異能力で異世界充実 ―非現実の扉―

田所舎人

第163節

「いよいよ第四回戦! 待ちに待った武闘大会! 最初の対決のカードはコレだー!」


 そういって二つの垂れ幕が披露される。俺達三人の湿っぽい空気を吹き飛ばすほどの熱気が時々刻々と増していく。


「一人目は元冒険者のフラン! 今大会優勝候補の一人だ! この名前を知らない冒険者はもぐりと言われるほど、名の通った『紅き獣』! シード枠ということで第二回戦からの出場だが、二戦を通してかすり傷一つ負うことなく、圧倒的な実力差を見せつけたフラン選手! お聞きください、この歓声を! 男女問わず大人気です!」


 確かに、男女問わずフランの名前を上げる者は多い。フランはシーク人特有の筋肉質の体躯のためか非常にプロポーションが良い。女が惚れる女と言えばいいのか、アベル人の女性には無いあの強さに同じ女として憧れる物があるのかもしれない。男の方は……まぁフランは美人だからな。
 実況に名前を呼ばれ、登場するフラン。こうして見てみると、フランが俺の所有物だってことを忘れそうになる。アイドルを彼女に持つ主人公もこんな気持ちなんだろうか。自分と住んでいる所が違うと認識させられる気がした。
 あ、フランが俺にウィンクをした。


「二人目は王宮魔術師のロイス! 今大会では珍しく、両選手が女性という事もあり男性観客がいつにも増して動員しています! ロイス選手はその圧倒的な魔力と魔術により、対戦相手を悉く場外に縫い付けています! 接近戦も不得手ではなく、並の相手なら負け知らず! 彼女の功績として有名なのは裏魔術の体系化でしょうか! 今大会では未だ、裏魔術を使っていませんがこの試合で見ることができるか!?」


 ロイスと呼ばれた女性が登場する。
 ……思ったより若いな。フランと変わらないぐらいか?
 見た目はアベル人のようで、年齢としては二十歳いったかいってないかだ。西欧風の顔立ちは分かりにくいが、俺よりは絶対年下だろう。ピンク髪のツインテールとか、狙ってやってるとしか思えない。


「はーい。ロイスちゃんですよー」


 あ、この人苦手だわ。
 間延びした口調につけすぎた抑揚。キャラか天然か分からないが、俺は苦手だ。


「『紅き獣』対『裏魔術の師』! 試合開始!」

「異能力で異世界充実 ―非現実の扉―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー254917

    奴隷が増長してきてるね。これだから奴隷が出てくる話は嫌いなんだよ。

    0
コメントを書く