話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

世界のバグ~《ダンジョンマスター》となりて世界に抗う物語~

キユラ

第2話~????との別れ~

 僕はそれから毎日、女の子に会いに行った・・・


 僕は女の子に、色々な事を聞かれた・・・

 通過について、王国について、人間や他種族について、スキルについて・・・

 よく分らないものが殆どであったが、分かる限りのことを女の子に教えた。

 それと同時に僕は、女の子から魔法について色々と聞いた。

 魔法にとても興味があったから・・・

 そして、女の子の傷は癒えていった・・・




 そうして僕が女の子と出会ってから1年が経過したある日・・・


「あの・・・・ね・・・」


 女の子は気まずそうに、言いづらそうに、名残惜しそうに・・・


「私・・・帰ら・・・ないと・・・・・いけ・・ない・・・」


「そっか・・・寂しいけど・・・・仕方ないね・・・・・」


「うん・・・・でも・・・きっと・・・・・また・・・・・・・会いに・・・・・来る・・・・から・・・」


「・・・う・・ん・・・・」


 僕は泣きながらそう、答えた・・・


「泣か・・・・ない・・・・で・・・・・絶対・・・に・・・・また・・・会え・・る・・・・・から・・・・」


 女の子も瞳に涙を浮かべそう言った・・・・




ユウのいる村には子供があまりいなかった。それに、ユウは真面目で優しかったが、人見知りの為友達は動物達(魔物)しかいなかった・・・

 そんな中出会い、一年間一緒に遊んだ女の子はユウにとって大切なただ一人の友達であったのだ・・・




 女の子はユウに近ずき、そっと頬にキスをした・・・


「じゃあ・・・ね・・・・」


 女の子はそう言ってどこかへと消えていった・・・






 女の子が消え、僕はしばらく涙を流していた・・・・・



 女の子が消え、ユウはしばらく元気がなかったが、フェル達に励まされ立ち直った。


 ある時、ふと気づいた・・・


「あ・・・名前聞いてない・・・・」


 僕はまた、しばらくの間落ち込んだ・・・・








 女の子が居なくなってから三年後・・・・ユウは十二歳となった。身長はあまり伸びず、身長145センチ、顔立ちは平均的・・・



 そして誰もが十二歳で必ず受けるステータス鑑定の日・・・


「世界のバグ~《ダンジョンマスター》となりて世界に抗う物語~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く