無邪気な少女の異世界冒険記

敷島楓

第94話 お爺ちゃんの家に長くお泊り【お爺ちゃん二人退院する

朝起きるといつものお姉様に戻っている。


「マリアおはよう~」


そして、僕の唇に舌をいれて軽く絡ませてから唇を離す。


「おはようございますお姉様」


そして、僕は、お姉様の耳を甘噛みする。


いつもの光景だが、したから声が聞こえてきて、現実に戻る。


危ない危ないこのままべったりと遊ぶ所だった。


最近無自覚で、始める様になったな遊びにきてからよくお姉様と戦う様になってから……


下から声が聞こえてきたので、急いで戦闘服に着替えて下に下りると?


お爺ちゃん二人が退院してきたと言われて案内される。


「おぉぉ!」


「ウィンちゃんに、マリアちゃん元気じゃったか?」


「元気でしたけど、後でちょっとお話が?」


「マリアちゃんのお話しは、結構凄いから後でご飯の後でも構わないかな?」


「はい、朝ごはん食べてからで問題ないです」


僕達は、食卓に向かう――


食卓の扉を開けると?


他のお爺ちゃん達が朝のご飯を作っている。


二人が退院したと言う事もあり、ボリュームあるご飯が朝から用意されている。


僕は、指定席のダイトカイトお爺ちゃんの膝にのりご飯を食べ始める。


お姉様は、シルフィーお爺ちゃんの膝の上でご飯を食べ始める。


二人して、膝の温もりを感じながら美味しくご飯を食べている。


二人のお爺ちゃん達が例え――緊張した感じで気配がしても気にせず食べる。


僕は、ダイトカイトお爺ちゃんの顔を見ると?


パンについていたジャムが頬についている事に気づき舌でペロリと頬を舐める。


ダイトカイトお爺ちゃんの食べてる手が止まる――


一瞬緊張するような空気が漂うが、直ぐに食事は、再開される。


ダイトカイトお爺ちゃんついてたから舐めちゃったと笑顔で僕は、答えると?


お爺ちゃんは、そうなのかと苦笑いしながら答える。


今回は、普通についていたので、別に遊ぶつもりもなく気になったから舐めて取っただけだったのだが、お爺ちゃんは、悪戯されたと勘違いしているようだ。


僕は、念話でお爺ちゃんに、お話をとばしその誤解を解くと?


お爺ちゃんの緊張がほぐれた事に気づき楽しくご飯を再開する。


「そう言えば、マリアちゃんさっき聞きたい事がと言っておったがなんじゃ?」


「実はですね、シルフィーお爺ちゃんが鍵解除の方法をお姉様に教えてあった事を周りに言って無かった事が今回も憑りつかれると言う事件が――」


「ウィンちゃんまた憑りつかれたのか?」


もちろんこの会話は、ダイトカイトお爺ちゃんと念話で会話している。


「大変な者に、憑りつかれましたが、その分よいスキルをお姉様は、手に入りました」


「まさか――」憑依魔法とかじゃないかな?


「その通りです!」


「レアじゃぞあれは、反則的に、やばいスキルじゃぞ?」


「えっ?」


「そんなに凄いですか、レアなのは、何となく知ってましたが……」


「例えば、マリアちゃんが今、召喚魔法で倒しているのをウィンちゃんが倒した事になるのじゃが、ウィンちゃんが召喚魔法を覚えて、更に憑依魔法を使うとその召喚した者の力をそのまま使う事が出来るというしろものじゃよ?」


「あ、それは、確かにやばいですね……」


「お姉様に、召喚魔法覚えてもらおうと思いましたが、少し大人になってからスキル追加します」


「それが妥当な答えじゃな」とダイトカイトお爺ちゃんとの話が終わる。


そして、ご飯も食べ終わり召喚の続きをするからと少し休憩後に、庭に集まると言う事になる。


今回は、お姉様も参加なので、もちろんお姉様も戦闘服でいる。


これから召喚するのが大物系なので、お爺ちゃん達は、全員フル装備でいどむらしい――


そして、休憩も終り――召喚魔法による戦いが始まるのだった。

「無邪気な少女の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く