NPC勇者〇〇はどうしても世界をDeBugしたい。みたい!?

激しく補助席希望

第11話C そして勇者は狸寝入りをする。みたい??


(いやいやいや!なんだそりゃおかしいだろそのこじつけ!酷いにも程があるぞ!大体にして、ハックが適当な復活魔法使わなかったらそこまで酷くなる話じゃ無かったんじゃないの!?)

「散々食い散らかし、食い逃げ同然で店から逃げた我々がミンギンジャン殿を説得するのはとてつもない試練であったが、ついにその究極魔法をこの目でみる日が来るとは。勇者殿には感謝しているよ。」

(あれ・・?こいつ・・おいワザと失敗しただろお前)

「でも、なんか恥ずかしい名前だったよねーくふふ」

「た、確かに。究極魔法の名前が『フレッシュミートにないたいの~』ですもんね。娘の私でさえ、聞くに堪えませんでしたよ。」

(なんだそのくそだせぇ名前!効果もだせぇし名前もだせぇ!!ミンギンジャンが唱えたの!?つーか、完成させたの本人だよね?自分で名前付けたんじゃないの??)

「しかし魔法が成功した後の・・彼には困ったものだよ。」

「・・うん、まさか料理魔法にあんな制限があるなんて。」

「どうりでスパイスとか調味料にこだわってるとおもったよぉ」

(え・・?何・・!?まだなんかあるの?)

「彼曰く、『人様の口にはいらねぇものなんて、それは料理とよべねぇ!ただの料理人のエゴだ!そんなモンに本当の奇跡は起きない!!』だ、そうだ。」

「まさか、『灰』から一度『ミンチ』状態に戻して、『アレ』でハンバーグを作るなんて・・・」

(はぁぁぁぁ?!俺ハンバーグになったの!?てか今さりげなくアレ扱いしたよねマリーナ)

「3人で乾杯した、あのハンバーグの味、一生忘れられませんね・・・」

(ちょっとなに人の肉で作ったハンバーグで乾杯してんのコイツ等?バカなの?死ぬの?てか喰いよったしコイツら!俺の肉喰った!!)

「でもマルたん、あの後元の身体に戻ってほーんと良かったよ。」

「あぁ。だが、まだ意識は戻らない。肉体は安静にしておかなければな。」

「いつか帰ってきた時の為にですよね!?あーマルマルさん早く帰って来ないかな-。」

「案外それは、すぐ近くかも知れないぞ?」

(うっ!!脳内ツッコミに全力出してて忘れてたけど、完全に起きるタイミング逃しちゃった!)

「おっとすまない忘れていた!二人とも頼みがある。私は街まで戻って神殿に用事を済ませて来るので、その間に、勇者殿の『シモ』の世話を頼めるかな?」

(・・・え?・・・えっ・・・?)

「いつもハックさんにやらせて迷惑ばかりかけていますものね。解りました。」

(エッ・・?いや!いやいや!!嫌な顔一つせず、引き受けてくれた事には感謝するマリーナ。だが!なんかこう・・・恥じらいとか?あっても良くない!?)

「はーいマルたーん。今日もたっぷり『お掃除フキフキ』してあげるからねぇ~」

(あ、言った。コイツ、『も』って言った。言いよった。ははは、人生ってこんなにもあっけないもんなんだなぁ・・)

「あらマルマルさんの目から涙がこぼれて来ましたよ?」

「なに、肉体の条件反射的なものだ。気にするでないマリーナ嬢、では頼むぞ」ガチャッ

(ハック!出て行かないで!助けて!!!)

「うえっへっへー!実はねー、マリリーたん。条件反射は他にもあるんだよ~~?こうやって『ココ』をフキフキすると・・・」

「え!?何か『反応』するんですか!?私もマルマルさんの為になるなら何かしたいです!!教えて下さい!!」

(てめぇタリエル!!やめて・・・もう、やめてよ・・おおよそ何の話ってか、『ナニ』しようとしてるか見て無くても、『それ以上いけない』事ぐらいわかるから!マリーナもなんでそんな事ばっかり積極的なんだよ!君にはまだ早い!)

 身体にかけられた毛布とシーツがゆっくりとはがされる感覚がする。最早動悸がとまらない。胸の辺りまでめくられる。もう『へそ』まであっという間だぞ!?どうする、どうする『勇者〇〇』!?






「そ、それ以上毛布めくっちゃらめえぇぇぇぇぇ――――ーっっっ!!!!」




 勇者はなんとも情けない声で飛び起き、めくられようとする毛布を二人から取り返す。その後二人から発せられるであろう大絶叫のショック防御の為に目をぎゅっと瞑り態勢を整える。

 ・・・が、一向に大絶叫は聞こえてこなかった。

「・・・ん?・・・あれ・・・??」

 おそるおそる目を開ける。そこには静かな怒りを露わにする表情の、二人がいた。

「・・も、もしかして・・」

「あぁ、勇者殿。最初から気付いていたさ。全部ね。」

 視界の死角から部屋から出たはずのハックが現れる。手に思っている木の板には、「勇者殿は起きてるが寝たフリをしている」と書いてあった。つまり・・・

「最初に私がココに入ってきた時点で気がつき、この板に字を書いた。二人には、部屋に入ってきた瞬間にコレを見せ、付き合ってもらったのだよ。さて、勇者殿。折角ソナタには墓石も『すでに用意されて』あるし、そこに刻む最後の言葉でも聞いておこうか?」

 結構本気で怒っているような表情のタリエルとマリーナが両サイドからずんずんと近づいて来る。もう、手遅れのようだ。





「あー、まぁ。ははは、2人共、きょ、今日も良い天気だね」


「「あんだけ心配かけといて最初に言うのがそれかぁッッッ!!!!!」」




 女の友情ツープラトン、クロスカウンターが勇者の顔面に見事に決まったのだった。





第11話 END

「NPC勇者〇〇はどうしても世界をDeBugしたい。みたい!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く