話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あの日の約束を

ミツキ

5話 心温まる朝

 おはようございます。ーーこう言ってはなんですが誰に対しての挨拶なのでしょう?

「うっ……ふぁああ〜」

 なんだか起きたばかりなのにとても眠いです。
 それに疲れが取れていないのか体が少し重いような気もします。
 今日から授業が始まるわけですし、知らず知らずのうちにテンションが上がってよく眠れなかったのでしょうか。
 そう思っているとお母さんが私の部屋に入ってきました。

「あら、起きてた……どうしたの?」

 急に言葉を切ったけど「起きてたの」って聞こうとしていたのかな?

「おはようお母さん……えっと'どうしたの'って何が?」

 お母さんが驚いた顔をしている者だから気になって聞いてみると。

「だってその顔」

 そう困惑気味に言いました。

 すると今度はユイちゃんが部屋に入ってきました。

「おはようおねえちゃ……」

 するとお母さんと同じ様な反応をしました。
 何処か変なのでしょうか? 寝癖が酷いのかな?
 するとユイちゃんは少し不安そうな顔をしながら。

「なんで泣いてるのお姉ちゃん?」

と言いました。

 泣いてる……私が?

「え?」

 反射的に目元に手を当てると暖かい液体が瞳から流れ出ていました。

「あれ……なんで?」

 それはいくら拭っても治ることはなく、静かに流れ続けました。

………

……



「ってことがあってね」

「それは大変だったね」

 学校に向かう途中私は朝の出来事を花ちゃんに伝えました。
 あの後さらにお父さんも部屋に入ってきました。私を見た途端案の定顔色を変えてとても心配してくれました。
 仕事を休んで病院に連れて行くと言った時は流石に焦りましたが。そこまで私の心配をしてくれたことは素直に嬉しかったです。

「でも本当に大丈夫なの?」

「あはは、大丈夫だって」

 本当? という顔をする花ちゃん。

「だっ大丈夫だから、ほら(汗)」

 私がそう言ってみせるといつも通りの花ちゃんに戻ってくれました。

「ありがとうね 花ちゃん」

 なおも心配してくれる花ちゃんを見て改めてわたしは幸せ者だなと実感しました。これからも仲良くしていきたいですね。

「ほらチャイムなるよ」

 流石にそろそろ時間がなくなってきたので花ちゃんを席に戻します。
 少し今更な話ですが私と花ちゃんは同じクラスになりました。ただ席は流石に離れています。
 花ちゃんはとても残念そうにしてましたが同じクラスになれただけでも私は嬉しいです。
 少し残念だと思う自分がいるのも事実ではありますが、話をしたいときは直ぐに話すことが出来ますし、困ったことがあってもさっと相談できるでしょう。この教室から私たちの学校生活が始まるのです。そう思うと先ほどまで感じていた違和感を上回るワクワクとした気持ちが溢れてくるようでした。

「(学校生活、全力で楽しまなくちゃ!)」

 そんな風に今日という1日が始まるのでした。

「あの日の約束を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ミツキ

    コメありがとうございます(。・ω・。)
    早速見させてもらいますね(*^ω^*)

    0
  • 真京(旧:間虚羽

    読ませていただきました!
    可愛い上にとても面白いです!
    よければ私の作品も読んでください!

    1
  • ミツキ

    まずい…5話所々出来ていなかったです( ̄▽ ̄;)
    ちょっとだけ手直ししましたがまだもう少し修正が必要かもです(T . T)

    0
コメントを書く