チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない

植木鉢たかはし

姉さん

「やっと会えた! 探してたんだ!」

「そうなのか? いやー、アリアが来てるんなら城にいてもよかったか。あまりにつまらなくてなぁ」


 嬉しそうに笑いながらサラさんと話すアリアさん。僕がポカンとして見ていると、フローラが僕の袖を引いた。


「あの……アリアさんって、小人族のお姫様の妹さんなんですか?」

「いや、さすがにそれは違うと思うよフローラ」

「うん、おいらも違うも思うよ」

「でも、姉さんって」

「その思考回路でいくと、おいらにも該当するからな!?」


 すると、二人で話していたアリアさんが思いだしたようにこちらを見る。


「あぁそうだ。忘れてた。
 姉さん、知ってると思うけど、私は今冒険者として旅をしていてな。こいつら、私のパーティーメンバーなんだ」

「へー、そっか! アリアの仲間ってことだな。へへっ、あたしはサラ・ミネドール。この国の時期女王さ。よろしくな!」


 サラさんはそういいながら右手を差し出す。とっさにその手を握り返しながら僕も自己紹介する。


「あっ、僕、柳原羽汰です。よろしくお願いします」

「おう! そっちのちびは?」

「お、おいらはちびじゃないやい! おいらはポル・ポロン! れっきとした仲間だい!」

「そうかそうか。悪かったなー、ちび!」

「またちびって言った!」

「そういえばポルボロンってお菓子あったなぁ」


 あっ、確かに。聞いたことがある。


「なるほど、ポロンくんはお菓子だったんだね」

「違う!」


 突っ込みまくるポロンくんを抑えつつ、フローラが言う。


「私はフローラです。よろしくお願いします、サラさん」

「オッケーオッケー……ウタ、ポロン、フローラな。よし! 覚えた!」

「えっと……ところでですね、」


 僕はさっきから疑問に思ってることを聞いてみることにした。見てたってよく分からないなら聞くしかないだろう。


「どうした、ウタ」

「その……アリアさんとサラさんって、どんな関係なんですか? 本当の姉妹……では、ないですよね?」

「まさか」


 笑いながらも、サラさんはちゃんと教えてくれた。


「マルティネスとミネドールは古い付き合いだからな。私はアリアが小さい頃から知ってるんだ」

「だから、ほら……私にとって、姉さんみたいな人なんだ。だから、サラ姉さんってな。
 魔法とか剣術とか、全部姉さんに教わったんだよ」

「へぇー!」

「ステータスちゃんと見たことないけど、強いぞ。見せてくれないんだ、姉さん」

「えー、気になります。……見ちゃダメですか?」


 それとなーく、サラさんにお願いしてみる。


「ダーメだっ!」

「えー、何でだよー! おいら気になる!」

「いいかちび。女には秘密の一つや二つあった方がいいのさ。私は基本的に、誰にもステータスを見せない主義なんだ。父さんや母さんにもな」

「でも……私もすごく気になります。今のところ、お名前しか分かりませんし」


 すると、少し考えたあと、サラさんはこんなことを言ってきた。


「……私は何歳に見える?」

「あっ」

「アリアは黙ってろよ? それ当てたらステータス、見せてやるよ」

「……当たらないだろ、それ」

「えっ、えーっと……」


 僕のパッと見の印象としては、アリアさんよりは年上と言うことを考慮して、20ちょっとくらいなのかなぁって感じだ。


「にじゅう……に、くらいですか?」

「ほうほう。ちびは?」

「おいらはちびじゃない! 21!」

「フローラは?」

「えーっと……25でしょうか?」

「へぇー……なぁ、アリアー! 私はそんなに若く見えるんだな!」

「なんならもっと若く見えるぞ、姉さん」


 あれ? じゃあもっと上だったのか。この二人の反応から察するに、30近くいっていたのだろうか。


「当たらなくて残念だったなー! いいかよく聞けよ? 私の年齢は……」

「年齢は……?」

「94だ」

「9…………え?」


 へぇー! 94歳ですか! いやー、すごく若く見えます! いやいや、本当に若いですね! ねー、さっきも風船、華麗にゲットしてましたしねー……。
 いや、おかしくない? なに? 不老不死になる薬でも飲んだの? だって、94だよ94。よぼよぼのおばあちゃんになってておかしくないじゃん!

 戸惑いを隠せない僕らに、アリアさんが補足で説明してくれた。


「小人族っていうのは、ある意味で最強の種族と言われているんだ。寿命に関しては他のどの種族よりも長くて、平均寿命は800歳だ」

「800!?」


 そ、それはもう……。だって、日本でいったら室町くらいからずっと生きてるってことでしょ? すごくない!?


「そ、だから私たちは約800年分の本当の歴史を見てきたことになる。本当を知ってるのは私たちだけなんだ。
 だから、他の国は幸運にもミネドールに優しくしてくれる。私たちはそれだけの知恵もあるしな」

「特に、昔、マルティネスはミネドールと手を組まざるをえなかった。マルティネス帝国に多くいるのは一番寿命が短い種族、人間。
 国を守るためには、ミネドールから知恵をもらうのが一番だった」


 なるほど……そんな因果関係もあるんだなぁ……ん? あれ?


「あの、アリアさん」

「なんだ?」

「サラさんって、エヴァンさんよりも年上ですよね? ってことは……」

「エヴァンか? エヴァンに『威圧』の使い方を教えたのは私だぞ! アリアの3代前のやつらから知ってる!」


 エヴァンにたいしてもこの態度……そして威圧を教えたって……。
 この人の強さ、わからないけど絶対強い。塊'sの次くらいに強いかもしれない。

 ……ちなみに、個性の塊'sより強かったら僕は失神します。

「チート能力解放するにはヘタレを卒業しなきゃいけない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く