無邪気な少女の異世界冒険記

敷島楓

第71話 お爺ちゃんの家に長くお泊り【書庫探検1】

食卓に向かうととてもパンが焼ける匂いがする。


お姉様が、今日はなんかいつもよりお腹がすいたよと呟いている。


状況を知っている三人は、そうだねとも言えないが沢山食べると良いよと各自でお姉様に言う。


お姉様は、気にせず頷き食卓のテーブルのパンを摘まみ食いする。


かぶりついてる光景をみているととても微笑ましいと二人のお爺ちゃんは、思っただろう……


そして、いつもの様に、ダイトカイトお爺ちゃんの膝に座り、シルフィーお爺ちゃんの膝の上には、お姉様が座る。


すると二人は、手が止まる。


そして、同時に後ろへとひっくり返る……


僕達は、驚いてお爺ちゃん達のお腹の上にまたがるように乗ってしまう。


それを見た二人のお爺ちゃん達は、何故か鼻血を出して意識を失う。


周りのお爺ちゃん達が騒ぎ一時的に、ご飯が中断されて、二人をソファへと連れて行く。


何があったのじゃろ~と一人のお爺ちゃんが呟くと僕は、こう答える。


昨日の肉料理が血の巡りが良くなる食べ物だったので、僕とお姉様がお願いして食べてもらったから鼻血が出てしまったのかもしれません。


なるほどそんなに凄い料理だったのか?


僕は、料理の本に合った料理と説明して、レシピを渡すと?


「確かにこれは、精力がつくしろものだ」


そんな事を同時にお爺ちゃん達が呟くのだった。


それでも原因が少し不明だからと言って、一応次元移動が使えるお爺ちゃんが、医者にみせてくると二人を連れて行く。


僕達は、ご飯を再開して食べ始める。


現状を知っている僕は、ドキドキしながらご飯を食べてその後休憩する。


本当ならここで稽古があるのだが、二人の強力なお爺ちゃん達が医者に行っているので、暇なので奥の方の本棚へ足を運ぶ。


読んだことのない文字とかもある本がある。


学んで覚えた文字の物もありそれを手に取り本棚の下で座りながら僕は、ページを開いて読みふける。


何かの謎解きの様な本で、一問解く度にSPが減っていく――


何だこの本と思いながら一時間くらい読んでいると十分の三程SPが減っている事に気づく。


読んでいる本の間に紙を挟んで、最後のページを開きなぜSPが消えたかを見ようとするが開けない……


どうやら全部ちゃんと読まないといけないトラップがある本である事が解る。


読み続ける事に時間が経つ今だお爺ちゃん三人は戻ってこないのと本がまだ三分の二しか読めていないのに、SPが半分もってかれる。


自動回復が全く機能しない場所の様で、試しに、火属性の魔法を放つもなにもおこらない?


この書庫では、魔法類は、禁じられて発動ができないようになっている。


回復ポーションでSPを満タンにしようとして飲むもSPは、戻らないまま半分のままだった。


これは、何かの絡繰りがあると僕の中で考えて、真剣にスピード早く本を読む。


最後の十ページまでくるとSPが四分の一まで減っている。


ここまで来たら読むしかないと思いページをめくる。


めくる事に、SPが消耗していく……


最後のページを開くとこんな事が書かれている。


この本を読まれし者に、『語言解析』スキルと『SP自動拡張』スキルを授けようと書かれている。


僕は、そのままよむと身体が青く光りスキルが追加される。


鑑定スキルで、スキルを鑑定してみると?


『語言解析』:自分で知らない文字などを読めるようになるスキルで、レベルが上がるほど色んな言葉が話せるようになると書かれている。


次に、『SP自動拡張』:自動でSPを回復する事が出来る事ともし回復するスキルがある場合回復速度一つのスキルとして変化すると書かれている。


これは、良いスキルを手に入れたと思いながら次の本を探すがもちろん一度外に出てSPを回復してから書庫の探検が始まるのだった。

「無邪気な少女の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く