話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

終末デイズ〜終末まで残り24時間〜

HaL

酒井 東夜の章:6

それでいい、と彼女は笑った。
そうこなくっちゃな、と彼は嗤った。
それでいいんだ、と僕は決めつけた。
彼は拳を握りしめて振り上げる。
そしてその拳が振り下ろされようとした瞬間に彼の腹に正拳突きが一発放たれた。
彼女の拳だった。
予想だにしなかった彼女の奇襲は僕と彼の時間を止めて制止、そして僕の腕を掴んで数メートル先の自転車まで引っ張った。
「ほら、東夜君!早く!」
彼女は僕にサドルに乗るよう催促して荷台に乗った。
いわゆる二人乗りの体制にしようとしている。
僕はペダルに足をかけて、最初からフルスピードで駆け抜けた。
その時彼女は僕の腰に腕を回して、首を回して後ろを向き、大きな声で叫んだ。
「今まで育ててくれてありがとう!!もう今日は帰ってこないから、夫婦仲良くしていろよー!!」
ベー、と舌を突き出しながらそう言い放った。

「終末デイズ〜終末まで残り24時間〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く