学園のアイドルと同居することになりましたが・・・

seabolt

ショッピングセンター

本来なら映画館へ直行するのがかなり安全パイな作戦だ。しかし、佐久間と本田の奴遅いな~モールのバス停で、俺と沙織さん里奈さん亜里沙さんの3人で待っているがなかなか来ない。
「遅いな~」
「どうしたのかしら?」
「もしかして、怖気づいた?」
と思っていたら、俺の後ろから背中を押された。

わりぃ~」

ドンと押された俺はそのまま沙織さんへ抱き着いてしまった。

「ああ・・とごめん」

流石に抱き着かれては沙織さんも顔を赤くした。

「相変わらず熱いねぇ・・・お二人さんは」

「おまえら~!!」

俺が怒っていると直ぐに二人は

「俺が佐久間です」
「俺、本田よろしく」

俺のことは完全スルーパスで既に里奈さんと亜里沙さんに挨拶をしている。

「おまえら~」

「ま~ま~」

「落ち着け・・・お前が一番楽しみにしていたんだろうが!!」

その言葉を聞いて再び顔を赤くしている沙織さんに里奈さんが

「さおりんも楽しみにしてたもんね~」

「そうよ~昨日、何着て行こうかとか言ってたじゃない?」

「りーな!亜里沙!!」

「さおりん・・・そんなに怒らないの・・・・私たちはおまけだから」

「そうだよ」

佐久間が話しかけてきた。その時二人が目で合図しているの気が付いた。こいつら・・・ぐるか・・・と思っていたら沙織さんが亜里沙さんに押されて俺の横についた。

「さ・・いきますか~」

「なにする?」

「え~?」

「ボーリングなんかどう?」

「いいねぇ・・」

それ・・俺が一番苦手な奴だ・・・と思っていても主導権はあいつらに奪われて、始まったボーリング。

しかも、俺が一番目・・・最悪だ

一投目

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ・・・スコーン!!!

2本しか倒れない・・・

二投目

ガータ・・

あう・・

そんな俺を見て、沙織さんが次

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ  スコーン!!パーン!!

ストライク!!

「すげ・・」

思わず声がこぼれてしまった。そして、俺はスコア68と散々な目にそして、沙織さんは2番目の208点、勿論一番は本田の290点だった。

「思った通りだな~」

「いつもああなんだよ・・・めぐみは・・」

落ちこぼれの俺は、しばらく、近くのカフェにいたんだけど、佐久間と本田そして、里奈さんと亜里沙さんはちょっと買い物にと行ってしまった。こうして、俺と沙織さんと二人になった

「何落ち込んでいるの?」

「べつに・・」

ボーリングで落ち込んでいるなんて言えないと思っていると

「小学生でもあんなスコアーだせないわよ」

俺を傷つけたいのだろうか?すると沙織さんが

「ちょっと買いもに行きたいんだけど」

「いいよ・・・ここで待っているから」

「ちがうわよ・・・一緒にいってほしいんだけど・・」

こうして二人でのデートになっていったのだった。


「学園のアイドルと同居することになりましたが・・・」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く