Evil Revenger 復讐の女魔導士 ─兄妹はすれ違い、憎み合い、やがて殺し合う─

MST

初陣

 剣を構えて、男が立っていた。
 私と同じ金髪に、鋭い目を周囲に光らせている。
 それは、兄だった。
 辺りには、大勢の魔王軍兵士の死体が転がっている。
 血に塗れたその姿、だが、それは全て返り血のようで、兄自身はまったく傷を負っていないようだった。
 尚も数人の兵士が突進していくが、兄は軽々とそれを斬り伏せる。このままでは、味方への被害が拡大するばかりだった。
 私は意を決して、剣を構えた。
 そして、遂に兄がこちらに気づいた。
 鋭い形相で、こちらを睨んでいた。
 昔から散々睨まれ、恐れ続けたその目は、戦場において、さらに鋭さを増している気がした。
 怖い。恐ろしい。
 逃げ出したい恐怖を振り払って、私は全力で駆けた。
 私も、昔の私ではない。
 ネモに鍛えてもらった実力を、今こそ示す時だ。
 兄に向けて、気合いの一閃を繰り出す。
 だが私の剣は、あっさりとかわされ、空を斬った。
 まだだ!
 2度、3度、剣を振るうも、その動作はあまりにも緩慢で、まったく当たらない。
 おかしい。
 訓練の時のように、思うように体が動かない。
 実戦の緊張感がそうさせているのか?
 それとも、私に染み付いた、兄への恐怖がそうさせているのだろうか?
 兄の表情に焦りや動揺は、一切なかった。
 次の瞬間、私は兄に殴り返されていた。
 兄は何故か、持っていた剣を使わず、私を殴りつけた。
 まるで、子供の頃と同じように。
 後ずさる私に、兄は拳の追い打ちをかける。
 顔面を殴られた私は吹っ飛ばされ、地面に転がった。
 なんとか、体を起こすと、兄に胸ぐらを掴まれた。
 兄が睨んでいる。
 本当に、昔と同じ目で、睨んでいた。
 怖い。悪魔のような眼だった。
 兄は胸ぐらを掴んだまま、空いた拳で何度も私を殴りつけた。
 痛い。
 私は何もできず、ただ殴られるだけだった。
 痛い。
 誰か助けて。
 その時、待て、と兄を咎める声がした。
 ネモだった。
 ネモが剣を構え、兄の後ろに立っていた。
 兄はそれを見て私を放すと、立ち上がって剣を構えた。
 雄叫びを上げて、斬りかかるネモ。
 だが兄は、その斬撃を易々とはじき返した。
 剣を弾き飛ばされ、ネモは仰向けに倒れる。
 兄は、ゆっくりとそれに駆け寄っていった。
 兄が止めを刺そうと、剣を振り上げる。
 だめっ!!
 私は、兄の片足にしがみ付いた。
 お願い、やめて兄さん! その人は、私の大切な……
 私は叫んだ。必死に訴えた。
 私の大切な人なの! その人だけは、殺さないで! お願い!
 兄は、私の顔を蹴りつける。
 何度蹴られようと放すまいと、私は両腕でしがみ付いた。
 今度は兄は、私の顔を踏みつける。
 何度も何度も、踏みつけた。
 痛い、苦しい。でも、放さない。
 いつまでも放そうとしない私の腕に、遂に兄は剣を突き立てた。
 激しい痛みに、手を放す。
 剣が引き抜かれる。私は痛みに悲鳴を上げた。
 だが、そこまで。
 それ以上の私への追い打ちはせず、兄は再びネモに向かって剣を振り上げた。
 なぜ? 私が憎いなら、私を殺せばいいじゃないか?
 あなたはなぜ、私を殺さず、苦しみだけを与え続けようとするのか?
 剣が振り下ろされる。
 もう止められない。
 刃が、ネモを切り裂いた。
 私の金切り声が響き──



 気が付くと、見慣れない天井があった。
 息が荒い。
 汗がびっしょりだった。

「大丈夫か? チェント」

 声の方に目を向けると、ネモがいた。
 そうか、あれは……夢?
 私は反射的に、ネモに飛び付いた。
 ネモは驚いたようだったが、振り解いたりはしなかった。
 温もりを、鼓動を確かめる。
 彼は確かに生きている。
 あれは間違いなく、ただの夢だったのだ。
 私はテントの中にいた。
 魔王領に侵攻してきたベスフル軍を撃つため、私達は軍を伴って出撃してきたのだった。
 接敵ポイントまではまだ距離があり、ここは道中の夜営地の中だった。
 この小さなテントには、私とネモの2人きり。
 辺りは、まだ夜のようだ。

