無邪気な少女の異世界冒険記

敷島楓

第138話 お爺ちゃんの家に長くお泊り【人探し:知合いに連絡】

「凄い事になりましたね、お母様!」


僕とお姉様は、お母様に呟く――


お母様は、何か考え事をしている?


お父様とシルフィーお爺ちゃんは、あたふたしている。


仕方ないので、そのアーティファクトを解除する本を二人に渡して、ダイトカイトお爺ちゃんの所へ向かう――


ダイトカイトお爺ちゃんは、奥さんが悩んでいる事を聞いている。


どうしたんだろうと思い聞いてみると?


「騎士団で、持たせてる装備類がレアな物ばかりなのと、悪い方で使われて欲しくない物が混ざっていると聞く」


僕は、ロリ―キャメロンお婆ちゃんに一言聞いてみる。


その装備系て、レアて事は、作れないと言う意味でのレアなんですか?


この世界にただ一つの装備類と言った方が早いかしらと言われる。


その装備を回収か破壊する事は、出来ないのかを聞いてみると?


創部類を作成する職人がいるらしく、その人達に頼めば更新されて、元あった物は、破壊する事が出来ると話す。


ダイトカイトお爺ちゃんに、耳打ちをしてお話しする。


僕が作ればこの問題は解決しませんか?


「あ、あぁぁぁ!」


「そうじゃった!」


「マリアに頼めば作れるやもしれん――」


「その装備ランクてどれくらいか聞いてもらってもいいですか?」


「装飾品が一個神器系以外は、Sランク系の装備だといっている」


「それなら今のレベルで作れますよと祖母に言うと?」


「そんなレベルの高い魔法系がこんなに小さな子に使えるわけが――」


「構造と映像を下さい」


「試しに、その神器装備を作りますので、データを僕の頭に投げてください」


マリアと言う子は、そんな事が出来る訳ないのに、励ましていってるのだろうと思いながら情報を渡す――



有名な一族が愛用したと言われる神器。


を作ることに、材料は、お母様に言ったらすぐに用意された。


そんな材料で作れるのと疑問視されるくらいに……


僕は、呟くアーティファクト起動――


作成装飾式術式向上


解読・製図・構図・展開――


一式降臨さいてあるがまつる。


呟くと机の上に、指輪が出来る。


ステータスを確認する為に、鑑定スキルを使用。




天照の涙:神器
:(固有魔法向上90%/攻撃力増加80%/魔物に対して、60%セントの確立で防御無視発動。)
:天照が流した涙が結晶化して、大地に出来たとされる神器。




成功の様だ、僕の口から吐息が漏れる。


ロリ―キャメロンお婆ちゃんこれでよいですか?


お婆ちゃんは、装備をして鑑定すると驚きの声をあげる!


「こっちの方が能力が上で、さらに本物の神器とは、恐れ入った!」


「ロリ―や、マリアは、これでも色々作っとるし、最近は、勉強や狩りなどもしてるからそれくらいの装備は、簡単に作れると儂は、思っとる」


「これは、凄い!」


「ロリ―キャメロンお婆ちゃんは喜んでいるようだ」


するとお母様が溜息をして、仕方ないと呟きが聞こえる――


「ユウト、昔の仲間に聞いてみようと思うけど、絶対に何も言わないでね?」


「スノーラビットさんの知合いに、その手の方がいるのかえ?」


「居ますよ?」


「ユウトと取り合いしたくらいの男の子が――」


「その人とは、連絡をとっとるのかえ?」


「ユウトに断りいれるくらいなので、ほんと何十年ぶりくらいですね」


「それで、手掛かりがみつかるなら嬉しいものよのうダイトカイトよ?」


「そうだな、スノーさんにまかせてみよう」


そして、お母様は、昔の冒険者の男性の人に、念話を飛ばすのだった。

「無邪気な少女の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く