チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない

植木鉢たかはし

れべりんぐなう

 その後、立ち話もなんだからと言って、喫茶店に入ることにした。四人席に椅子を一つ持ってきて五人で座る。
 フローラとポロンくんなんか結構疲れていて、椅子に座った瞬間、大きくため息をついた。


「ふぅ……疲れました」

「おいらもだよ……。なぁウタ兄、ジュース頼んでいいかなぁ?」

「いいよ。フローラもなにか頼みなよ。アリアさんとサラさんはどうします?」

「私はコーヒーかな。ブラックで頼む!」

「じゃあ私も、サラ姉さんと同じので」

「お、おいらもアリア姉と同じのにする!」

「お前ブラック無理だろ」

「む、無理じゃない! おいら大人だもん!」


 すると、そんなやり取りを見ていたサラさんが笑い声をあげる。


「あはは! アリア姉かぁ、いいなぁそれ! なぁポロン、私のことも同じ風に呼んでくれよ」

「え……ええっ?! なんでだよ!」

「大きな理由はないが、いいじゃないか。減るもんじゃあるまいし」

「……なんか減りそう」


 しばらく粘ったポロンくんだったが、その後


「…………さ、サラ……姉……」

「…………」

「ほ、ほらっ! 言ったぞ! これでいいんだろ!?」

「……うむ、なるほど。これは……いいな。うん」

「……えっと、アリアさんからそれっぽく呼ばれてますけどね」

「確かに……」


 しかし、それでもなおサラさんはご機嫌でニコニコと笑っていた。
 なんというか、明るい人だよなぁ。アリアさんは、この人に似たのだろうか? どことなく雰囲気が似ているし、さばさばとした物言いの奥に優しさが滲み出ているのが、なんともアリアさんっぽい。

 僕が店員さんにコーヒーを三つ――結局ポロンくんも頼んだ――と紅茶を二つ頼むと、サラさんは少し机から乗り出すようにして問いかけてきた。


「んで、どうだ? ディランの情報は見つかったか?」

「それが……あんまりめぼしい情報はなくてな。今までで分かったのは、ディランがサワナルに寄っていたってことくらいだな」

「そうか。まだまだディランは遠いのか。……大変だな」


 アリアさんが少しだけ顔を伏せる。
 ……ごめんなさいアリアさん。早く、見つけましょうね。
 そんなことを、思っていた。


「ところでさ、お前ら、冒険者ランクはいくつなんだ?」

「あっ」


 フローラも冒険者登録をし、晴れてパーティー結成をしたわけだが、僕らの冒険者ランクはDのままだった。そそろCに上がりたいなぁ。


「……その顔だと、全く上げてなかったんだな」

「はい、その通りです」

「そうかそうか。それじゃあ……ここ出たら依頼を受けて、ランク上げに行ったらだろうだ? いい狩りのスポットは知ってるぞ!」


 …………ん? あれぇ?


◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈


「あっはっはっは! 聞いてはいたが、本当にヘタレだなぁ!」

「や、やめてくださいよ!」

「さ、サラさん……私もう、体力が……」


 僕らは絶賛れべりんぐ中です!

 れべりんぐ、とはなにか……。知らない方のために説明すると、レベルをあげることだ。
 僕らが今やっているのは、さっきギルドから受注してきた『森林中の魔物討伐』という依頼だ。目標個体数は100。いやかなり辛いよ!? フローラもポロンくんもぐったりしている。平気なのは……アリアさんくらいだ。

 今のところ討伐数は46。半分もいってないのだ。サラさんはというと、依頼には手出しできないからと手伝ってはくれない。
 ……あの、でも、あなたがいなかったら僕は確実に『薬草収集30』選んでましたからね!?


「まぁ、女子供の体力が尽きるのはしょうがないだろう。よし、ウタ、やってこい!」

「ええええええっ?!」

「サラ姉さん……無理だ。こいつ、普段はそんなこと出来ない。ヘタレだからな」

「さすがアリアさんよく分かってらっしゃる!」

「ちぇっ、つまんないなぁ……」


 サラさんは不服そうに口を尖らせると、じーっと僕のほうに目を向けてきた。


「……な、なんですか?」

「面白いスキル持ってるなーと思ってな」

「勝手に鑑定されてる!?」

「アリアも……なんか、ヤバイの持ってるな。ポロンも」

「道中でもらったんだよ……。でも、ジャッジメントはもう使えないな」

「なんでだ?」

「消費MP15000だからだ」


 それを聞いたサラさんは頭を抱えつつアリアさんに訊ねる。


「あっちゃー……。てかさ、それくれたの誰だ? 私が知ってる限りそれ使えるの一人しかいないんだが?」


 えっ? 一人は知ってるんですか?! それ持ってるの、塊以外にいるの!?


「えっと……アイリーン、ってやつなんだが?」

「あっ! そいつ知ってる!」


 個性の塊's知ってたぁぁぁぁ!!! でも他の誰かじゃなくてよかったぁぁぁ!!!


「四年前くらいにここに来たことがあるんだ! 今でも一人は住んでるぞ。山の麓辺りにな」


 そう言ってサラさんは視線をちらりと後ろに向ける。そこには巨大な山。どちらかというと火山のようなゴツゴツとした山で、登るのは相当大変そうだ。


「そっかそっか。塊'sからもらったのか! あいつら強いよなぁ」

「……サラさんとどっちが強いんですか?」

「あいつらに決まってるだろ」


 僕の失神は阻止されました! よかった!


「特にジュノンはなぁ……あいつが戦ってるの見たことあるが、もはや戦いじゃないぞ」

「……と、いうと?」

「あれはいじめだ」

「あ。はい」

「ほらっ! さっさと残り54体!
 そんなこと言ってたらオークたちがのこのこ出てきたぞ? ほらウタ! やっちまえ!」

「え、ちょ、待ってぇ!」


 ちょっとぼんやりしていたら背中を押され、戦わざるを得なくなってしまった僕です。


「…………勇気、ねぇ」

「チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く