NPC勇者〇〇はどうしても世界をDeBugしたい。みたい!?

激しく補助席希望

第3話B 勇者はどうしても名乗りたくない。みたい?


 勇者はまさに、背中に掲げた資金無限の文字が霞んで見えなくなる位の精神的圧迫をうける。それは、勇者に短期的な記憶障害を生み出す程だった。

「あうあう、あれ、なんで、おれここ・・」

 そんな涙も枯れた勇者の狼狽も、店内の爆笑の渦にかき消される。しかし、その中でただ一人笑っていない者がいた。マリーナである。

「かわいそうに。そんな名前だから偽名を名乗ろうとしたのね。同情するわ」

\テテーン/ NPC マリーナとのコミュが上昇しました。ランクは、0です

「いやあんたが一番酷いだろ!!」

「いいのよ、もう。マルマルさん。強がらなくていいわ、私は笑わないから。」

 水入りのコップを一つマリーナに差し出される。勇者は泣きながら飲み干した。その時・・

「さぁっきからうるせぇーぞてめぇら~~!!黙って飯がくえんのかぁ~~!!」

 今まで姿が見えなかったが、厨房の奥から姿を現したのは他でもない。大魔道飯店店長にしてコック長、ガリガリに痩せた緑の肌に豚の鼻、2本の角に大きく上向きにとがった耳の自称:食の大魔道師、ミンギンジャンその人だった。

「次に店の中で、でけえー声を出した奴から俺の料理魔法の餌食にしてやる!いいかァ!!」

 店にいるみんなが急に大人しくなるが、誰しもが一番うるせーのはお前だよと内心思っていた。

 勇者は遅れて出てきた店主の顔を見る。この『サウザンドオルタナティヴ2』をプレイしてから初めての自分の見知った顔だった。まぁ知ってると言ってもそれは前作のキャラで、相手からしても全くの他人なのでこちらが一方的に知っているだけなのだが・・・

 ミンギンジャンの顔を見ていると段々とある感情が沸き上がる。かつて前作では飯代が払えないからと言って情け容赦無く装備品をはぎ取られ、素材集めのクエストをコイツから受注するとこれまた微妙な時間設定により失敗、クエストをクリアしたところで感謝の言葉もない。それがミンギンジャンだ。勇者の心には最早平和はない。

「ううう~貴様ミンギンジャン!!元はと言えば貴様が昔からもっとうまいモン作ってさえいれば俺はここで赤っ恥をかかなくても良かったんじゃないか!!このクソッタレめ!!」

 この大魔道飯店に入店して店主にそのような口を効いてきたのは自称勇者の彼が初めてだった。しかし彼のキレている理由に周囲はおろか本人すら全く話が追い付かない。酒場の客は口々に「え?何の話?」と顔を見合わせる。

「勝負だミンギンジャン!ここで一番高い酒と高い食い物持ってこい!!俺が満足すれば好きなだけ金を払ってやる!」


 結論を言おう。勇者〇〇に難癖付けられた店主はしぶしぶ料理(時価1780G相当)を作る。勇者〇〇は前作との料理の質の違いに驚き感服する。そして自らの財布を取り出し、「ここから好きなだけ金を取ってもいい」と太っ腹な態度を見せ、辺りを驚かせる。そして勇者の財布を開いたミンギンジャンは中に100G金貨一枚しか入ってないことに気づき、これまた周囲共々驚かされる。そして店にいた全員に袋だたきにされ、店の外のゴミ捨て場に投げ捨てられる。

「フン。HPは1だけ残る様にしておいた。もう二度とこの辺彷徨くんじゃねーぞ!」



「フヒャ・・ちが・・金の、渡し方間違っただけ・・・」

 ゴミの中でピクピクと蠢く勇者をマリーナが棒を使って突いてくる。

「あちゃ-。パパに派手にやられちゃったねぇ。片目それ見えてる??」

「・・な、なんとか」

「パパああ見えても昔は結構凄腕の冒険者だったんだってよ?これに懲りたらもうウチの店にちょっかいださないでね?」

 マリーナがこっちの顔をのぞき込む。目に入った血の固まったカスを片手で拭いながら、力なく勇者はうなずく。

 なぜかその時、キュンという何か、小動物でも踏みつぶした時の鳴き声みたいな音が聞こえた。

 急にマリーナが挙動不審になる。

「ま、まぁ、あなたがどーしても私に会いたくなったなら?お店来ても良いけど別に?明日とか・・・」



「はい・・まぁ・・・・・はい?」

「じゃ!そういうことで明日お店で待ってるから!!ちゃんと怪我直して来てね!」

 頬を染めたマリーナが小走りで店の中に入っていく。

「つーか、何?え?なんでこの状態であの人、恋する乙女みたいな反応してたの?え?Sなの?ドSなのあの子??は?!?!」

\テテーン/ NPC マリーナとのコミュが上昇しました。ランクは、9です

「いやいやおかしいでしょ。なんで?なんでなのメニューボード君。あの人のコミュ最初-1で、その後0になったけど今いきなり9っておかしいでしょ。何?バグ?」

 詳しく調べようとステータス画面を調べていると、『もう一つのメニューボード』が激しく振動し反応する。

「・・・『黒いメニューボード』起動!」

 相変わらずの文字化けメニューだが、今度は中段辺りに読める行が増えている。そこにかいてあるのは・・・

―動作「ウィンク」で信頼度MAX ON OFF可ー





 ・・・あ、目を擦った時! あー。 えぇー。


 第3話 END

「NPC勇者〇〇はどうしても世界をDeBugしたい。みたい!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く