無邪気な少女の異世界冒険記

敷島楓

第97話 お爺ちゃんの家に長くお泊り【お爺ちゃん二人退院後の出来事】

お爺ちゃん二人が退院する際に、お母様が駆けつけていた。


流石に、入院するほどとは、思っておらず患者さんの前での発言は、至らないところがあったと反省を込めて、退院のお迎えに行く――


ダイトカイトお爺様に、かんしては、千年ぶりに入院と言うのを味わってみて良かったなどと聞かされる。


娘達もお世話になっているので、改めてお礼を言いながら家にお連れしますよと言うが、もうお向かいは来てるので、また次回でもゆっくりとした際に、お話ししましょうと声が途切れると共に、二人の姿は消えるのだった。


娘達に連絡をしてみると?


お爺ちゃんは、魔法で移動して自分の家に帰ってきたと聞き安心をする。


夫にもその話をすると、大丈夫倒れたて言っても貧血とかなんだろう?


たまたま孫と遊び過ぎてはしゃいだだけだろうから、良い運動にもなっただろうし、嬉しいだろうよ姉妹共々爺ちゃん達のお気に入りなんだからさ!


そうね、深く考えていても仕方ないから次回に、遊びに来た際は、美味しい料理を作って食べさせてあげましょうと笑顔でお母様は、夫に言うと久々の笑顔を見たのか顔が真っ赤になると言う事件もあった。


「それよりもそんなに血が出るなんて、ウィンとマリア何したのかしら?」


「どうせ、二人とも力が弱いから攻撃は全部受け止めてやるとか言って、マリアが一撃がたまたまヒットしたか魔法による攻撃で、血が出たかのどっちかだろうよ?」


「爺共は、あの娘達には、かなり甘いからな?」


夫は、口元もニカと白い歯を見せて笑う。


確かに、あのお爺様達ならやりそうねと二人で、お爺様達のお話で盛り上がるのだった。

「無邪気な少女の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く