異能力で異世界充実 ―非現実の扉―

田所舎人

第141節

「うおらっしゃー!」


 メイスをフルスイングし、床に散らばった瓦礫をフィルに目掛けて弾き飛ばす!


「こんなのありかよ!」


 散弾となって襲いかかる瓦礫をフィルは伏せて躱す。


「ファールボールにご注意くださいっと!」


 観客に対し注意を呼びかけながらも瓦礫の散弾銃の手は止めない。
 フィルは伏せた状態のまま瓦礫を手に取り俺に投げつける。しかし、腕に当たった程度じゃひるむ程痛くはない。これならまだ魔獣に噛み付かれたほうがまだ痛かった。


「籠手も付けてない素人かと思ったけど、やっぱり兄さんは規格外だな……」


 足元にあった瓦礫のほとんどを俺が飛ばし終わり、周囲は穴ボコだけになっている。


「どうだ? ギブアップする気になったか?」


「いや、まだいけるさ」


 フィルは伏せた状態から爆発的加速で俺に迫る。それは通常の加速とは異なる、魔法の力でも借りたような加速だった。


「クッ!?」


 俺は咄嗟に魔力供給を断ち、回避行動を取ろうとする自分と、迫り来るフィルの攻撃を障壁で防ぐ自分の二人に板挟みになり結局、魔力供給を立ったままメイスでフィルの攻撃を受け流そうとする悪手に出てしまった。


「兄さん、油断したね」


 フィルは俺の袖を掴み、俺を引き倒した。メイスを振るって重心が前にあったせいで俺は簡単にバランスを崩した。


「やっぱり、タネがあったんだな。兄さん、あんた自分や道具の重さを軽くするか重くする魔宝石を使ってるだろう?」


「……ご明察」


 俺は転んだ拍子についた砂を払いながら起き上がる。フィルはそこに追撃はしてこなかった。


「そっちこそ、さっきのダッシュ。魔法の力だろ? あれは俺の油断っていうより、お前が上手だっただけの話だよ」


「じゃあ、少しは認めてくれるのか?」


「ああ。確かにフィル、アンタの実力は認める」


 俺はチラリと観客席に視線を向ける。こういうのが油断なのかもしれないが、その隙をわざわざフィルは狙ってこなかった。
 観客席にはアイリスとフランの二人が俺を心配そうに見つめていた。
 まぁそれだけなんだけど、それだけで負けられない気になる。


「でもな。やっぱり、女の子の前じゃ男の子はかっこつけたいもんなんだよ」


「青臭い事を言うねぇ。でもまぁ嫌いじゃないよ。青い奴から普通は死んでいくが、兄さんは青い癖にしぶとそうだ」


 フィルは短刀を構えなおす。俺もメイスを構える。
 何度目かの仕切り直し。互の手の内を見せびらかすような少し楽しい試合だ。

「異能力で異世界充実 ―非現実の扉―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く