話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目覚めると吸血鬼少女に

らーめんま

第1話:目覚めると少女に⁉︎

 俺は夜月亮太やづきりょうた 高校2年生。なんてことないフツーの日常を過ごしていた。
今日までは・・・



「7時間目終了!やっと学校が終わった。疲れたな〜。」
 そしてなんと今日は金曜だ!ヤッホーイ ︎
 今日は部活もないし、さっさと帰ってゲームでもするか。いや、帰ったらさっさと寝ちゃおうかな〜。
 そんなことを考えながらいつものように俺は家に帰っていた。


 家への帰り道の途中には、昼でも薄暗い、細い道がある。そこは俺の家への近道になるのだ。人通りも少なく、不審者も時々見かけるということで、危険だからと言ってほとんど誰も使っていない。だが俺は男だし、別に不審者に会っても大丈夫だろう。と考えていたので、その道を通って登下校をしていた。


 普段通りに俺がその道を通っていると、いきなり何者かが、俺の背後から襲い掛かった。
 押さえつけられ、ガーゼを鼻と口に覆われた。
「なんだ、お…ま……え………」
 俺は何かを吸わされ、意識を失ってしまった・・・・・





 目が覚めると俺は、自分の部屋のベッドに寝ていた。
 もう朝だ。
「あれ、俺は確か、誰かに襲われたよう   な…なんで普通に家で寝てるんだ?」
 と俺は言いつつ、いつものように体を起こすと身体に違和感を感じた。
 胸が重くなってるような、髪も長くなっているような気がする。急いで鏡を覗き、俺は悲鳴を上げてしまった ︎
「なんじゃこりゃ!」
 その声自体も高くなっている。

 なななんと俺が女になってるのだ!
 長く、綺麗な黒髪。
 目はパッチリとしていてかなりの美人!
 体の方を見ると豊かな胸に、すらりと伸びた白く、綺麗な足があった。
「うん、俺のタイプだ ︎…って、いやいや、そんなこと言ってる場合じゃない。なんでこんな姿になっちまったんだ?」

 その時、ドアが開いた ︎ やばいお母さんだ!!!!
 こんな姿見られたら、まずいぞ、まずすぎる ︎

 しかし

 お母さんは、俺の姿を見ても驚かず、
「瑠奈、朝ごはんできたわよ。」と言ってきただけだった。


「もしかして、俺は最初から女になってる設定なのか?」
 いやいや、それはない。そんなはずがあってたまるか!
 試しに友達に聞いてみるか。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 友達に電話をかけまくったのだが、その結果誰一人覚えてなかった。というか、電話をかけたのが俺が男の頃の友達でみんな男だから、女になってしまった俺からかかってきた電話にみんな動揺していた。
 やはり、みんな俺のことを完全に女だと思っている。
 誰1人、俺が男だったと覚えているやつはいない。

「どうして女になってしまったのだろうか?」

 まぁ、どれだけ考えても、わからないだろう。だって、これはあり得ないことなのだから考えようがない。
 幸い今日は土曜日だし、明日も日曜日で休みだから、落ち着いて考えてみよう。
 そして、俺は再び、ベッドに横になった。これが現実逃避というやつだ。



 この日から俺の普通ではあり得ない日常が始まった。


「目覚めると吸血鬼少女に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く