話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能学園のアークホルダー

奏せいや

俺は、絶対に諦めない!

 コンクリートの破片が無数にばら撒かれる。それは弾幕、幾重にも張られた散弾だ。高速で飛来するそれは視認してから動いていては遅すぎる。網状に放たれた全面攻撃だ。

 故に命中する。

 それは必然だった。

 信也の腕が砕けた。

 足が折れた。

 腹に直撃した。

「があああ!」

 信也の悲鳴がフロアに響く。

「終わったな」

 錬司が呟いた。呆気ない結果にそう言った。

 当たり前だった、こうなることは。

 信也では錬司に勝てない。

 信也はいくつもの破片を受けた。数の暴力が信也に襲いかかる。

 だが、

 しかし、

 だとしても――

 信也はまだ終わっていない。彼の意志は死んではいない。

 信也は錬司を睨み上げた。その瞳は燃えている。そして叫んだ。

 ここに、人間の可能性が開花する!

「俺は、絶対に諦めない!」

「なに?」

 どんな不利な状況でも諦めない。そして最後には道を切り開く。

 信也は諦めていなかった。

 瞬間だった。

 信也が、破片の弾幕を躱した。躱していたのだ。

 ――無傷で。

「どういうことだ……?」

 錬司の目が開かれた。それもそのはず、当たった、当たったはずなのだ。その目は信也が打ちのめされた姿を確かに見たはず。

 なのに信也は生きている。その身は一つの破片も受けていない。

 当たったはずなのに、信也は躱していた。

「どうなってやがる」

 不可思議な現象に錬司は考えていた。信也の持つアークと目の前で起きている現象を結び付け、グレイントの処理速度で答えを弾き出す。

 そこで、錬司の表情が驚愕に変わった。

「まさかッ」

「そうだ!」

 錬司の驚愕に信也が応える。力強い眼で、自分に人間の可能性を教えてくれた錬司に叫ぶ。
 それは、諦めないという想いが生んだ力の形!

「俺のアークは平行世界にいるもう一人の俺をコピーすること。ならいるはずなんだ、この状況でも、『生きている俺が!』」

 信也の答えにさらに錬司の表情が歪んだ。

 錬司が放つ無数の破片。避けられるはずがない。これだけの数を躱すなど不可能だ。

 でも、

 もしかしたら、

 いるかもしれないのだ。

 同じ状況で、無数の破片のわずかな合間。

 逃げた先がたまたま無事で、生き残った自分が。

 そんな平行世界が。

「ふざけんなぁ!」

 錬司の怒号が響く。己のアークを最大限に発揮して弾幕をさらに速く、さらに密度を上げる。

 放つ、放つ、放つ。

 錬司の攻撃はかつてないほど凶暴だ。彼の感情に呼応したかのように破片は死滅の弾丸と化している。

 当たれば即死。ここは空爆地帯かと言いたくなるほどの轟音と強風が吹き荒れる。

 それでも信也は生きていた。

 普通は諦める。数の暴力、速度だって追いつけない。見た瞬間絶望するはずだ。

 それでも、信也は諦めない。

 腕が折れた。

 内臓が損傷した。

 その度に前に出る。

 それだけ、平行世界には諦めなかった自分がいたから。

「錬司ぃいいい!」

 信也は駆けた、この不利な状況を。

 躱す、躱す、躱す。

 錬司が放つ無数の弾丸を。

 この状況でも諦めず前に出て、生き残った自分が平行世界にいる限り。

「異能学園のアークホルダー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く