異能力で異世界充実 ―非現実の扉―

田所舎人

第46節

 アンバーに頼んだのは簡単に言うと菓子パンの製作だ。
 この世界には甘味が少ない。そして、パンの種類も多くはない。そこで貴族もパン職人も納得できる手段が菓子パンだ。
 例えばチョコチップメロンパンをこの世界に持ち込めば間違いなく客は付くだろう。その場合、俺だけが得をして、貴族やパン職人は損をする。だが、俺がチョコチップを提供し、貴族の麦を使い、パン職人がパンを作成してもおおまかには同じものができるはずだ。この場合、誰も損はしない。
 そのことによってまた不利益を被る人間が出てくるかもしれないが、少なくとも農村を持つ領地貴族を敵に回すことはなくなる。
 今回、アンバーに頼んだのは麦を挽いた粉を砂糖とバターと牛乳で練り、成形して焼いた菓子だ。簡単に言うとバタークッキーだ。
 さて、この世界で甘味が少ない理由だが主に人口に対する糖の生産量が圧倒的に足りない点だ。糖と言えば、蜂蜜や果物といった物が主で現代で流通する砂糖とはまるきり違う。しいて言えば、果物を煮詰めたジャムが高額ながら流通している。
 だが、現代で砂糖と言えば非常に安価で手に入る。
 砂糖を使った菓子パンをこぞって国民が買えば、俺も貴族も職人も儲かる。


 さて、夜も更けて小腹がすいてきたところでアンバーが作ったクッキーを持ってきた。それを皆で分け合い食べてみる。
 驚いた。初めて作ったとは思えない。
 表面から中までサクッとしている。口の中には濃厚なバターの香りとミルクのまろやかな風味が広がる。


「少し味が濃いかしらね」


 アンバーはクッキーを食べながらそう呟く。やはり、研究している。
 確かにアンバーが言うとおりこのクッキーは味付けが少し濃い。だが、俺には丁度いいぐらいかもしれない。たぶん、バターが多いのだろう。


「ハリソン。今度、砂糖とクッキーを持ってオルコット商会を通じて貴族たちに渡してくれ」


「分かりました」


 この意味が伝わらないようなら、俺はもう助け舟は出さない。
 どうせ俺も貴族の仲間入りだ。何も遠慮することはない。


「そういえば、カズキ様にこれが届いていました」


 アイリは紐で封がされたスクロール状の手紙を持ってきた。


「どうやら王族からの手紙のようですね」


 俺が受け取った手紙を見てハリソンが言った。


「分かるのか?」


「その手紙に使われている紐は一般に流通していませんから。一度解くと二度と同じようには結べない代物なんです」


「ってことは途中で誰かが開くとバレるんだな」


「そういうことですね。中身はなんと?」


「今開く」


 紐を解いて手紙を広げる。


「クララ、翻訳頼む」


「えーっと、要約すると明日の昼に爵位の授与式をするから王城まで来なさいだって。えーっと、そのあとに晩餐会もするから正装してくるようにだってさ」


「……急だな」


 授与式自体はあることは知っていたが、ブラッドさんになんて説明をしようか。とりあえず、休ませてもらうにほかない。面倒だ。


「仕方ない。明日、俺の爵位の授与式があるらしいから全員参加な」


「カズキ様! おめでとうございます!」


 一番に祝福してくれたのはアイリだ。


「ああ、ありがとう。明日の授与式の後に晩餐会があるらしいから、正装しないとな……」


 一応、奴隷は正装をしなくてもいいということになっているが、さすがに体裁ぐらいは整えておきたい。全員にフォーマルな服を買ってやらないと……。また金が飛んでいく……いや、もう少しで大金を手にする目途が付くんだ。これぐらいははした金と気前よく使おう。

「異能力で異世界充実 ―非現実の扉―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く