話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あの日の約束を

ミツキ

9話 夢……色鮮やかな世界

 幼い頃の僕は電車がとても大好きだった。暇な時間があればプラレールで遊んだ。今は懐かしいアナログテレビで電車の映像を収めたカセットテープを延々と見たりもした。それだけ電車は僕にとって憧れだった。
 だからなのであろうか。思い出せる中で最も古い記憶もやはりというべきか電車に関係するものだ。
 あれはまだ僕が生まれたばかりの頃だっただろうか? 母さんにおぶられながら僕は早朝の駅の中で電車を眺めていた。のちに母さんに聞いてみるとその時はボランティアで駅の清掃に行っていたとのことだった。
 普段はとても早い速度で通り過ぎていく電車がそこには何両も止まっていた。常にうるさいそれもこの時はまるで眠っているかのように静かに佇んでいる。聞こえてくるのは母さんが箒をはく音だけ。どれも当たり前で別に特別なものはなかったけれど。この時の僕には衝撃を覚えるものだった。
 時間が経つにつれてあたりは徐々に明るくなり、やがて太陽が昇り始める。陽の光を受けて赤く染まる雲。光を反射させながら色をはっきりとさせ始める電車。どこからともなく聞こえ始める鳥のさえずり。冷たかった風も陽の光の暖かさが混ざり合い心地よく肌を撫でて行く。その一つ一つに感動した。静かに変化する光景に感激した。まるで自分たちのいるここだけが別世界になったような。
 いや違う。この場所を中心に世界がガラッと変わったようなそんな感覚を覚えていた。
 小さかった僕はその時の気持ちをうまく言葉にすることはできなかったけれど。当時の気持ちを今の僕が考えてみるときっとこう考えていたのだろう。『なんて美しい世界なのだろう』と。
 流石に今では記憶も朧げになってきて全部を思い出すのは難しい。けれどその光景を見て感動をしたこと。その時心から自分が生まれたことに感謝をしたこと。それを僕はきっといつまでも忘れないだろう。
 やがて空は青くなり始め、外からは車の音が聞こえ始める。いつもの日常が始まる。新たな可能性を秘めた日常が始まっていく。

………

……



「う〜ん」

 少し早い時間に起きてしまったのか窓の外は暗くて部屋もなんだか肌寒いです。まだもう少し布団の中にいたい状態ですね。
 しかしなんだか目も冴えてきちゃいましたし2度寝もいう気分ではありませんでした。

「よいしょっと」

 ゆっくりとベットから抜け出した私は寒さを我慢しながら普段着に着替えました。そして窓へと近づき、カーテンを開けました。

「わぁ……綺麗」

 窓の外の光景を見て思わず私はそう呟きました。地平線の向こうから昇ってきた太陽に照らされ建物も雲も美しい茜色に染まっています。今日はなんだか良い1日になりそうです。
 私はそう思いながら思いきり体を飛ばすのでした。

「あの日の約束を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 漆湯講義

    Qっっwww

    1
  • ミツキ

    いって◯は好きでしたw

    1
コメントを書く