無邪気な少女の異世界冒険記

敷島楓

第59話 お泊り休憩中の出来事…①

二人は、稽古が終リビングのある食卓へと足を運ぶ。


途中マリアをみつけて、お姉様から声をかけられる。


マリア何か魔法で、本を早く朗読出来る物ないと言われる。


ありますよと僕が答えて、簡単にステータスを確認する。


十分なほどにレベルが上がっているから使えるだろうと?


『速読術』を紙に書きロールを作成して手渡す。


お姉様は、さっそくロールを読み上げて、『速読術』を覚えた。


余っている『グリモワール魔術書不死魔法』をお姉様のステータスで覚えられる事も解っているので、手渡す。


これってレアな魔法書だよね?


そうですね、確かに、でもお姉様のステータスちょっと確認しましたが、学べるレベルなので、速読術で読んでみてください。


お姉様は、ソファの上で本を読み始める。


めくるページの速さが、通常より早い、このスキルは、使えば使うほど早さが増える。


お姉様は、本を閉じて僕に言う。


「マリア体に染み渡るように、魔法を覚えたよ?」


「なら成功ですね」


そもそも『グリモワール魔術書』は、知識がないと開いても文字がバラバラだったリ、最後まで読めたとしても覚える事が出来ないので、知力が上がっているお姉様なら読めますね。


そんな訳で、二冊目の古代魔法魔術書をお姉様にお渡しする。


やっぱり数十分で、本は読み終わる。


さっきより早く読める様になっている。


「マリア新しく魔法が、二つも覚えたよ!」


そんな光景をフォ―スペルお爺ちゃんが見ていると?


「マリアちゃん、試しに魔法筆写師のスキルを錬金してみては、と言われる」


「えっ?」


「そんなことできるのと僕は、思い試してみる」


「三分の二ほど魔力が減るとそこには、新しくスキルが増えている」


グリモワール魔術書作成筆写師と言うのが増えている


「フォ―スペルお爺ちゃんがどうと言うと?」


「できました!」


「グリモワール魔術書作成筆写師と言うスキルができてました」


「かなり昔にそれを作った人が、魔法筆写師の魔法に、進化がないのかを百年かけて研究したらもしかしたらスキルを錬金できるのではとおもったらしく、試した結果がそのスキル」


「グリモワール魔術書作成筆写師と言うスキルかな、これには、条件があって、魔法筆写師をよく使っている事、魔力と知識が高い事が条件なので、作れる者は、もうこの世界には、居ないと古文書に書かれている」


「幻のスキルと言われている」


「最高で、覚えたスキルを書き写す事が出来ると言われている」


「例えば召喚した魔物を作るとグリモワール魔術書××と出来上がる」


「今後ウィンちゃんを支援していくなら覚えて損はない魔法かな?」


「それと紙ロールで、作れなかったスキル類は、グリモワール魔術書作成筆写師が高ければ作成出来る様になる」


「じゃ~ 僕が将来グリモワール魔術書作成筆写師を使えるようになったら、お爺ちゃん達にも本を作って贈ります」


僕は、真直ぐな笑顔で答えた。


ご飯まで時間がある事を伝えられると?


お姉様が、行けるお爺ちゃん達お風呂行こうと誘う。


お姉様は、今日のマッサージをまだしてないのとお風呂好きな為、元気よく誘う。


行けるお爺ちゃんに声をかけて、大浴場に向かうのだった。

「無邪気な少女の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く