無邪気な少女の異世界冒険記

敷島楓

第111話 お爺ちゃんの家に長くお泊り【外で召喚魔法にてイベント③:休憩と計画4】

知識があまりにも無かったミケがもたらす事件へと始まります――


おじちゃん達に口移しで、媚薬を飲ませたミケは、着地ミスで自分で残りを飲んでしまうというハプニングが発生する。


僕も動けない――お姉様も動けない――お爺ちゃん達は、テンションが高くて、自分を制御できなくなり――さらにミケは、飲んでしまった事で、お爺ちゃん達に、言霊を使って命令しはじめる。


僕は、気づくべきだった――ダブル魔法を解除する事に、これから起きる地獄絵図が出来る――たぶん歴代に入るくらいの黒歴史になるだろう。


ミケは、お爺ちゃん達に、言霊で、『マリアちゃんとウィンお姉様がやっている遊びをして!』と言霊を唱える。


お爺ちゃん達と薔薇の園が出来上がる……


とりあえず、僕は、回復ポーションで、何とか回復すると?


何か寒気がする風景がそこにある――あまりの寒気に――


「大地に住まいし精霊を――」


「光ある物ここに示し――」


「氷の刃と柱を持って――」


「更生知る者此処に我集わん――」


「聖歌王道――」


「氷華櫻牢」プラス全体範囲を唱える――


一種の氷のオブジェクトが出来上がる――そこに、ミケも氷漬けになり固まっている。


僕は、お姉様にもポーションを飲ませて、状況を説明すると?


マリアの分身のミケやるわね――


これは、お返ししないと駄目かしら?


とてもお姉様が怖い――


マリアスキルで、憑依があるけど?


マリアも最近覚えたよね?


「確かに、覚えましたが何に使うのですか?」


「この男共の世界に一番適してるのが居るじゃない!」


「あ、先ほど倒したルシファーですね!」


「召喚して、ミケに憑りつければ完璧な薔薇園が出来るでしょ?」


「そして、私達は、軽くお湯に浸かり計画練るわよ?」


「そうですね、ミケがまいた種なので、僕もそれ賛成です」


僕は、召喚で、ルシファーを呼びながら憑りつけスキルをミケに放つ――


その後、補正として言霊を使って、二人同時に『『あ そ べ !』』と協力魔法で強化して、その場をたった。


それから一時間くらいして、ミケは、自動で消えると全ての効果が切れたと同時に、大浴場から地獄の叫びが聞こえるのだった。


お風呂から出てきたお爺ちゃん達は、何か大事な物を落としてきたような目で、僕達を見つめている。


僕は、なにもなかったかのように、次の召喚についての計画をと笑顔で言うが、お爺ちゃん達は、何故か両肘と両膝をついて、泣いている――


僕が作った加工した物に火を放ち煙を焚いて、お爺ちゃん達に吸わせる。


お爺ちゃん達は、眠気に襲われたかのように、その場で寝てしまう。


そこからこっそり記憶の操作を少しして、数時間してからお爺ちゃん達が目を覚ますころには、お爺ちゃん達は、出来事を忘れている。


ただ何故か前よりも凄く結束が固まった様に見えるのは、気のせいだろうかと僕は思ったのだった。

「無邪気な少女の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く