NPC勇者〇〇はどうしても世界をDeBugしたい。みたい!?

激しく補助席希望

第6話A 勇者はどうしても装備を調えたい。みたい?

 あれからだいぶ時間は掛かったが、目的の装備はなんとか一揃い揃える事が出来た。やった事と言えば、100G以内で買える未鑑定品Fランクアイテムを一つ買い、その場で鑑定してもらって気に入らなければ即売る。これを繰り返す。

 何十回と繰り返しているうちに、いつの間にかタリエルとのコミュランクが2に上がっていた。そりゃ当然だろう。『鑑定局で購入後に即鑑定、即売却』なんて鑑定局しか得をしないから普通のプレイヤーは絶対しない。

 普通の店では販売商品を自由に価格設定出来るのに対し、鑑定局では絶対に商品の価値を下げるような物の売り方はしない。販売は原価以上、買い取りは半額以下。それが鑑定局員の鉄の掟である。その代わり、一般的な店舗では取引できない未鑑定品なども引き取ってくれる。・・・まぁ、一桁Gでの話だが。

「ほ、おほぉぉぉ~~!!マルたんはファステ支部の紛れもなく『勇者』様だよぉぉ~!これからも店の販売成績という名の世界を救ってぇ~!」

 いつの間にか完全に営業モードを解き、完全にとろけきっただらしない顔を見せている。しかも勝手に人の事をマルたん呼ばわり。ハックは隣で信じられないという出で立ち。

「ゆ、勇者〇〇殿。自分が何をしているのか分かっているのか?そんなFランク装備、そこらの店で買える値段の軽く10倍以上は損をしておるぞ?ダンジョンで一回探索すれば1日程度で揃えられる物を・・・勇者〇〇殿がタリエルの私腹を肥やしても百害あって一利も無いというのに。」

 俺だって好きでこんな事してアイテム入手してる訳じゃないんだが、あいにくと100G以下ならいくらでも損したって構わないからな。

「まさか新規のお客様がここ何日か分の売り上げよりも稼がせてくれるとは。これも美少女鑑定士に生まれた私の性なのね。あぁ、可愛いって罪!あ、ハックさん商売の邪魔なんで帰ってもらえます?こちらの太客さまと大事な商談があるので」

「クッ!大抵の場合私の書いてくる魔導書の売り上げでしか月のノルマを達成出来ていないと言うに、新たな稼ぎが出来た途端この変り様。まさに<現金の亡者キャッシュグ―ル>の名にふさわしい行い!」

「だからそのちっとも可愛くない<通り名>で呼ばないで下さいと何度も言ってるでしょーに。ハックさんはいいですよねー<錬金術の師マスターアルケミスト>だからどこで誰に呼ばれても恥ずかしく無いですもんねーいいなー。」



「通り名って何です?」

「え!?マルたん知らないの!?実績解除でもらえるあざなだよ。メニューボードで自分の確認出来るから見てみなよー!」

「あー称号の事ね。へぇ、前作じゃ何も使い所無かったけど『2』じゃそんな使われ方するのか。そういえばレベルアップした時ステータス確認してなかったな、どれどれ??」

 メニューボードを取り出してステータスを確認する。そこには大きくとんでもない言葉が表示されていた。



プレイヤー名:勇者〇〇 種族:人間 
通り名:<負け犬グッドルーザー
解放条件:連続で同じ敵に10回以上戦闘で負ける。


 サァーっという音が聞こえる程、冷たい空気が3人の間に流れるのを感じた。タリエルに至っては自分で話を振ったくせにあらぬ方向を見て吹けもしない口笛を吹き始める。

「・・・辛い経験をなされたのだな。だが『勇者』を名乗りその覇道を突き進むには、それも必要な事だと私は思うぞ?」

「いいんですハックさん。もうすでに人としての尊厳なんてとっくに失っていますから・・」

「よ、よしそうだ!私が<錬金術の師マスターアルケミスト>として、そなたに別の通り名を付けてやろう!えー、ソナタの人柄からとって・・・<二重丸の勇者ダブリング・ブレイブハート>なんてどうだ?」

「・・それただ名前を格好良く言い直しただけですよね?」

「ぶっ!くく・・・失礼、急に喉の調子が。アーオホン!これで良くなったーよかったーカゼかなー。」

「今絶対笑っただろタリエル」

「こら!よさんか!本人が目の前にいると言うのに!」

「いやいやハックさんもそれ中々失礼ですけど?」

「まけいぬ・・ぷくく」

カチンッ!