「どうした?」

 彼の声は優しい。

「夢を見たの。あなたが、兄さんに殺される夢」

 夢で本当に良かった、と彼を強く抱きしめた。

「初めての実戦を前に、少し緊張しているだけだろう。今のお前は強い。何も心配はいらないさ」

 彼は私を安心させるよう、そう言った。
 私は抱きしめていた手を放し、彼の眼を見た。
 そして、確かめる。

「あなたも、死なない?」
「俺はお前のように強くはないが、お前が傍にいてくれれば、大丈夫だ」

 言って、彼は私の頭を撫でた。
 訓練の時は変わらず厳しい彼だったが、それ以外の、2人きりでいる時の彼はとても優しい。
 そんな大切な彼との居場所を作っているのは、ここ魔王領。
 そして、それを壊そうと迫っているのが、兄の率いるベスフル軍だった。
 ベスフル軍は、降伏させたレバス軍を吸収した連合軍となり、勢力を増して魔王領に迫っているという。
 絶対に負けるわけにはいかなかった。
 もっとも現時点で、魔王領内でベスフル軍に敗北する可能性を考えている者は、殆どいないようだ。
 これまで、ベスフル軍と直接戦ってきたのは、魔王軍に従属していたレバス軍であり、魔王軍は、一部の兵と兵糧を貸し与えていたに過ぎない。
 ベスフルとレバスの連合も、戦いを続けて疲弊した軍同士が寄せ集まったにすぎず、ほぼ無傷の魔王軍が負けるわけがないというのが、こちらの人々の見解だった。
 兄が魔王軍に敗れるなら、それでいい。
 あそこに私の居場所はないのだから。

「ごめんね、私から言い出したことなのに。情けないよね」

 私は、ネモに向かってそうこぼした。
 今回の出陣は、私自ら希望したものだった。
 ネモは、最初は、かつての仲間たちと戦うことになる私を気遣って、戦いに参加しなくて済むように計らうつもりだったようだ。

「放っておいても、ベスフル軍は負けるだろう。元の仲間たちの悲惨な姿を、わざわざ見に行く必要はない」

 ネモは、私にそう言ってくれた。

「ううん、あの場所にいるのは、私の仲間じゃない。ちゃんと決別するためにも、私自身に戦わせてほしい」

 私は、確かにそう言ったはずだった。
 そう決心したはずだった。
 だが戦う前からこの有様では、何のために出陣してきたのかわからない。
 自分が情けなかった。

「それだけお前の中には、兄への恐怖が刻まれているということなのだろう」

 幼いころに刻まれた恐怖は、そう簡単に消えないものだ、とネモは私を慰める。
 彼には、私の過去のすべてを話していた。
 兄と過ごした悲惨な日々も、ベスフルでの出来事も、何もかも。

