無邪気な少女の異世界冒険記

敷島楓

第54話 お爺ちゃん達による話し合いの結果

孫達を襲った二人の人間は、何処に住んでいるかを吐かせる。


どうやら知らないうちに、敷地内に、貴族の家が建ったと言う事。


最近管理していなかった場所に、こんなに広い土地があると勘違いした人間が、勝手に屋敷を立てて住んでいると解った。


それも数年は、住んでいると言う事も解る。


何か騒ぎが無いかぎり近寄らず自然のままとして残した場所が、村と貴族が住む家になっていると解る。


取りあえずこの二人を連れて、貴族の住む屋敷とやらに行く事に、始めは、初代が行くと言っていたが、この手の話し合いが上手いシルフィーが行く事になる。


家から十五キロほど離れた場所に、村が確かに出来ている。


二人を袋に詰めて、引きずるようにこの村へとつく。


ゆっくりと貴族の村に、入ろうとすると?


門番らしき人間が近づいてくる。


「そこの怪しい奴とまれ、さもないと攻撃するぞ!」


そんなありきたりの脅し文句がくる。


確かに、袋を引きずり、フード姿の者をみればそう言う事は、想定済みだが?


軽く魔法を放ち気絶させて、先に進む。


人間とは、面倒な生き物なんだなと思いながら、先に進む。


村にはいると、それなりの建物が建っている。


とりあえず今日の交渉は、この二人と勝手に人の土地を開拓した責任について話に行く予定だ。


絶対に、可愛い孫が奴隷にされそうになって、頭に来ている事は、たぶんないと言える。


家に居た時は、流石に頭に血が上ったが、冷静になればいつもの俺らしさになる。


そして、村の連中が何人か家から出て来る。


不思議そうに、こっちを見ている者がほとんどだが、絶対に近づいてこない。


俺は、正面に見える立派な建物へと足を運ぶ――


すると今度は、ちゃんとした門番がいる。


騎士様的なのが剣で、なにようだと俺に尋ねて来る?


俺は、一言言う――


「ここの主を出せ、さもないとこの村を消すぞと言ってやる」


「二人の騎士の門番は、笑いながらお前は、馬鹿なのか?」


そんな言葉を飛ばしてくるが、俺は、気にせず……


「どけ、この雑種が!」


叫んだ所攻撃態勢に、相手がなる。


剣を構えて、斬りにくるが、ふらっと軽くよけて、首元に打撃を与え気絶させる。


それを見た一人が、曲者がいると叫びだす。


中から五人ほどの人間が現れる。


段々と面倒くさくなってきたので、睡魔系の魔法で眠らせた。


そして、引きずりながら黙々と階段を上がりここの主がいる扉まで着く。


ノックをすると中から何の騒ぎだこれは、入りたまえと声が聞こえる。


俺は、そのまま扉を開ける――


すると、貴様は、誰だと言われる。


俺は、フードを取って、名前を言う。


「シルフィー・フォルト」


「フォルト家の狐族だ!」


「貴様こそ何者だと言う」


「私は、ここを治めているカリナス・ブラットだが何用だ?」


「貴様は、我々の土地に勝手に村を建てている、即刻この村を壊せ!」


俺は、そう言い放つと相手が何やら言い始める。


「そんな証拠が無いのに、何故貴様らみたいな薄汚い狐に、言われる筋合いは無い!」


そして、俺は、袋から二人を投げ捨てる様に転がして袋から出す。


それを見たカリナス・ブラットは、表情が歪む……


「その二人は、私の息子と使えの爺やではないか!」


「なぜそんなに、ボロボロになっている!」


「この愚図共が、俺の可愛い孫達を奴隷にしようとして捕まえた」


「そして、この現状を聞いてここにきたんだよ?」


俺は、はっきりと伝える。


二人のボロボロ姿を見て、言葉がみつからなくなる。


「おいカリナス・ブラットとか言ったな?」


「こいつらのようになりたくなければ、今すぐここの土地を手放して、消えろ!」


俺は、警告する。


「ふざけるな!」


「ここまでにするのに、幾らかかったと思っているだ!」


「そんなの知るかよ?」


「お前らが勝手に、人の土地で、村なんかたてたのがそもそもの間違いだ!」


「だから証拠がないて、言っているだよ!」


「知合いの王族に、かけあってお前達の村を潰すぞ!」


その一言で、俺は、切れて殺気が漏れる。


殺気に触れたとたん大の大人が失禁なんて物をする。


「貴様の知合いの王族がどれだけ偉いかは、知らねえが?」


「はっきり言って、その王族は、動かないぞ?」


「な、な、なんで貴様が、そんな事解る!」


「お前の知合いの王族て、ルスタマニア・カリード王だろ?」


「なんで、お前事期の狐が、王の名前を知っている!」


「そりゃ~ 知ってるさ、あいつが生まれて時から、そして王様になるまでな?」


「この意味が解るか?」


「貴様は、手をだしちゃいけない種族に、手を出したて事だ?」


「お前が、言ったとたん全員家族事首が飛ぶぞ?」


「私の言葉より貴様の言葉を信じると思っているのか!」


「思ってる――」


「そして、王族も解ったし、後は、あいつに頼んで、ここを自然に戻すだけか……」


「そんな馬鹿な事があって、たまるか……」


「ならちょっと待ってろ?」


全体念話に、切り替えて王族の所に、念話するとすぐに出る。


「シルフィー・フォルト様何か御用でしょうか?」


王様の声が貴族にも聞こえる。


「お前の管理が杜撰だったせいで、家の孫が奴隷にされそうになり、そして、俺らの土地に勝手に住み着いてる貴族がいるぞ?」


「これは、どう言う事か説明できるか?」


「ちなみに、初代が動いたくらいの大事だぞ?」


「えっ!」


「それは、大変真に、申し訳ありません――」


「わりぃだが、カリナス・ブラットて、貴族を剥奪して、こいつが作った村解体しといてくれねぇか?」


「おおせのままに、させて頂きます」


そんな返事が返ってくる。


「カリナス・ブラット貴様まさか、大変な種族に手を出してくれたな?」


「貴様の家族は、全員打ち首の系だから覚えとけよ?」


カリナス・ブラットは、膝から崩れる様に、倒れる。


「私の知合いが大変迷惑をかけました、今度家の方に、向かわせて頂きます」


「あぁ、初代に、良い訳考えてから来いよ?」


「はい……」


そして、何日がすると、念話で、村が解体された事が知らされる。


その後、王族が家に来る事になる。

「無邪気な少女の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く