「あ?言ったね言っちゃったね。さっき散々儲けさせたってのに!こっちは言うに言われぬ事情でこんな名前で苦労してるんだよ、それをそんな風に言うとどーなるか分かってるのかな?鑑定局員さん?」

「ほら!勇者殿も怒ってるじゃないか、謝りなさいタリエル。」

「は~いすいませんでしたぁ~。ふ、うふふ、うぷぷ」

「ちっとも謝ってないじゃないか!もう許せん!!」

 勇者は店の奥に飾ってある多分この店で一番高いであろう胸当ての装備を指さし、怒気を感じさせながら言い放った。それは『鑑定局員』を怒らせるのに十分効果があると知っていて。

「あのハーフプレート、是非買い取らせてもらおう。『100G』に『値引き』してもらってな!」

「いっ!?」

「・・・・・・はぁ?」

 タリエルの雰囲気が砕けた物から一気に変化する。当然だ。『鑑定局員に値引き』だなんてドラゴンの逆鱗に触るが如き冒涜だ。タリエルの顔が恐ろしく冷たい表情に変る。横で聞いているハックの方が慌てている。

「勇者、さんさぁ。それってどう言う意味で言ってるか分かってて言ってますよね?後からこの胸のバッジが見えなかったなんて理由にならないんですけど?」

「もちろん分かって言ってる。だからはやくそれを『値引き』してくれ。」

「よさないか二人共!これ以上はいけない!手遅れになる前に!!」

「いーやハックさん。残念です。さがってて下さい怪我します」

 タリエルが一つ、大きくゆっくりと深呼吸をすると一気に怒りの表情を見せ怒号を発する。

「言うに事欠いて!!この鑑定局の支社内で!大陸全土に安全で公正な取引を信条とする認定局員課程卒業証明バッチをつけたこの私に!!それがまかり通ると本気で思ってるのかァ!!」

 恐ろしい程の人の変りよう。ついさっきの人食いグリスリーが可愛く感じられる程の覇気だ。無理も無い、このゲームで『鑑定士』及び『鑑定局員』の職業になるのは並大抵の努力では出来ない。

 大陸中のドケチの中のドケチが揃う鑑定局の局員課程に入学するにはとてつもない資金が必要で、それまでに節約に節約を重ね、1Gも損をしないためにはどうやって生きていけば良いかを入学する前から血と体で学ぶ。

 そして見事入学出来たとしても常に考える事は物事への質と価値。命の次に重い、むしろ場合によっては命よりも重いゴールドへの執着を見事にマスターした者で、その中でも特に優秀な成績を収めた一握りの逸材にしか与えられない名誉ある称号、<現金の亡者キャッシュグ―ル>をもつタリエルに対して『値引き』しろとは、まさに今までの彼女の人生と苦労をすべて否定するような発言だ。もちろん許せる訳がない。

 タリエルは今や、黄金色に輝く怒りの亡者と化していた。怒りのあまり宙に浮いているようにも見える。あまりの事態にハックが勇者をかばう。

「むぅッッ!!なんというすさまじいゴールドへの執着!!あやつとの付き合いは中々に長いが、これ程までに怒りを露わにしたのは初めて見た!勇者殿、下手をすればあなたの命が危ない。奴を殺人者にする訳にはいかんので、ここは私が沈静化の魔法を使う!」

 勇者がニヒルな笑いを浮かべながら、ハックの肩を手で避けてタリエルの前に出る。

「いーやハックさん。ここでつかうのは沈静化なんてチャチな『魔法』じゃない、こういう『魔法』だよ。」

「グオォォォ!!!ユウシャァアアァァ!!ユルサナイィィ!!」

「さあタリエル、値引きしてくれ、『俺との仲』、だろ?」

 まるでバチーン!とでも音の鳴るかのような、そんな『ウィンク』が勇者の全力キメ顔から繰り出された!!怒りに我を忘れたタリエルに痛恨のダメージ!!

「・・キュ、キュウ~~ン!!!」

 \ テテーン/ NPC タリエルとのコミュが上昇しました。ランクは、9です

Aパート終了→

「NPC勇者〇〇はどうしても世界をDeBugしたい。みたい!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く