話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能学園のアークホルダー

奏せいや

てめえみたいな|地獄(シナリオ)じゃぬる過ぎる。

 これは、まだ神崎信也が中学二年生のころだった。

「おいどうした信也、かかってこいよ!」

「や、止めてくれよ……」

 体育館の裏、人通りは少なく陰になった場所に、信也は五人の男子に囲まれていた。

「なんだよ臆病者、殴り返してこいよ!」

 信也の正面に立つ男、PTA会長の息子が腹を殴ってくる。信也は倒れ腹を抱えた。

「はっはははは! 情けねえ」

 周りからも笑いが起こる。

 信也は睨みつけてやろうかとも思ったが、目を伏せた。

 耐えることしか出来ない。

 それが自分に相応しい身分なのだと、どこか諦めていたから。

 だが、

 しかし、

 だとしても。

 立ち向かうだろう。

 ――彼ならば。

「おーおー、なにしてんだよてめら。俺もまぜろって」

「お前、錬司!?」

 そこへ現れたのは獅子王錬司だった。ニヤついた笑みで立っているのに、肩まで伸びた白髪が揺れる様は優雅だ。

「錬司……」

 信也は横になりながら錬司を見上げた。

「一人に対して五人かかりが。はっはははは! とんだ臆病者の集まりだぜ」

「んだとてめえ!」

 錬司の悪態に少年が近づく。けれど錬司も黙っていなかった。

「うるせえ! どこが違うんだよ、お前がこいつを殴った、違うのか?」

「ああそうさ! 俺が殴った。だからなんだ? 訴えても無駄さ、俺の父親は警視長官だぞ? どんな問題だってもみ消してくれるさ。それに、俺になにかしてみろ。お前に地獄見せてやる」

 ゲラゲラとした笑い声が聞こえる。

 信也は絶望した。あまりの理不尽と悔しさに涙を流した。

 生まれつきの境遇ランクで、こうも決められてしまうのか。

 悔しいのになにも出来ない。

「出来るさ」

「え?」

 聞こえた声に、信也は顔を上げた。

「駄目だ錬司、手を出したら」

 信也は声を掛けるが錬司は止まらない。

「てめえが地獄を見せてくれるだ? ハッハハハ! 片腹痛いわ! てめえみたいな地獄シナリオじゃぬる過ぎる。俺はなあ、特別オリジナルになるんだよぉお!」

 それから錬司と五人での喧嘩が始まった。錬司は主犯の少年の股を蹴り上げると鳩尾に拳を叩き込む。それで終わり。次に相手のパンチを逸らすと相手の膝を横から踏みつける。

「ぎゃあああ! 折れた、足が折れた!」

 次々と相手を無力化していく。人数などものともしない。権力なんて関係ない。

 獅子王錬司は絶対に屈しない。

 自分の可能性を信じてる。

 そして喧嘩は終わった。錬司の周りでは少年たちが倒れ呻き声を上げている。

 すると錬司は信也に振り向き歩み寄ってきた。片膝を付き手を差し出した。

「ほれ、助けに来てやったぜ、泣き虫信也」

 相変わらずの悪態で錬司は手を伸ばす。けれど悪意のないその顔に、信也は見入っていた。

(ああ、同じだ)

 思い出す、かつて夕焼けの空の下で見た、彼の横顔を。

(なんて、まっすぐな瞳だろう)

 信也は錬司の手を取った。

 翌日だった。怒り心頭でPTEの会長がやってきた。

 部屋には錬司と信也、錬司によってぼこぼこにされた少年は腕にギプスを嵌めており、教師数人と一緒にいた。

 PTE会長の女性は紫のタイトスカートにソフトクリームのような巻髪に眼鏡をかけていた。

「これはいったいどういうことザマス! 私の可愛い周二しゅうじちゃんがこんな目に遭うだなんて! すぐにこんな野蛮なやつは退学にすべきザマス!」

「まあまあ落ち着いてください会長、まずは事情を聞いてからでも」

「そんな必要はありません。見なさい、この不良顔。こいつが悪いに決まっているザマス」

「おーおー、すげえ偏見だぜ」

 錬司がぼやく。

「お黙り!」

 会長は唾を吐くのも躊躇わず叫んでいる。

 権力に任せて押し通す気だ。

 信也は下唇を噛んだ。

 なにも出来ないのか? 今回も? 悔しさに震える拳を振るうことも、不正に勇気を持って叫ぶことも。

「異能学園のアークホルダー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く