話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あの日の約束を

ミツキ

3話 将来のために

「お姉ちゃんお帰り〜」

 家に着き玄関で靴を脱いでいるとユイちゃんが私を出迎えてくれました。こちらに気づいた途端に満面の笑みで近づいてくるユイちゃんを見てとても幸せな気持ちになります。

「うん、ただいま〜」

 そんな可愛い妹ユイにつられて私も満面の笑みで答えます。
 部屋に戻り普段着に着替えた私はユイと一緒にリビングへ向かいました。部屋に入るとキッチンの方から食材を切る音が聞こえてきます。

「お帰りなさい」

「ただいま、お母さん手伝うよ〜」

 私ももう高校生なので少しずつ料理を覚えなければいけません。
 ただ今すぐに一から作るのはまだ大変なのでまずは手伝いからコツコツとやっていくのです。

「あら、ありがとう」

「いいよ〜、それで何作ってるの?」

「今日はカレーよ」

「カレー!?やった!」

「やった〜!」

 嬉しくて小さくガッツポーズをすると隣にいたユイちゃんも私と同じようにガッツポーズを取り喜んでいました。それを見て母さんはとてもニコニコしていました。
 少し恥ずかしくなりましたがなるべく気にしないよう集中して私は手伝いをするのでした。

「はい、完成!」

 その甲斐あってか完成したカレーはとても良い出来になりました。すかさず私は出来上がった夕食をテーブルに並べていきます。作るだけでなく準備をするところまで手伝いたかったからです。
 夕食の準備が終わろうとしたところでお父さんが帰ってきました。

「いい匂いがするな」

「お帰りお父さん、今カレーができたとこだよ〜」

 するとお父さんはちょっと待ってなと言い自分の部屋に入っていきました。
 しばらくすると荷物や余計なものをしまってきたお父さんがリビングに戻ってきました。

「なかなか旨そうだな」

テーブルに並べられたカレーを見てとても嬉しそうな顔をしています。
 やはりカレーは誰にでも好かれる食べ物ですね。

「今日は私も手伝ったんだよ」

「私も〜」

 少し自慢げに言うと隣にいたユイちゃんもドヤ顔で反応頑張ってしました。なんだかすごく背中をそらして胸を張っていました。

「おお!偉いな2人とも」

 そう言うとお父さんは私たちの頭を撫で始めました。
 母さんにされるのもそうですが頭を撫でられるととても気持ちよくなります。
 そのあと私達は夕食を食べお風呂に入り自室のベッドに入るのでした。

「あの日の約束を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ミツキ

    理想の家族像を書いてみました
    (。・ω・。)
    まぁ現実ではなかなか難しい光景かもですけどね。
    そう?って疑問に思える人はきっと幸せ者ですね(*^ω^*)

    0
  • あいす/Aisu

    なんかほんわかしてて可愛い(*´ω`*)

    2
コメントを書く