話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能学園のアークホルダー

奏せいや

はは、それがあいつのすごいところなのさ

 錬司は信也が中学二年の頃に転校していった。その転校先が姫宮と同じ中学だったのだ。

「でも教室違うのによく知ってたな」

「うん! だって彼転校してきてすぐに有名人になったんだもん。彼ああいう性格だから周りに遠慮とかしないでしょ? それで転校生のくせに生意気ぃ、っていう人たちがいじめようとしたんだけど、代わりにぼこぼこにされちゃったんだって」

「ははは……さすがだな」

 獅子王錬司恐るべしである。

「変わらないな、あいつは」

「じゃあ信也君の中学でも同じだったんだ?」

「ああ。たぶん変わってないよ。俺は特別だ、お前らとは違うんだって、自信満々に言ってさ」

「そうそれ! よく言えるよね、わたしには絶対に無理だよ~」

「はは、それがあいつのすごいところなのさ」

 思い出す。いつも自信に満ち溢れ、己の生き方に真っ直ぐだった錬司のことを。……悪童でもあったが。

「なつかしいな」

 それでも懐かしい。また会ってみたいと信也は素直に思った。

「そうだ! 姫宮錬司と同じ中学だったんだろ? なら知らないか、錬司の進学先。アークアカデミアに入っているはずなんだけどここにはいないし。まさか、落ちたってことはないと思うけど……」

 どのような困難すら突破してきた彼だ、自分に出来て錬司に出来ないはずがない。そうは思うが見当たらない友人に不安になる。

「彼なら第一アークアカデミアに入ったって聞いたよ?」

「そっか! じゃあ錬司も無事アークホルダーになれたんだな! そっかー……、錬司は第一アークアカデミアか。ランクはいくつなんだろう」

「えっと、それなんだけど……」

「もしかして知ってるのか!?」

「うん……」

 信也は姫宮に詰め寄った。対して姫宮は気まずそうに頷いた。

「いったいどんなんなんだ!? 錬司のアークは!?」

 信也は瞳を輝かせた。あの錬司のアークだ、すごいに決まっている。自分と同じランクAか、もしくは誰も発現したことのない、第六次元への干渉を行なう未知のランクか。あり得る、あの錬司なら。

 信也は期待に胸を膨らませ、早く知りたくてうずうずする。

「聞いた話だけど……」

「うんうん!」

 逸る気持ちを抑え信也は姫宮の答えを待った。

 そんな信也に、姫宮の表情は暗い。

 神崎信也の憧れ、獅子王錬司。

 そのアーク、それは――

「彼のランクなんだけど…………『――』だって……」

「え…………」

 信也は言葉が出なかった。同時に熱がサーと退いていく。まるで冷水でも掛けられたように浮ついた気持ちが醒めていく。

 その間にゆっくりと事実を受け入れ始めていた。目の前にいる彼女が、なんと言ったのか。

「錬司が、ランクF?」

「異能学園のアークホルダー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く