無邪気な少女の異世界冒険記

敷島楓

第65話 お爺ちゃんの家に長くお泊り【後編:稽古2】

ダイトカイトお爺ちゃん?


召喚これからするの?


対策を練ってからじゃないとマリアちゃんが、危ないと思うぞ?


召喚したら縮地法使ってダッシュで、お爺ちゃんの背中に抱き着けば問題解決?


そんな事されたら、瞬殺で倒してしまうよ?


ダイトカイトお爺ちゃんは、笑いながらそんな事を言う。


お爺ちゃんの話だと最低一発は、ダメージを入れないと駄目らしいのと最初にあてないといけないと言う事らしい――


「あ!」


「そっか~」


「なるほど!」


「マリアちゃん何を一人で納得しているの?」


「お爺ちゃん達結界使って、封じてから攻撃して縮地して、逃げればいいだよ!」


「多分じゃが、それでもマリアちゃんダメージ食らうぞ?」


「そうなの?」


「召喚した瞬間だから、必ずダメージを受けるが、死ぬような事は、ないが……」


「ちょっと痛いかもしれないが、それでも大丈夫なら召喚の許可をだすが?」


「う~~ん、痛いのは、嫌だけど?」


「自分の召喚に、追加出来るなら仕方ないかも……」


「ただで知らない人から何か渡されたら、貰った瞬間何かされるような物だよね?」


「えっ!」


「マリアちゃん誰かにそれされたのかい!」


「されないよ?」


「あくまでも例をあげてみただけだよ?」


お爺ちゃんは、凄く安心した顔をしている。


そんな事があったら、僕以外の家族と親族が闇討ちにでかけるだろうなと思ったり……


「じゃ~」


「準備して、召喚に入るね!」


「ドキドキするね!」


「ダイトカイトお爺ちゃん音聞いてみる?」


僕は、お爺ちゃんの手を自分の胸にあてる――


ダイトカイトお爺ちゃんが固まっている。


「あれ?」


「何で、固まったのだろう?」


「さすがに、胸が小さすぎて驚いているのかな?」


僕が、そんな事を考えていると?


「マリアちゃん!」


「はい、お爺ちゃん!」


「気軽に男性や男の子に、胸に手をあてるような真似は、しちゃ駄目だよ?」


「そうなの?」


僕は、不思議そうに、お爺ちゃんの顔をみて顔を少し斜めにして、聞く――


「その顔可愛いじゃが……」


「やるならウィンちゃんだけにしときなさい!」


お爺ちゃんは、疲れた顔をしている。


理由は、解らないが、とりあえず……


「解った、お爺ちゃん!」


「お姉様とならいつもやってるけど、もっとやるて事だね!」


そう答えるとお爺ちゃんも納得してくれる。


さて、お遊びは、ここまでにして、召喚してみよう~


僕は、『グリモワール魔術書鬼神召喚』の本を開いて、文字を読んで召喚する――


即座に、結界を張り、縮地して逃げたが、逃げたと同時に、痛みがはしる。


左腕が、かなりの深手を負っている事に、気づき……


痛みがはしる――


「痛いぃぃぃぃ!」


即座に、回復ポーションと回復魔法をかけると?


再生もプラスされて、傷が癒される。


その間に、鬼神のステータスを鑑定スキルで確認する。





名前 :鬼神
種族 :神(神話伝説の生き物:鬼神は炎属性)
性別 :雄
年齢 :不明
ジョブ:不明
LV :99
HP :800000
MP :5000
力  :5800
敏捷 :500
体力 :80000
知力 :100
魔力 :500
運  :100



パッシブスキル


牙術LV10


噛術LV15


剛力LV10


腕力強化LV20


皮膚硬化LV30


魔力強化LV10


魔法耐性LV5


二本角の頭突きLV10



アクティブスキル


牙技LV10


噛技LV15


魔人魔法LV35


咆哮LV20



固有スキル


毒爪


麻痺爪


出血爪


再生




表示されたステータスをおじちゃん達に、共有する。


「お、これは、良いのが召喚されたの~」


ダイトカイトお爺ちゃんは、嬉しそうに話す。


「お爺ちゃんレアなの?」


「レア中のレアじゃよ?」


「『三闘神』と呼ばれる神の一人じゃ、まさか見れるとは思わなかった」


「マリアちゃんは、本当に運が良いのう~」


僕は、話を聞きながら弓を構えて、状態異常が発生する矢を鬼神に放つ――


矢は、魔弾の効果もあり刺さるが、あまり効いていない様子……


ダイトカイトお爺ちゃんが、覇気を放つ――


動きが鈍くなるのが見られる。


剣対爪の戦いが始まる――


僕は、遠くから様子を見ている。


これ以上攻撃してもダメージは、通らないだろう――


お爺ちゃん達が交互に、攻撃・魔法・支援をしている。


僕も全体範囲魔法で、回復・付与をお爺ちゃん達に、支援する。


ダイトカイトお爺ちゃんが、袋から黒い剣を取り出すのが見える。


鑑定スキルを使用して見ると?


武器:鬼殺刺ノ烈火:魔人・鬼神・大食魔人系に、防御無視のダメージを与える。
:歳月を恵て、何万と斬り黒くなりし、伝説の名剣




「お爺ちゃんそれ何!」


「儂の昔の整理品じゃよ?」


「まさか、鬼神が倒せる日がくるとは、おもわなかったが、たのしみじゃ~」


お爺ちゃんの顔が凄く見た事無いくらいの笑顔をしている――


二人のお爺ちゃん達は、あの顔をされたらもう手は出せないと言って見ている。


聞いた話だと、お爺ちゃんのあの笑顔は、狩りを最大に楽しんでいる時の顔らしいく、一緒に戦おうとすると巻き込まれるらしい――


お爺ちゃんを支援しながら、二人のお爺ちゃん達と休憩しつつ戦いを見ているのだった。

「無邪気な少女の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く