「今から戻るか? 俺とお前の2人が欠ける程度なら、許しは出るはずだ」

 彼は言った。
 そんなことをすれば、今回の出陣に私を推薦した彼の名前に傷がついてしまう。
 でも、彼はまったく気にしていないようだった。

「ありがとう。でも大丈夫。私、戦えるよ」

 あなたがいてくれるから、そう言って笑って見せた。
 彼の優しさに、期待に応えるためにも、ここで退くわけにはいかない。

「わかった。今は体を休めておけ。明日には、いよいよ敵と接触する可能性があるからな」

 彼は私を寝かせると、自身も横になった。
 そうして、夜は過ぎて行った。



 翌日、朝日が昇るか昇らないかの頃に、私達は出発した。
 これから戦場となるのは、魔の谷と呼ばれる場所である。
 そこは、左右を高い丘や崖に囲まれ、長く伸びた、魔王領までの道。
 平時であれば、なんてこともない、ただ長く続くだけの山間道だった。
 私が魔王領に来た時にも、馬車で通過したことのある場所だった。
 だが、そこが戦場となれば話は違う。
 中央の山間道を馬鹿正直に大部隊を率いて進めば、左右の崖から矢を射かけられるだけで、大損害を被るだろう。
 故に、それを警戒するなら、左右の丘や崖の上を移動するしかない。
 しかしそちらは、大人数が通れるような整備された道はない。
 人1人が通るのがやっとの道、ロープがないと登れない崖などが続く。
 高低差で優位に立つために、より高い場所を進もうとするほど、道は険しくなり、大部隊で進むことを困難にしていくのである。
 魔王軍側は、この谷を戦場にすると決めた時、部隊を3つに分けていた。
 大部隊が戦うには適さないこの場所。
 こちらの主力をぶつけるのは、魔の谷を抜けた先と決め、だが、大部隊が戦うのに適さないこの谷を、何の損害もなく素通りさせてやる必要はないという判断だった。
 今回は、地の利を生かして少数精鋭の部隊を配置し、一方的に損害を与えてから撤退するという作戦である。
 敵軍の完全な殲滅が目的では、なかった。
 私達は、その内の1部隊に配属されている。
 一番少数となるその部隊は、今、険しい崖を登っていた。
 部隊の全員が、崖を登りやすい軽装で、弓矢とショートソードを携えていた。
 兵士は全員大柄で、逞しい体つきをしていた。
 私が、この部隊で一番小柄なのは間違いないだろう。
 ここに来るまでも、周りの兵士たちは、私を明らかに訝しむような眼で見ていた。
 どうして、よそ者の小娘が付いてくるんだ? とでも言いたげだった。
 それは、仕方のないことなのかもしれない。
 私は今はまだ、何の戦果も上げていない。
 ネモの推薦と、祖父である魔王の後押しにより、特例で部隊に組み込まれただけの小娘なのだ。
 左下に見える山間道は、静かなものだった。
 そこをベスフルの部隊が通れば、すぐにわかる。
 崖の上から敵を待ち伏せし、頭上から弓矢を降らせ、反撃を受ける前に離脱する。
 私達の部隊に与えられた任務だった。
 谷に入る前の部隊長の説明を思い出す。

「我々は、このポイントで敵部隊を待ち伏せる」

 そう言って、部隊長は地図の一箇所を指した。
 そこは、敵から発見されにくく、また発見されても、よじ登るには困難な断崖絶壁の上だという。
 残る2部隊が、反対側の丘から突撃し、一撃離脱を試みる。
 それを空から矢で援護し、2部隊の離脱を確認したところで、こちらも撤退するという手筈になっていた。
 待ち伏せのポイントまでは、半日ほど歩くと聞いている。
 だが──
 半日経たぬうちに、私達の部隊は足を止めることになった。
 先頭が足を止め、後ろを歩く私達に合図を送る。
 敵を発見したという合図だった。
 全員が息をひそめ、見つからぬよう、体を伏せる。
 見ると、左下の丘の上を、ベスフルの兵士たちが歩いているのが見えた。
 人数は、こちらよりはわずかに多いが、小部隊だった。

「敵も待ち伏せに備えて、偵察部隊を出していたようだな」

 ネモが小声でささやいた。
 待ち伏せポイントに到着する前に、敵を発見した。
 それはすなわち、敵の進軍速度は、こちらが思っていたより早いということだった。
 まだ敵は、こちらに気づいていないようだ。

「今すぐ、仕掛けますか?」

 部隊長たちが相談する声が聞こえる。
 彼らは迷っているようだった。
 今いるこの場所は、待ち伏せする予定だった場所と違い、敵の位置からここまで、充分駆け上ることができる坂でしかなかった。
 上側にいるこちらに利があるには違いないが、一方的に射かけるということにはなりえない。
 必ず反撃を受けるだろう。
 そして、部隊の人数の上では、僅かにこちらが負けている。
 何より、今ここまで通ってきた道は、速やかに退却できるとは言い難い道であった。
 戦って生き残るには、敵を撤退させるか、全滅させるしかないのである。
 だが悠長にしていては、敵部隊が通り過ぎてしまう。
 部隊長は決断した。

「……仕掛けるぞ」

 私は、自分の体に緊張が走るのがわかった。
 魔王領の住人達は、そもそも平均的に体が大きく、力も強い。
 少々数で劣っていようが、自分達より非力な人種相手に負けるはずがない、という自信と意地があるようだった。
 遂に、戦いは始まろうとしていた。

「Evil Revenger 復讐の女魔導士 ─兄妹はすれ違い、憎み合い、やがて殺し合う─」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く