無邪気な少女の異世界冒険記

敷島楓

第141話 お爺ちゃんの家に長くお泊り【鍛錬の成果】

食卓に到着するといつも道理美味しそうな匂いがする。


お爺ちゃん達は、いつ寝てるのだろうと思うくらい朝が早く夜は、遅くまで何かについて話し合ったりしている。


今回は、お父様のお母様にあたる人が誘拐された事で、お婆ちゃん達とお爺ちゃん達が話し合ったりしていた――


食卓には、いつものメンバーのお爺ちゃん達が料理をしている。僕もと一緒に、料理しに調理場へと足を運ぶ。


お姉様は、居間がある場所で、ご本を読んでいる。


魔力と知力創作の技法と書かれた謎の本を見ている。


僕は、いつも道理洋食を順々に作っていく―― 作っていると? 何人かのお婆ちゃん達がお話を辞めて僕の所へと来る。


「どうしました?」


僕は、ついつい聞いてしまうと?


「マリアちゃんが料理してるの見たら何か知らないけど心から感動が生まれて、見に来ちゃったの!」


「料理は、誰かに習ったの?」「それとも創作料理なのかな?」


「そうですね、創作料理と料理の本を元に作ったりしてます」


「今度でいいからマリアちゃんの得意料理本を作って私達に頂戴」


「そうですね、美味しそうなのを何個かピックアップして、本を作ります」


僕は、お婆ちゃん達に約束をする。


そんな会話中も手は動き手際良く調理を始める。


やっと何品か出来上がり食卓のテーブルへと料理を運ぶ。


僕は、いつも道理ダイトカイトお爺ちゃんの所に座り――


お姉様は、シルフィーお爺ちゃんの所に座る。


すると、お婆ちゃん達がそわそわしている。


『『貴男!?』』いつもそんな事されているの?


『『そうですね、来た時からここに座ってますね』』


二人とも同時に同じ内容を告げる。


「そうですね、僕もお姉様も好きな席に座るはずだったのですが、高さが合わないので、お爺ちゃんの膝の上に乗せてもらってます」


「私もそのうち乗っかっているととても楽にお食事が出来る事を知ったので、あり難いです」


「そう~」


「一つ質問いいかしら?」


「僕とお姉様にですか?」


「何かされたりした事は、ないわよね?」


「意味が解りませんが、全て見せてるので特に問題は、ないと思います」


「全ててなに?」


「お前たちは、誤解してるだろうが、孫達とお風呂に入っているだけじゃぞ?」


「ま、問題があれば、スノーさんが言ってるはずだし昨日にでも……」


「それじゃ、この話はここまでにして、せっかく出来上がった料理を食べましょう」



『『『いただきます!』』』


みんなでワイワイと朝ご飯を食べる。そしてこの後の予定を聞くが答えてくれないが、勉強になるとだけ教えてくれる。


とりあえず、ごはん食べたら、泊まっていた鍛錬をお婆ちゃん達も含めてみてあげるから安心してねと話される。


僕は、久々に違う料理にチャレンジしたのを美味しそうに食べていると?


お姉様も半分頂戴と言って来るので、お皿に持って手渡すと?


「濃厚で美味しいパスタねこれは! と喜んで半分以上食べられる」


そして、食後が終わりデザートを食べて、ゆっくりと落ち着かれながら方付けをしつつ終わった人から順々に、お庭へと出て行く――


これから行われることは、お婆ちゃん達の指導だったとは、僕達は、予想できなかったがそれも新たな技のスキルとして学ぼうと思いながらお姉様と一緒に外へと向かうのだった。

「無邪気な少女の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く