話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あの日の約束を

ミツキ

24話 休日の買い物

「お母さん私籠持つよ?」

「いいの? ありがとうカナ」

 ある土曜日のお昼頃、私はお母さんとユイちゃんの3人で近くのショッピングセンターにお買い物に来ていました。
 お店の中は休日ということもあり多くの人が買い物をしていました。そそくさと籠の中に商品を入れていく人もいれば値札をじっくりと見比べてやっと選ぶ人など様々です。
 そんな中私たちは今夜の食事の材料を買う為に少し離れたショッピングセンターに来ていました。少しでもお母さんの負担を減らしてあげたいですし、いつか自分が買い物をする時の参考にさせてもらおうという思いもあり、今回お母さんにお願いをしてついていかせてもらうことになりました。
 ちなみにユイちゃんは『お姉ちゃんがいくなら私もいく』とのことで一緒について来ることになりました。妹の家族愛に少し涙が出てしまいそうです。
 私はいつまでもそんな妹の自慢の姉でありたいものです。そのためにも今回のお買い物でしっかりとお母さんの手伝いをこなして親孝行と同時に自分磨きをしていきたいです。

「それじゃあまずは野菜を」

「野菜ね、任せて!」

「あらあら走っちゃダメよ〜」

「あ、うん」

 お昼の食品エリアは少し混雑してるのでうかつに動くのは周りにも迷惑になるでしょう。それを心配してかお母さんから注意をされてしまいました。私はすこし反省をしたあと早まる気持ちを抑えてお母さんの後をついていこうとしました。すると突然。

「お姉ちゃんお姉ちゃん」

 ユイちゃんが私を呼びました。なんだろうと思い振り返ろうとする私の手に何かが触れました。

「えへへ」

 私は手元を見ると、それはちっちゃくて温かなユイちゃんの手でした。ユイちゃんは私の手を広げさせると自分の手を潜り込ませてぎゅっと握りました。視線を上げてユイちゃんの顔を覗いてみると満面の笑みを浮かべていました。

「ユイちゃん?」

「手繋いで歩いてもいい?」

「いいけど、ユイちゃんは歩きにくくない? 大丈夫?」

「お姉ちゃんと一緒に歩きたいから大丈夫!」

 そこまで言われたら断るわけにはいきません。というよりも別に断る理由はなくて、むしろ嬉しいくらいなので私はそのままユイちゃんに手を握られながらお母さんの後を追いました。

………

……



 最初は空っぽだった籠も数十分経つと色々な食材でいっぱいになっていました。いくら1つ1つが軽くても量が多いと重くなってくるものです。

「カナ大丈夫? やっぱりお母さんが持ちましょうか?」

「だ、大丈夫だよ。これくらい平気平気」

 少し腕がプルプルとしてしまいそうですがまだ大丈夫なはずです。ただ流石にそろそろ片手で持つのは辛いです。でもここでユイちゃんに手を離してというのもなんだか悪い気がしてしまいます。
 なんとか表情に出ないように注意をしつつ買い物を続けて行きました。そしていよいよレジでお会計を済ませるところまで行くことができました。

「さぁこれを車に運びましょうか」

「え? あ……そうだった」

 お店の中でのことは考えていました。しかしその後のことを私は完全に失念していました。
 今持ってる籠の中身はお会計を済ませた後はビニール袋に移されるでしょう。買い物を手伝う人ならすぐわかると思いますがビニール袋だと物が重ければ重いほど握る部分が手に食い込んで痛くなるのです。それをまだ車まで運ばなければならないのです。
 できれば両手で籠を持ちたいところなのですが私の隣いるユイちゃんはあれからずっと手を握ったままです。恐らく何も言わなければそのまま握り続けるつもりなのでしょう。

「ユイちゃん?」

「何?」

「申し訳ないんだけど一旦手を離してもらってもいい?」

 流石にこれ以上は無理だと思いユイちゃんに恐る恐る聞いてみると。

「……グスン」

 ユイちゃんはしばらく黙ったあと涙目でこちらを見上げました。まだ繋いでいたいという思いが痛いほど伝わってきます。

「な、なんでもない! 車乗るまで繋いでいてあげるからね! ただ手はこっちの方を握ってもらっていい?」

 私は無理やり笑顔を作りましたが手の方は流石にこれ以上持ちそうにありません。反対の手の方はまだ余裕があったのでそちらにに握り直してもらうよう私がお願いをするとユイちゃんはパッと表情を明るくして反対側に回り込みました。私は籠を持ち直すとユイちゃんと手を繋ぎ直しました。
 今思うとお母さんはいつも片手で籠を持ってました。今日ほど多くはないものの普段の量でも十分片手では辛いはずです。それを考えるとお母さんはやっぱりすごいのだなと思わずにはいられませんでした。

 そのあと私はビニールが手に食い込む痛みに耐えながら車に荷物を運びました。かなり手が痛いので家に着いた後はお母さんにお願いすることにします。
 私とユイちゃんが車に乗ったのを確認するとお母さんは車にエンジンをかけて運転し始めました。外の景色はあっという間に変わっていき、気がつけば家まで後少しというところまで来ていました。
 家に帰ったら今日の買い物のことをメモしたり、学校で終わらせきれなかった宿題をやらないといけません。

「家に帰ったら頑張らないと」

 車に揺られながらそう考える私。その横には疲れてしまったのかうとうととしたユイちゃんがいつまでも手を握っていました。

………

……



「着いたわよ〜」

 2人の母である私、天宮静江がそういうも後ろからの返事はありません。思えば車に乗ったときから子供達はすこし疲れているように見えました。
 無理もないことでしょう。カナは買い物中ずっと籠を持ってくれていましたし、その後も車に乗せるところまで手伝ってくれました。ユイもずっと歩きっぱなしだったからきっと大変だったはずです。
 私はすこし心配になり後ろの2人を覗き込むと。

「あら?」

 案の定2人はスヤスヤと眠っていました。ちょっと予想外だったのは眠ったあとも2人は手を繋ぎ続けていたことでしょうか。

「ふふ、ほんと仲のいい2人だこと」

 娘たちは寄り添いながら規則的な寝息をたてています。その光景に思わず顔が緩んでしまいそうでした。

「起こすのが忍びないわね。困ったわねぇ」

 私はそう言いながら娘たちの頭を優しく撫でるのでした。

「あの日の約束を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 漆湯講義

    いい家族だぁ(。•́ωก̀。)…グス

    1
コメントを書く