無邪気な少女の異世界冒険記

敷島楓

第139話 お爺ちゃんの家に長くお泊り【人探し:連絡後の頼み】

お爺様達に、元仲間の冒険者の名前を告げる。


『ヴァナルカゼフ・ルシファー』元同期で、一緒に旅をしていた仲間この子に聞けば居場所が解るかもです。


但し、もしかしたら一つ願いを叶わないといけなくなるので、その時は、『掟』に背いても何かしらけじめは、つけますのですみません。


「大丈夫じゃよ、こちらが頼んでいる事なのだから『掟』に絡むことがあっても家族に繋がるものなら問題ないのじゃよ」


ダイトカイトお爺ちゃんは、そう言って、お母様にお話しする……





そして、お母様は、念話にて、元知り合いの仲間に連絡をする――


十秒くらい時間が過ぎると、相手から凄く嬉しそうな声が聞こえる――




「まさか、久々の電話がスノーラビット様とは、嬉しいです!」


「お元気でしたか?」


「凄い軽い感じの若い男性の声が念話内に、響き渡る――」


そして、本題に入ると?


「そいつらなら解るけど、何かされたのかよ?」


「その後、私が結婚したの知ってるわよね?」


「覚えているよ、今でも鮮明にな?」


「夫は、確かユウトだったけかな?」


「うん、そう――」


「それで、もしかして、旦那の頼みで、俺に連絡入れたのなら切らせてもらうぜ――」


「ユウトの頼みじゃなくて、私からの頼みだよ?」


「カゼフ君――」


「その名前まだ憶えていてくれたのは、何か昔を思い出して、楽しかったて気持ちになる」


「普通に、砕いていつもの様に会話するけど、良いかな?」


「フェアリーちゃんには、この事は、言ってないから冒険時代の呼び名でいいよ」


「それならスノーちゃん今回は、俺に用事て事は、俺の種族で聞きたい事があるて事でいいのかな?」


「はい、それも個人的な情報と私が言った事で、情報があったら全てを聞かせてください」





「さすが、何十年もスノーちゃんに、会ってないとこんなに変わるとは、驚きだけど旦那様の影響とかだったら少し仲間の好で嫌だな?」


「子供が出来て、過去の自分も力を一割にして、生活してからの影響だから旦那様は、関係ないから大丈夫」


「何が大丈夫だよ、相変わらずだな?」


「久々に、このやりとりで、喋り方以外は、変わった事なしか、ちょいきつく言って悪かったわ」


「それで、俺に頼みたい事てなんだ?」


「今の俺は、魔王だから俺を動かすには、それなりの単価が必要になるけど覚悟はあるのか?」


「一日私とデートで、家の可愛い娘をつけて、遊園地で遊ぶて案なんだけど駄目かな?」




「ユウトには、何て言ってた?」


「答えを出す前に、電話したから今の内容は、初めて知ったはず――」


「そうか、ならその条件でいいぜ」


「遊園地でデートかOKだ、それで話の内容を聞こうじゃないか……」





「多分だけど、昔に、『狐耳』の少女をアザゼルて言う俺の配下にあたる奴が、捕らえたて言っていた話があるが――」


「自分の物にするつもりが、魔法のようなものを使い人形の様になって、封印が解除できないまま標本として、居間に飾られていたはず……」


「昔それを見て、狐族が好きになったのを覚えている――」


「あ、ごめんここは、訂正と――」





「そっか、奴が標本にしてるのが、旦那様の母親て事なんだな?」


「ま、条件も飲んだし、解ったその件は、こっちで何とかしてやるけど?」


「解放されたら、デートでいいだな?」


「それで、問題ない――」


「あ、でも何で娘達なんだ?」


「二人きりでも良いと思うけど?」


「約束守って会えば解る――」


「その件は、了解――」


「それじゃ~」


「問題が解決したらこの番号に、かければいいのかな?」


「大丈夫…… ――直接私に繋がる念話だから問題ない――」


「それじゃ~ デート楽しむために、頑張って来るは――」


「有難う、そして、またね――」


「久々に話せて良かったよ、また皆時間ある時に、逢いたいかな――」


そして、念話が切れる――。




範囲で、念話していたので、もちろん全員聞こえている。


お母様は、これで助けられるなら問題ないわよねと苦笑いをする。


お父様は、お母様に近づきそっと抱きしめて、有難うと呟いたのだった。

「無邪気な少女の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く