話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能学園のアークホルダー

奏せいや

試験、これからだろ?

 信也は歌った。声に己の想いを乗せて。歌には人の気持ちを届ける力がある。だから人は歌に笑い歌に泣く。元気をもらい感動できる。

 派手な照明もいらない。特別な演出もいらない。

 人を感動させるのに、歌さえあればなにもいらない。

 想いを込めた歌さえあれば。

 信也の歌が終わった。三木島の時とは打って変わって静寂だ。誰も声を上げることなく、無言の内に信也のライブは終わっていた。

 試験官の一人が声を上げる。

「それでは投票を行います。この歌唱勝負、三木島さんだと思う方は挙手を」

 数人が手を上げる。しかしその数はちらほらだ。

「では、神崎さんだと思う方は挙手を」

 残りの全員が、躊躇いながらも、信也に手を上げてくれた。

 そんな中、姫宮が誰よりも激しく手を上げている。その場でぴょんぴょんと跳ねて激しくアピールしていた。

 勝った。トップアイドル三木島沙織と神崎信也の歌唱勝負は、信也の勝利で幕を下ろした。

「俺の歌自体にはアークはなかった。それでもこれだけの人が心惹かれたんだ。アイドルになるのに、人に憧れるのにランクは関係ない! これからはランク関係なしに試験を受けさせてもらうぜ」

「くっ!」

 三木島は悔しがっている。まさか自分が負けるなど思っていなかったのだろう。

「どうして? なぜ私の光子妖精の戯れライブ・コンサートが負けた? どうして?」

「そんなんだから駄目なのさ」

 悔しがる三木島に信也は目を細めて言う。

「今の俺はトップシンガーだ、だからあんたの動きを見て分かる。あんたは常に自分を異能(アーク)で偽っている。その肉体は練習で身に付けたものじゃない。ただの、張りぼてだ」

「くぅ……!」

 信也は能力を解くと姫宮に近づいていった。姿はいつもの制服姿に戻っている。

「信也君すごい! すごい! すごい! わたし感動しちゃったよ!」

「ありがと。でも喜んでる場合じゃないだろ」

「へ?」

 子犬のように喜ぶ姫宮はいつもの彼女だ。愛らしい仕草が彼女には合っている。

 そんな彼女へ、信也は悪戯っぽく言ってやった。

「試験、これからだろ?」

「……うん!」

 姫宮は大きく頷いた。

 姫宮は信也の横を過ぎてスペースへと駆けて行く。そこにはさきほどまでの不安も悲しみもない。

 誰よりも明るい笑顔を取り戻した姫宮がいた。

 姫宮はスペースに立つ。試験が再開されテーブルには試験官が座っている。

 しかし雰囲気は最悪だ。ランクFという偏見は未だにある。加えて三木島を負かした相手の友人だ。試験を受けたところで落とされるのがオチだ。周りから向けられる視線も冷たい。

 どうする、姫宮。

 この逆境。

 これは試験と同時に試練だ。ここで果たして証明出来るのか。

 姫宮詩音の、アイドルの資質が試される。

 そんな重圧の中、姫宮が話し出したのは、

「いまさらなんですが、私、実は三木島沙織さんの大ファンなんです!」

「え?」

 三木島のことだった。

「異能学園のアークホルダー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く