話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あの日の約束を

ミツキ

12話 仮入部開始

 あれから数時間たち放課後になりました。今日の授業の最後にあった集会で一通りの部活の説明を受けました。
 部活動は主に運動部と文化部、そして同好会に分かれているようです。
 運動部ではサッカー部、バスケ部、バレー部、陸上部、新体操部、柔道部、剣道部、弓道部、テニス部等があります。一方の文化部は美術部、吹奏楽部、演劇部、コンピューター部、歌唱部、調理部等があります。同好会は模型同好会、ロボット同好会、写真同好会、新聞同好会等があります。
 まだまだありますがひとまずこの辺りで区切りにします。この後はどこの部活がいいのか仮入部させてもらってしっかり確かめていきたいです。
 ちなみに同好会は見学はできますが最初に入ることはできません。まずどこかの部活動に入った上で移動手続きをとることで入れるようです。
 さて説明された部活動と同好会の中で興味のあるものはありましたがまずは…

「どこがいいかな?」

 みんなの意見もちょっと気になるので聞いてみます。

「俺はもう決まってるからそこいくつもりだな」

 そう言いながら修くんはグラウンドの方に視線を向けています。やっぱり運動部なのでしょうか?

「私はまだ決まってないなぁ。カナちゃん一緒に見て回らない?」

 花ちゃんはまだ決まっていないんですね。喜んで一緒に回らせていただきますとも。

「いいよ〜、花ちゃんがどこ入りたいのか興味あるしね」

 私がそういうとえ〜っと言いながら花ちゃんは少し照れながら頬笑みました。
 鈴音さんはどこに向かうのでしょう?せっかくですし鈴音さんも誘ってみました。

「鈴音さんも一緒に見て回らない?」

「えっと……ごめんね、私は1人で見て回ろうと思うの」

 残念ながら断られてしまいました。でも気持ちは何となくわかるような気がしました。
 部活はこれから3年間入り続けるわけですしあまり気軽に決められるものでもありません。周りの意見に流されずに自分の考えをしっかりと確認したいのでしょうね。

「ううん別に謝らなくてもいいよ、鈴音さんに合った部活見つかるといいね」

「うん! ありがとう」

 申し訳なさそうな顔をしていた鈴音さんはそれを聞くと安心したのか笑顔に戻ってくれました。

「それじゃあ今日はそのまま解散だな」

「そうだね、明日の朝どこ入るか決めてたら教えてね」

 2人はそれぞれ違う方向へ向かっていきました。さて、私たちもそろそろ動かないとですね。

「じゃあどこ行こうか?」

「私は文化部の方を見てみたいかな」

 文化部……それはちょうどいいですね。私も文化部でみたいところがあったのではなちゃんに提案をしてみます。

「なら美術部をまず見に行かない?」

「うん」

 花ちゃんからの了承も得て私たちは文化部の集まる校舎側へと足を勧めるのでした。

「あの日の約束を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ミツキ

    遅くなってすみません。
    修正おけです(。・ω・。)

    0
コメントを書く