話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能学園のアークホルダー

奏せいや

いやじゃない

 信也はエレメント・ロードの力で前方に魔法陣の防壁を張った。青白い紋様はゆっくりと回りながら錬司の攻撃を防ぐ。

 その衝撃、身体が押され足が地面をすべる。防壁に全魔力を注ぐが防ぎきれない。

 ついに魔法陣が壊された。信也は爆発の波に吹き飛ばされ壁に衝突した。

「ごは!」

 背中から伝わる激痛。信也は床に倒れた。痛みに体が動かない。意識はまだあるのに、身体がまったく動いてくれない。

「錬司……どうして……」

 見上げる先、そこには錬司が立っている。錬司はゆっくりと歩き信也に近づいてきた。

 冷たい視線が、じっと信也を見下ろしてくる。

「悪いが信也、これは俺にとって必要なことだ。そのためにもお前は狩らせてもらう、ランクA」

 そう言って、錬司は信也に右手を向けた。

「くっ!」

 反撃しなければならないのに、身体が動かない。腕も足も動いてくれない。

 信也は頑張った。

 諦めなければ道は開けると。己を信じ、人間の可能性を信じてきた。

 しかし。

 錬司を前にして信也は――

(俺には、無理なのか……?)

 この時、諦めた。

「アンチに言い訳、パンチにガード。そしてピンチに姫宮パーンチ!」

 しかし、この場に声が響いた。

「なんだこいつ?」

「うわあああ! 避けられたぁあ!?」

 しかも登場するなり錬司を殴りつけたかと思うと避けられ、信也の近くに盛大に転んできた。

「ぐべえ……。いててて」

「ひめ、みや?」

 その突然の登場に信也は唖然となる。どうしてここに姫宮が? と思うが、すぐにハッとした。

「逃げろ姫宮。危険だ、早く!」

 なんとか動く口だけを必死に動かす。自分の横で寝転ぶ姫宮が顔を上げた。

「逃げないよ! 友達見捨てて逃げるなんて、そんなのわたしがするわけないじゃん!」

「姫宮……」

 けれど、姫宮は立ち上がったかと思えば信也に駆け寄り、膝をついたのだ。信也の顔を覗き込む可愛らしい瞳が心配そうに見つめてくる。

 嬉しかった。自分のピンチに駆け付けて、こうして近くにいてくれること。

 でも、彼女までは巻き込めないから、信也は叫んだ。

「気持ちは嬉しいけど、でも! それでも逃げろ! 姫宮が来てどうにかなる問題じゃないんだよ!」

「いやだ!」

 反論された!

「いやじゃない」

 さらに反論する!

「いやだ!」

「いやじゃない」

「いやだ!」

「いやじゃない」

「やーやー!」

「我がまま言わない、高校生でしょう」

「絶対にいやだぁ! おウチ帰りたくないいい!」

「なんだこれ?」

 いつの間に変な空気になっていた。

「はっははは! なんだよ信也、お前も隅に置けないな~。第三アークアカデミアの入学式といえばたしか二日前だろ? 二日ですでに彼女持ちとかやるじゃねえか」

 そんな二人を錬司が冷かしてくる。

「ちげーよ! 姫宮とはそんな関係じゃなくて!」

「そうだよ! 信也君とはお友達だよ!」

「はいはい、分かった分かった」

 錬司は片手をひらひらと振った後、再び二人を見下ろしてきた。

「なんでもいいけどよ、女、そこどけ。俺はこいつを倒さなくちゃならない」

「姫宮詩音なんですけど!」

「知るか、いいからそこどけ」

「いやだ!」

「てめえごと吹き飛ばすぞ?」

「するならすればいい」

「んだと?」

 錬司は飄々としていた表情をしていたが眉間にしわを寄せた。

「異能学園のアークホルダー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く