暗闇で微笑むのは

白鹿

初めて見る

「今日から捜査一課に配属された荒木啓介あらきけいすけくんだ。」


『荒木啓介です。不慣れなことだらけでご迷惑をかける点も多々あると思いますが、早く馴染める様に頑張りますのでよろしくお願いします。』

拍手が返ってくる。


あまり綺麗とは言えない部屋の中には50人近くの人がいた。

ほとんどが男性で女性の姿はちらほらとしか見受けられない。


今日からここで働くことになる。

念願の刑事になったのだ。


先程僕の紹介をしてくれたのは、雪平学ゆきひらまなぶ課長だ。

180近い身長で大柄だがとても優しそうな顔をしている。年は50前後というところだろうか。

課長は僕の方を振り返り付いてきてという。


「荒木くんのデスクはここだよ。」

わざわざ席まで案内してくれたようだ。

そして「海藤」と向かいに座っている男性に向かって呼んだ。


「彼は海藤光鷹かいとうみつたかくんだ君の教育係をしてくれる。これから荒木くんは海藤くんに付いて仕事をしてくれ。
あとは海藤くん、頼んだよ。」


そういうと課長は自分の席へと戻っていってしまった。


改めて紹介された男性を見る。

驚くほど整った顔をしている。細身ですらっとしている反面、腕まくりされ見えている腕にはしっかりと鍛え上げられた肉体が顔を覗かせている。


「君の直属の上司になった海藤です。分からないことがあったら遠慮せずに聞いてください。」

微笑みをたたえながら言う。


これから一緒に事件を追っていくであろう上司はとても頼りになりそうだ。

「暗闇で微笑むのは」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く