに飛びかかる――。


「こらっ! ダメでしょっ!」


 その直前、一人の女性の声が聞こえてきた。その声を合図に、ウルフたちは唸るのをやめ、その人の元へと駆け寄っていく。
 そこにいたのは、至って普通の人だった。外見はなんとなくしっかり者って感じで、背は少し高め。

 その人はウルフたちに向かってしかりつける。


「もう! 人を襲っちゃいけないって、何度いったら分かるの! 怪我させちゃったらダメでしょっ!」

「クゥン……」


 ……あからさまにしょんぼりとするウルフたち。ちょ、ちょっとかわいいんだけど。
 そんなウルフたちを見て、大きくため息をつき、その人は僕らに向きあった。


「すみませんー、うちの子達が。あの、怪我してませんか? 大丈夫ですか?!」

「あ、だ、大丈夫ですよ! 怪我とか、してませんから!」

「そうですかー、よかったですー。あ、でも何かあったら声かけてくださいね。山のほうにいますから。出来る限りで力になりますよ! じゃ! ほら行くよ、みんな!」

「あっ!」


 そしてその人はウルフたちと共に森の奥へと消えていった。……な、なんだったんだ、今の人。すると、アリアさんがボソッと呟く。


「あいつ……レベルいくつだろうな」

「え? さぁ……分かりませんけど」

「見た感じ、あのウルフたちの使役者だと見て間違いないだろう」

「私もそう思いますよ……。あっ」


 フローラもなにかに気がついたように声をあげる。僕ははてなマークだ。


「ウタ兄……もしかして、気づいてない? それとも知らない?」

「知らない可能性が高いな。
 いいか、ウタ。使役って言うのは、自分のレベル以下のやつしか基本的に使役できないんだ」


 ……ほう。なるほど。


「あの人めっちゃ強いんじゃないですか!?」

「だから私は戸惑っているんだ!」


 と、ギャーギャー騒いでるところに、サラさんがひょっこりと顔を出した。


「なにやってんだ、お前ら」

「チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く