学園のアイドルと同居することになりましたが・・・

seabolt

夏の終わり…

それは蜃気楼のように消えていった。そう日記に書いていたのは里奈さんだった。私の恋は終わったんだ。実は里奈さんは失恋をしていた。そして、祭りの夜、つかんだ手の相手に無理やキスをしたのだった。恋がかなわぬ相手と分かっていながら、それは、なぜと聞かれても彼女自身にもわからなかった。

「でも…どうしよう」

そんなことを思いながら、夏休みを過ごしていた。

そんな夏休みももうすぐ終わろうとしていた。ペイペイちゃんがなぜかぼそりと

「今年の夏…どこにもいかなかったわね」

「そうよ。普通、海とか行くんじゃないの」

ひそひそと誰かの悪口を言っている。

「あいつ、絶対にオタクよね」

「そうよ。だから、普通は絶対に海へ行くはずなのに、あいつ、自分が海にいかなったものだから」

「絶対にそうよ」

などと作者に向かって文句を言っていたのであった。

さてと、話はがらりと変わって、めぐみ君と沙織さんはというと相変わらずな状態であった。

特に沙織さんは勢いでキスしたことを反省していたのだった。こうして夏休み最後の土曜日、なぜか、花火大会が行われるのであった。

「めぐみ君…これ行きたい」

紗耶香ちゃんが俺に持ってきたのは、とある花火大会の案内を載せたスマホだった。するとペイペイちゃんも

「私も行きたい」

そして、沙織さんも

「行きましょう」

こうして、俺たちは、最後の日曜に行われる花火大会に行くことにした。


「学園のアイドルと同居することになりましたが・・・」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く