無邪気な少女の異世界冒険記

敷島楓

第231話 絆と約束【魔王討伐【中編】】

「マリアと言われてたな小娘よ?」


「儂のステータスは、見れんぞ?」


「レベルは、150以上だけと伝えておこう」


「200は、無いですよね?」


「あってたまるか、そもそも封印時間が長いのだからレベル上げる方法などないのだからな!」


「いやまずい……実は、ありますよとか口が裂けても言えないし、黙っておこう」


「それで、全員でかかって来るのか? それともパーティーでも組んで戦うのかどうか決め解いてくれ」


「儂もサタンに、言っとかないといけない事があるのじゃが、儂のレベルより低い上に、全盛期の状態の上で、レベルは、爺さんまで上がってる状態で、更に封印も解け取るから本気で、儂の場合相手しないと一瞬でおわってしまうからな?」


「校長だからと言っても緒戦そんなにレベルが高い訳でもなかろうし、儂のギルドレベルは、SS以上だぞ?」


「若造が、儂はさらに上のSSS以上じゃがな、ま…時代が時代なだけに、お主が言うSSと儂らの世代のSSSじゃとちと違いがあり過ぎるかの~」


「じゃ~ 校長は、一人で来るて事だな?」


「構わんぞ?」


「そこの三人狐と、ルシファーの子供は、同じパーティーとみていいだな?」


「僕的に、問題ないです!」


「ルシファーは、勿論一人でくるじゃろう?」


「あたりまえだろうが、お前が俺に挑んできて8勝92敗だろう? 俺は、お前に92勝もしてるだから勿論一人に決まっている」


「私は、旦那になる男のハクと組んで、昔の借りを返すわね!」


「それじゃ~」


「誰からくるのだ?」


「僕達からでいいですか?」


「子供達からか、ま~よいかかってくるがいい!」




「それじゃ~」


「どこまでやれるか、僕自身は解りませんが、母とリーヴスラシルの足を引っ張らないように頑張りたいと思います」


「大丈夫よ、マリアあなたは、誇っていいほど強くなってきてるからね」


「そうですよ、姫様もこれからもっと強くなりますから安心してください」


始めから飛ばしていくように、お母様から全員に謎の付与がかけられる。全ステータス50%UPて何の魔法使ったら出来るのとお母様を見ると、人差し指を唇にあてて、内緒と言うポーズをとっている。お母様が僕を天才だと言っているが、そうでもないかもしれないと僕自身がそう思っていると、心を読まれたかのように、まだまだ経験が違うのよ? マリアは、生まれてきて…そもそもそんなに時間たってないのだから……マリアが七歳頃になった時に、絶対に私の過去を超えるとしか今だに信じてないからそんなに落ち込まないでねとお母様から言われる。

「無邪気な少女の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く