中学生の帝国建国記

ギース

開戦間際に学校で

今日もまた学校に行く。またあいつらに絡まれるのか。
ドアを開けて教室に入る。
ん?絡んでこない?どこ行った?
あ、珍しく女子と話してる。
眼鏡をかけた地味そうな彼女は(失礼)秋月ルマ
外国人とのハーフで地味ながら(失礼)整った顔立ちであるが、あいつらと話しているところは見たことないな。まあかなり遠藤に押されているが。
「おーい遠藤ー。」
「あ、拓人じゃねぇか!こいつあれに当たったらしいぜ!」
あれというのはHistoria foundingのことだろう。
「ほう。」
「ああ、しかもほかの集落に喧嘩売ったらしいぜ!」
「それはその、、、」
「凄えだろこいつ!名前は確かアルマ王国だっけか?」
「そうだけど、、、」
「だってさ!」
嘘だろ?聞き間違いかもしれない。
「何国だって?」
「アルマ王国だよ」
まじか。初の戦争はクラスの女子とかよ。

「中学生の帝国建国記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く